バイナリーオプションでおすすめの本や口座とツールを一挙紹介します

バイナリーオプション
【会員数600人突破】寝ながらスマホでポチるだけで資金2万円を1週間で400万円まで増やせる。 史上最強即金システムついに解禁!

どうもこんにちは。専業トレーダーショウです。

TwitterなどのSNSを見ていると、怪しいバイナリーオプション口座や、高額なバイナリーオプション商材を売りつける詐欺が流行っているようですね….。

綺麗な外見の女性を使って集客をおこない、悪質な詐欺業者へユーザーを誘導する詐欺アカウントが大量発生しているみたいなので、注意が必要です‼

私自身がバイナリーオプションの専業として生活しているわけですが、バイナリーオプションで勝つためには勝率以外の部分でもイロイロと気を使っている事があります。

 

という事で、「バイナリーオプションで詐欺被害に遭わないための、信頼できるバイナリー口座・ツール・本」について解説しますね。

 

特に、バイナリーオプションでまだ勝率が低い初心者さんでしたら、参考になる部分が多いと思いますので、よろしければ最後までご覧ください。

バイナリーオプションでおすすめの口座(海外)

 

 

バイナリーオプションの海外口座でおすすめと言えば、「ハイローオーストラリア」が、もはや業界の常識になりつつあります。

バイナリーオプションで海外口座を選ぶなら「ハイローオーストラリア」で間違いないですね。

 

バイナリーオプションの口座選びで重要となるポイントと言えば、以下の4点があります。

  • システムの信頼性
  • ペイアウト倍率
  • チャートの遅延のなさ
  • 出金確認されているかどうか

①システムの信頼性

バイナリーオプション業者のシステム自体の信頼性が低いと、取引価格の反映にラグが生じたり、取引が正常に履行されなかったり、注文した価格よりもズレる、または、取引サーバーが過負荷でダウンする。

など…、上記のような不具合のあるシステムを利用している海外業者は信頼できませんよね。ユーザビリティを考えずに収益性ばかりを追い求めているバイナリー業者には、システムが不安定な業者が多いのも事実です。

このような不誠実なバイナリーオプション業者を選んでしまうと、最終的には資金を持ったまま夜逃げ、または出金拒否口座凍結などをされてしまうリスクがありますので注意が必要です。

②ペイアウト倍率

「ハイローオーストラリア」でしたら、「ハイロー取引」では最高倍率の1.88~2.0倍で取引が可能です業者によっては1.6倍~2.0倍までペイアウト倍率はマチマチです。

バイナリーオプションでは、ペイアウト倍率が高ければ高いほど有利なのは間違いありませんが、悪質な詐欺業者ほど、高いペイアウト倍率で注目を集めて、出金拒否口座凍結などの悪行ざんまいを行っていますので、現実的に言えばペイアウト倍率1.88倍の「ハイローオーストラリア」が、もっとも高倍率のレートでしょう。

③チャート遅延のなさ

システムの信頼性の項目でもお話ししたとおり、チャートの表示に遅延の発生するような低レベルなシステムを利用している業者では、大きな金額を稼いでしまうと出金拒否や口座凍結されてしまうことが多いですね。

最低限、リアルタイムのチャート表示で遅延のないバイナリーオプション業者を選ぶのがおすすめです。

④出金確認されているかどうか

特にこれは重要なポイントになりますが、1000万円以上の金額を稼いでもしっかり出金に応じる業者なのかどうか?

もし、バイナリーオプションで1000万円~1億円規模で稼いだとしても、口座から出金することが出来なければ単なる口座上に表示された数字にしかすぎません。

現在高額の出金確認がしっかりと確認されているのが、海外業者だと「ハイローオーストラリア」です。

国内業者であれば、GMOなどの有名業者であれば、大きな金額での出金確認が取れています。

 

日本・海外を含めて圧倒的なシェアを誇る「ハイローオーストラリア」。

間違いなくおすすめできる海外バイナリーオプション業者です。

システムの信頼性、ペイアウト倍率、チャートの遅延のなさ、出金確認の信頼性。どのポイントを取ってもトップクラスですから、バイナリーオプションの海外口座を選ぶなら「ハイローオーストラリア」で間違いないですね。

View this post on Instagram

正直ハイローオーストラリア以外で使うべき海外業者ってないよね。 システムの信頼性が抜群で他の業者を使う理由がない。 なんだかんだ市場シェアトップであるのには理由があるよ。 #バイナリーオプション #バイナリー #BO #バイナリーオプション #ニートトレーダー #ニートトレーダーユウ #自動売買 #AIトレード #裁量トレード #trade #インジケーター #ボリンジャーバンド #RSI #裁量トレード #自動売買システム #バイナリーオプションロジック #バイナリーオプション配信 #バイナリーオプション初心者 #バイナリーオプションマーチンゲール #ハイローオーストラリア

A post shared by ショウ (@zhenye.sanshang) on

海外業者と国内業者の大きな違い

 

 

そもそも、バイナリーオプションとひとくちに言っても、海外業者国内業者では取引ルール自体が大きく違っていることをご存知でしたでしょうか?

バイナリーオプション取引で一番有名なのが、基準価格よりも①上に行くか?②下に行くか?を予測する「ハイロー取引」ですが、国内業者では規制によりハイロー取引を提供することができません。

では、国内業者のバイナリーオプションはどんな取引ルールを採用しているかと言えば、一定の価格幅(ラダー)を設けて、その価格幅(ラダー)よりも①上に行くか?②下に行くか?を予測する「ラダー取引」を採用しています。

「ハイロー取引」と「ラダー取引」の違いとは?

・①ハイロー取引:一般的によく知られているバイナリーオプションと言えば、「ハイロー取引」ですね。

基準価格よりも①上に行くか?②下に行くか?の2択で選んで正解すれば、1.8倍~2.0倍のペイアウト倍率でリターンを得ることができます。

・②ラダー取引:ハイロー取引とは違い、一定の価格幅(ラダー)の範囲を超えて①上に行くか?②下に行くか?を予測するのが「ラダー取引」と呼ばれるバイナリーオプションです。

ラダー取引ではペイアウト倍率が高くなる反面、価格幅(ラダー)が設けられている事でハイロー取引よりも著しく勝率が低下しますね。

バイナリーオプションと言えば、一般的に「ハイロー取引」を指すことが多いですが、国内の取引業者では、規制によりハイロー取引を提供できる業者は存在しませんね。

ですから、「ハイロー取引」のバイナリーオプション取引がしたいなら、必然的に「ハイローオーストラリア」などの海外業者を選ばざるを得ない状況なのです。

ただし、「ラダー取引」では勝率が低下してしまうデメリットがある反面ペイアウト倍率は約3倍の高倍率ですので、大きな価格変動を予測する手法であれば、国内業者の「ラダー取引」を採用するのがおすすめです。

バイナリーオプションでおすすめの口座(国内)

国内のバイナリーオプション業者であれば安心・安全なのか?というとそういう訳でもなく、有象無象(うぞうむぞう)の詐欺業者もありますので注意したほうが良いですね。

基本的に国内業者を選ぶ場合にも判断基準は、下記の4点です。

  • システムの信頼性
  • ペイアウト倍率
  • チャートの遅延のなさ
  • 出金確認されているかどうか

 

さらに、国内のバイナリーオプション業者であれば、国内の規制に則り下記の取引ルールが設けられています。

  • ①短時間取引の禁止
  • ②取引回数の規制(12回まで)
  • ③ペイアウト倍率の変動制
国内バイナリーオプションの取引ルール

①短時間取引の禁止

海外のバイナリーオプション業者では、判定時間:数秒~24時間までの幅広い取引時間を選ぶことができるのが常識ですよね。

しかし、短時間の繰り返し取引は投機性が高すぎる。という理由から、国内業者では短時間取引が禁止となり、「2時間以上の取引期間」を設けることが定められています。

ラダーオプションで、取引判定時刻も2~3時間おきに限定されていますので、国内バイナリーオプションでは超短期での逆張り手法などを使うことはできません。

②取引回数の規制(12回まで)

日本人は、投機性の高いものを嫌う傾向があるようで、バイナリーオプションの取引規制でも1日あたり12回までのエントリー回数に制限が設けられています。

とは言え、バイナリーオプション投資でプロで稼ぐためには1日12回以上も取引している人はほとんどいませんので、12回あれば取引回数としては十分ですね。

③ペイアウト倍率の変動制

海外業者であれば、ペイアウト倍率は固定で1.8倍~2.0倍の支払いがあるのが当たり前ですよね。しかし、国内バイナリーオプション業者では、規制によりペイアウト倍率の変動制が敷かれています。

つまり、簡単にいうと、損失を限定したFX取引のような状態。

大きな変動を予測してエントリーすれば、高いペイアウト倍率が得られる反面、変動が小さければ利益も小さいのが国内のバイナリーオプションです。FXと同じですね。

ただし、FXとの違いは、予測したポイント以上に価格が上昇した場合にも利益額は固定となりますので、国内バイナリーオプション業者だけの独自ルールとなっています。

以上を踏まえた上で、おすすめの国内バイナリーオプション業者を挙げるとすれば、下記になります。

おすすめの国内バイナリーオプション口座

東証1部上場企業であるGMOインターネットグループ傘下のバイナリーオプション取引業者である、GMO系の外為オプション

「GMOクリック証券:外為オプション」

「FXプライムbyGMO:選べる外為オプション」

ヤフー(Yahoo!Japan)グループが運営する、YJFX!の外為オプション

「YJFX!:オプトレ」

とは言え、国内バイナリーオプション業者だと取引ルールが制限されてしまいますので、特にこだわりが無ければ海外業者を使うのが一般的ですね。

バイナリーオプションでおすすめのツール

 

バイナリーオプションのツールと言えば、サインツールや自動で稼げるツールなどが販売されていますが、常識的に考えれば分かる通り、バイナリーオプションのツールだけで勝てるようにはなりません。

バイナリーオプションのツールを販売している人は、もちろん、バイナリーオプションのツール販売益でお金を稼いでいます。もし、本当にそのバイナリーオプションツールで勝てるようになるのだとすれば、わざわざツールを販売する必要ありませんよね!

ツールを使ってお金を稼げばいいだけなので…。

 

 

という事で、バイナリーオプションでおすすめできるツールと言うのは存在しません。

バイナリーオプションのチャートは常に時間帯やファンダメンタルによりチャートの形(パターン)が変動していくものですので、その辺で販売されているツールを購入したところで勝てるようにはならないですね。

具体的なバイナリーオプションの投資方法については僕のブログ記事でも紹介していますが、勝率70%以上で勝つためには裁量でトレードするしかありません。

「ツールで楽して稼ごう。」と考えている人ほど詐欺師のカモにされかねませんので、コツコツ地道にトレード手法を磨いた方がいいと思いますよ。

バイナリーオプションでおすすめの本

バイナリーオプションで勝つために役に立つおすすめの本はあるか?と聞かれれることもありますが、それも無いですね。

そもそも、国内バイナリーオプションは規制により衰退してしまっていますので、バイナリーオプションの本を出版する人自体が少ない。

さらに、バイナリーオプションの基本的な知識であればインターネット上でいくらでも勉強することができますので、わざわざバイナリーオプションの本を買う必要性はゼロになっている状況ですね。

「バイナリーオプションでおすすめの本」と検索をすれば、下記の2冊がおすすめに出てきますが、バイナリーオプションの超初心者でもない限り、買う価値はゼロでしょう。

【バイナリーオプションで有名な2冊】

  • ①「日本人が知らなかったバイナリーオプション」仁科剛平:著 ¥1,326円:定価
  • ②「バイナリーオプション超入門「上か」「下か」を選んで待つだけのシンプル投資術」伊藤誠規:著 ¥6,908円:定価

それよりも、FXの専門書を読んで為替チャートの勉強をした方が、バイナリーオプションで勝てるようになりますのでおすすめです。

ただし、いくら本を読んで勉強したところで、バイナリーオプション投資で勝てる訳ではありませんので、知識の習得の目的に限定して活用したほうがいいでしょう。

バイナリーオプションのおすすめ:まとめ

バイナリーオプションのおすすめの口座・ツール・本について解説をおこないましたが、いかがだったでしょうか?

Googleで検索すれば様々な情報が出てくると思いますが、バイナリーオプションで専業をやっている人は「ハイローオーストラリア」を使った「裁量トレード」で取引をしています。

私の知り合いだと、国内バイナリーオプション業者で利益を出している専業はいませんし、情報収集もネット上を調べれば十分です。

バイナリーオプションでおすすめできる業者も、現在の状況であれば「ハイローオーストラリア」の一択ですし、為替チャートのパターンが一変するような事件でも起こらない限りは「ハイローオーストラリアで裁量トレード」が稼ぐための基本でしょうね。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

Japanese all-rounder ただ今ショウ公式LINE@【ID:@398rvldx】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント!