バイナリーオプションのローソク足の分析方法【勝率UPします】

バイナリーオプション

ローソク足分析でバイナリーオプションの勝率アップする方法

どうもこんにちは。バイナリーオプションプロトレーダーの「ショウ」です。

✅このページで解決する疑問

バイナリーオプションの初心者
・バイナリーオプションでローソク足は使えるのか?
・ローソク足分析で勝てるようになるだろうか?
・具体的にどうすれば勝てるようになる?」

こういった疑問にお答えしていきます。

 

もしあなたが…、

このページを読むべき人
  • バイナリーオプションで勝てる方法が知りたい
  • ローソク足分析で勝てる方法が知りたい
  • 勝率アップでお金を稼げるようになりたい

こういった願望をお持ちでしたら、このページでその方法・ノウハウをわかりやすく解説していきますね。

 

✅このページで解説する内容の信頼性

このページを書いている僕自身は、バイナリーオプション歴6年目の専業トレーダーであり、毎月7桁以上の収益を安定しており、その実績も公開していますので、ページの内容の信頼性はあるかと思います。

 

もしあなたが真剣にバイナリーオプションで勝てるようになりたいのでしたら、このページを最後までご覧ください。

 

✅このページで解説する内容

このページで解説している内容は、次のとおりです。

  • ①バイナリーオプションローソク足分析の攻略方法の基本
  • ②バイナリーオプションローソク足分析のメリット
  • ③具体的にバイナリーオプションローソク足分析での勝ち方・攻略方法

ちなみに、バイナリーオプションで勝てる必勝法については、こちらのページをご覧ください。

 

ローソク足が分かれば、バイナリーオプションの勝率アップにつながります‼

バイナリーオプションでもローソク足分析を活用することで、より深いチャート分析が可能となります。そのため、ローソク足分析ができるようになると、バイナリーオプションの勝率アップにつながります。

 

 

初心者でも、ローソク足分析は可能です‼

バイナリーオプション初心者だと、ローソク足分析は難しいんじゃないかと思われるかもしれませんが、ローソク足分析は単純にパターンを覚えてしまえば、繰り返し使える手法ですので、ぜひ、このページを読んでマスターしておきましょう。

 

それでは早速、「バイナリーオプションのローソク足分析」について解説をおこないます。

 

Contents

バイナリーオプションのローソク足の分析方法【解説動画】

動画解説はこちら

バイナリーオプションローソク足分析:攻略の基本

まずは基本を理解しよう!

バイナリーオプションのローソク足分析といっても、それほど難しく考える必要はありません。

さいしょはローソク足分析のかんたんな「基本のき」から理解して、そこから応用編まで読み進めればOKです。

それで、バイナリーオプションローソク足分析の攻略方法を理解できるようになります。

✅ローソク足の基本(初級編)

たとえばですが、5分足のローソク足を想像してみてください。

これは分かると思うのですが、ローソク足は、①始値(はじめね)②終値(おわりね)③安値(やすね)④高値(たかね)の4つで形が決まります。

たとえば、このローソク足(陽線:ようせん)が、何を意味しているかわかりますでしょうか?

ローソク足の読み方(5分足)

「このローソク足(5分足、陽線:ようせん)が何を意味しているのか?」を、絵で表すとこのようになります。↓↓

つまり、ローソク足一本あれば、これがわかります。

ローソク足(5分足、一本)でわかること

  • ①始値(はじめね):価格はどこから始まったのか?
  • ②終値(おわりね):最終的にいくらになったのか?
  • ③安値(やすね):5分間の最安値はいくらだったのか?
  • ④高値(たかね):5分間の最高値はいくらだったのか?

たった一本のローソク足で、①始値(はじめね)②終値(おわりね)③安値(やすね)④高値(たかね)の全ての情報をサクッと表すことができるなんて、「ローソク足を考えた人はまさに天才」ですよね。

ローソク足1本を見た時に、瞬時に頭の中でこのイメージをできるようになるのが目標です。
1本のローソク足を見て、そこから値動きのイメージを具体的に理解できるようになりましょう。

陽線と陰線の違い

おそらくご存じかと思いますが、バイナリーオプションのローソク足には、価格の上昇をあらわすローソク足「陽線:ようせん」、価格の下落をあらわすローソク足「陰線:いんせん」とがあります。

「陽線(ようせん)」が出ているときには、価格の上昇圧力がつよい。
「陰線(いんせん)」がでているときには、価格の下落圧力がつよい。

この2つを理解しておけば大丈夫です。

陽線(ようせん)は、上昇トレンドでおおく発生し、陰線(いんせん)は下降トレンドでおおく発生する傾向があります。

 

バイナリーオプションのローソク足分析の攻略方法

バイナリーオプションをローソク足分析で攻略しよう!

それでは、バイナリーオプションのローソク足分析の具体的なノウハウを解説していきます!

ローソク足分析には3つの種類がある

バイナリーオプションのローソク足分析で攻略するには、下記の3つの種類を覚えておく必要があります。

ローソク足の3つのタイプ

・【タイプ1:強い上昇をあらわすローソク足
・【タイプ2:強い下落をあらわすローソク足
・【タイプ3:停滞(またはトレンド転換)をあらわすローソク足

 

バイナリーオプションのローソク足分析は、

大きく分類すると3種類、①上昇をあらわすローソク足②下落をあらわすローソク足③停滞(またはトレンド転換)をあらわすローソク足に分けられますので、それぞれを順番に解説をおこないます。

 

それぞれ、順番に理解していこう!

バイナリーオプションのローソク足分析で勝てるようになるには「面倒くさがらずに、それぞれのローソク足の分析方法を理解する」ことが重要です。まずはメンドウがらずに、それぞれの上昇パターンを確認していきましょう。

 

✅タイプ1:強い上昇をあらわすローソク足

【タイプ1】のローソク足は、バイナリーオプション相場の強い上昇をあらわすローソク足です。

このローソク足が出ている場合には「相場のトレンドに沿って順張り(上昇方向)」にエントリーするのがもっとも基本的な勝ちパターンになります。

 

勝ちパターンさえ覚えてしまえば、
バイナリーオプションで勝てるようになるのは簡単です。

 

それぞれ、バイナリーオプション相場の強い上昇をあらわすローソク足は、下記のとおりです。

それぞれのローソク足パターンについて、順番に攻略方法をみていきましょう。

 

強い上昇①:陽の丸坊主

バイナリーオプションで強い上昇をあらわすローソク足の1つ目は「陽の丸坊主」です。

 

陽の丸坊主は、ローソク足の「上ひげ」も「下ひげ」もなく、実体のみで構成されています。

バイナリーオプションのローソク足分析でこのパターンがあらわれたときには、「一度も安値を割らずに最後まで上昇を続けたパターン」であり、このローソク足は「強い上昇の勢いがあり、さらに上昇する傾向がある」ことをあらわします。

ですから、バイナリーオプションで丸坊主のローソク足があらわれた場合には「買い目線」でエントリーを狙います。

強い上昇傾向がある相場で、トレンドに反して「逆張り」のエントリーをすると負ける確率が高くなりますので、避けるようにしたほうがいいですね。

 

強い上昇②:大引け坊主

バイナリーオプションで強い上昇をあらわす2つ目のパターンは「大引け坊主」です。

大引け坊主は、陽の丸坊主のパターンが出た場合とおなじように、終値(おわりね)に向かって強い上昇の勢いをあらわしているローソク足になります。

ですから、チャート上にこのローソク足があらわれた際には、バイナリーオプションのエントリーは「買い目線」でエントリーを狙いましょう。

大引け坊主は「いちどは最安値を割り込んだものの、それを否定して強い上昇をするパターン」を表しています。

この「大引け坊主」は、

一度は安値をつけたけれども、その後は最後まで上昇を続けた。

つまり、下落を否定する買いパターンですね。

 

強い上昇③:陽のカラカサ

バイナリーオプションで強い上昇をあらわす3つ目のパターンは「陽のカラカサ」です。

 

「陽のカラカサ」大きな下ヒゲがある事が特徴で、大きな下げを上回る強い上昇の勢いがあることが示されています。

始値(はじめね)から大きく下落するも、そこから更に強い上昇の勢いがあり大きく上昇して終値(おわりね)をつけたパターンですね。

このローソク足も、強い上昇傾向をあらわしており、

バイナリーオプションでは「買い目線」で攻略していきます。

 

強い上昇④:陽の寄付き坊主

バイナリーオプションで強い上昇をあらわす4つ目のパターンは「陽の寄付き坊主」です。

「陽の寄付き坊主」は、ローソク足の開始時(寄り付き)では安値をつけずに強い上昇を示したが、最後には少し押し戻されて終了(引け)になったことをあらわすローソク足です。

最初は強い勢いがあったけれども、最後は少し押し戻されているパターンですね。

バイナリーオプションで陽の寄付き坊主があらわれた場合には、最後に少し押し戻された形となりますのでエントリーには注意が必要となりますが、それでも上ヒゲが短い場合には上昇が継続する傾向をあらわし「買いパターン」となります。

 

以上が、バイナリーオプションのローソク足分析による攻略で
「買いエントリー」を狙うパターン
(強い上昇をあらわすローソク足)です。

こららの4つのパターン「①陽の丸坊主、②陽の大引け坊主、③陽のカラカサ、④陽の寄付き坊主」これらは特に強い上昇をあらわすローソク足のパターンですので、覚えておくといいですね。

 

✅タイプ2:強い下落をあらわすローソク足

バイナリーオプション相場の強い下落をあらわすローソク足は、次のとおりです。

基本的には、強い下落をあらわすローソク足は上昇をあらわすローソク足の反対パターンとなります。

ですから、強い上昇を表すローソク足のパターンを覚えたら、

その逆のパターンは「強い下落をあらわすローソク足」と覚えておけば大丈夫です。

 

バイナリーオプションにおいて強い下落をあらわすローソク足のパターンがあらわれた際には、無理にトレンドに逆らう逆張りエントリーを狙うのではなく、下落目線で「売りエントリー」を狙うようにするのが、勝率アップのコツになります。

下落のトレンドに合わせて下方向にエントリーですね。

それぞれのパターンについて、順番に見ていきましょう。

 

強い下落①:陰の丸坊主

バイナリーオプションで強い下落をあらわすローソク足の1つ目は「陰の丸坊主」です。

上ヒゲと下ヒゲがなく、実体のみで構成される「丸坊主」陰線バージョンですね。陽線の丸坊主が強い上昇をあらわすのと反対に、陰線の丸坊主は強い下落をあらわしています。

始値(はじめね)から終値(おわりね)まで、一度も高値をつけず、最後まで下落を続けたパターンですので、このローソク足は「強い下落の勢いがあり、さらに下落する傾向がある」ことをあらわしています。

この「陰の丸坊主」のローソク足があらわれた場合には、
もちろん下落目線で「売りエントリー」をおこないます。

 

強い下落②:陰の大引け坊主

バイナリーオプションで強い下落をあらわすローソク足の2つ目は「陰の大引け坊主」です。

終値(引け)で下ヒゲのない坊主となる「大引け坊主」も、陰線では強い下落の勢いをあらわすローソク足となります。

一度は高値を付けたけれども、その後は最後まで下落を続けた。つまり、上昇を否定するパターンですね。

もちろん、「売り目線」でエントリーを狙います。

強い下落③:陰のトンカチ

バイナリーオプションで強い下落をあらわすローソク足の3つ目は「陰のトンカチ」です。

陰のトンカチのローソク足は「始値(はじめね)から大きく上昇するも、そこから更に強い下落の勢いがあり大きく下落して終値(おわりね)をつけたパターン」です。

「トンカチ」のローソク足は大きな上ヒゲがある事が特徴で、大きな上げを上回る強い勢いの下落があることがわかります。

いちど大きく上昇した後にその上昇を否定する「陰のトンカチ」では、トレンド転換で下落方向の「売りエントリー」を狙う攻略方法になります。

下落トレンドでは、トレンドに従う売りを入れるのが基本則ですね。

 

強い下落④:陰の寄付き坊主

バイナリーオプションで強い下落をあらわすローソク足の4つ目は「陰の寄付き坊主」です。

「陰線の寄付き坊主」は、寄り付き(ローソク足の始まり)では高値をつけずに強い下落を示したが、最後には少し押し戻されて終了(引け)になったことをあらわすローソク足です。

最初は強い下落があったけれども、最後は少し押し戻されているパターンですね。

それでも、下ヒゲが小さければ下落が継続する傾向をあらわしています。

 

✅タイプ3:停滞(またはトレンド転換)をあらわすローソク足

3番目のローソク足のタイプとして「停滞(またはトレンド転換)」があります。

バイナリーオプション相場において、停滞(またはトレンド転換)をあらわすローソク足は次のとおりです。

✅停滞またはトレンド転換をあらわすローソク足

このタイプの「停滞(またはトレンド転換)のローソク足」は、トレンドが無く、方向感の定まらない「レンジ相場」でよくみられるローソク足です。

 

停滞(またはトレンド転換)のローソク足が多発している場合には、

・「①基本的には逆張りエントリー」
・「②無理に取引せず、静観する」

これが勝率アップにつながる戦略となります。

 

それぞれのローソク足について、順番に解説します。

停滞(またはトレンド転換)①:コマ足

バイナリーオプションで停滞(またはトレンド転換)をあらわすローソク足の1つ目は「コマ足」です。

「コマ足」は、陽線・陰線であるかを問わず、ちいさな上ヒゲと下ヒゲをつけてコマのような形をしたローソク足のことです。

この形は「売りの勢力」と「買いの勢力」が拮抗し、相場が停滞している状況をあらわしています。

バイナリーオプションでの攻略方法は、
「コマ足」が出るとどちらへ相場が動くのかが予測しにくいので、いったん様子を見てその後の流れを観察したほうがよいですね。

無理にエントリーしないのも、バイナリーオプションで勝つための戦略です。

※ポイント:無駄なエントリーを減らして勝率アップを狙いましょう。

停滞(またはトレンド転換)②:トンボ

バイナリーオプションで停滞(またはトレンド転換)をあらわすローソク足の2つ目は「トンボ」です。

「トンボ」は、ローソク足の実体がなく、大きな下ヒゲをつけたパターンで、この形のローソク足は下落トレンドの終わりでトレンド転換をあらわすと言われています。

バイナリーオプションでこの「トンボ」のローソク足を攻略するなら、下落トレンドの終わりで上昇トレンドに転じる「逆張りエントリー」を狙える好ポイントとなります。

ライントレードと組み合わせて
積極的に狙いに行けるポイントですね。

停滞(またはトレンド転換)③:トウバ

バイナリーオプションで停滞(またはトレンド転換)をあらわすローソク足の3つ目は「トウバ」です。

「トウバ」は、「トンボ」逆パターンで、大きな上ヒゲをつけた実体のないローソク足です。このローソク足は、上昇トレンドの終わりの場面でトレンド転換をあらわすと言われています。

バイナリーオプションでのエントリー方法もおなじ攻略の「逆パターン」です。

つまり、上昇トレンドの終わりで
「下落方向の逆張りエントリー」を狙います。

 

このように、バイナリーオプションのローソク足分析を理解して攻略することにより、大幅な勝率アップをめざすことができます。

一見すると「どれも同じようにみえる」ローソク足ですが、それぞれ分析すると違った意味合いを持つ指標トレードができます。

 

バイナリーオプションのローソク足分析:応用編

ローソク足を組み合わせて分析しよう!

ここまでは、ローソク足の単体でバイナリーオプションの勝率アップを狙うための攻略方法についてのノウハウを解説してきました。

もちろん、単体のローソク足を分析するだけでもバイナリーオプションの勝率アップを狙うことは可能です。

しかし「複数のローソク足を組み合わせてパターンを覚える」ことで、さらにバイナリーオプションの勝率アップに向けて攻略していくことができます。

 

パターンの組み合わせで
勝率アップできる攻略方法です。

ローソク足は、単体で上昇・下落を判断することができますが、ローソク足の組み合わせのパターンを判断することで、より詳細にチャートの値動きを分析することができます。

というワケで、ここからは応用編として、バイナリーオプションのローソク足分析でさらに効率よく勝率アップを狙える攻略方法のやり方について、わかりやすく解説をおこないますね。

 

この「組み合わせのパターン」で分析できれば、さらなる勝率アップをめざしてバイナリーオプションに取り組むことができます。

✅ローソク足の組み合わせで上昇を判断するパターン

ローソク足の組み合わせで上昇を判断するパターンは、下記のとおりです。

それぞれ、順番に解説します。

①赤三兵(あかさんべい):上昇トレンド

これは、分かりやすいですね。

丸坊主の陽線が3本並んだ形のローソク足を、「赤三兵(あかさんべい)」と呼びます。

▼赤三兵のパターン

このローソク足パターンが出た時には、相場が安定して上昇を続けている、「上昇トレンド」が現れていることが判断できます。

このパターンは「安定したトレンドが発生している証拠」ですので、
積極的に「買いエントリー」を狙います。

 

②明けの明星(あけのみょうじょう):底入れ暗示

「明けの明星(あけのみょうじょう)」とは、陰線から大きく転じて大陽線が現れた形のチャートパターンで、「底入れ暗示」を示します。

底入れから反発して上昇を目指しており、下落の終わり、またはトレンド転換ポイントとなることが多いです。

▼明けの明星(あけのみょうじょう)のパターン

こういった相場の転換ポイントでは、予想外の値動きをする場合もあるため「無理にエントリーを狙わず静観する」という選択肢を選んだほうがいいですね。

相場のながれが予測できない場合には、
「休むも相場」の格言を実践していきましょう。

 

③三川(さんせん):上昇継続

「三川(さんせん)」は、一時的に中間でもみ合うが、最終的には大きく上昇する形のローソク足パターンです。中間で一時的にもみ合いますが、最終的に強い上昇となるため、「上昇の継続」をあらわします。

赤三兵(あかさんべい)と似ていますが、一時的に上昇トレンドを崩した形になります。

▼三川(さんせん)の上昇パターン

中盤で一時的にトレンドが崩れるも、その後さらに強い上昇を示しており、明らかな「上昇トレンド」の相場となります。

 

ローソク足の組み合わせで下落を判断するパターン

続いて、ローソク足の組み合わせで下落を判断するパターンを解説します。

ローソク足の組み合わせで下落を判断するパターンは、下記のとおりです。

それぞれ、順番に解説します。

①三羽烏(さんばがらす):下落トレンド

見れば分かる。これは、下落トレンドが継続しているパターンですね。

坊主の陰線が3本並んで、ずっと下落しています。

▼三羽烏(さんばがらす)の下落パターン

 

このローソク足パターンでは「強い下落トレンド」を表していますので、
「積極的な売りエントリー」となります。

 

②宵の明星(よいのみょうじょう):天井示唆

「宵の明星(よいのみょうじょう)」は、上昇から転じて、大きく下落するローソク足のパターンですね。

このローソク足パターンは、天井を示唆すると言われています。

▼宵の明星のローソク足パターン

こちらのローソク足パターンは「上昇から下落へと転じる流れ」ですので、無理にエントリーを狙わず、下落方向が確定してからの「売りエントリー」を狙うことができます。

 

以上のとおり。

ローソク足を複数本組み合わせてパターンを分析することにより、単体では見えてこなかったチャートの動きをイメージできるようになります。

バイナリーオプション取引で勝率アップを狙うなら、
この「ローソク足分析」こそ攻略のかなめとなる基本的な部分です。

ぜひ、繰り返し読んで内容を理解されてください。

 

バイナリーオプションのローソク足分析のメリットとは?

バイナリーオプションのローソク足分析のメリット

ローソク足というのは、江戸時代の米相場の時代から受け継がれてきた「もっとも基本となるチャート分析手法」の1つです。

線チャートでは見えない相場全体の流れでも、ローソク足をみればすべてを理解することができる。

そんな、ローソク足分析のメリットは、次のとおりです。

✅ローソク足分析のメリット
  • 一度覚えてしまえば、繰り返し使える。
  • 線チャートではわからない細かい動きを分析できる。
  • 上ヒゲ、下ヒゲやチャートパターンで相場の強弱がわかるようになる。
  • 他のインジケーターとの組み合わせが使える。

それぞれのメリットを順番に解説します。

 

一度覚えてしまえば、繰り返し使える。

バイナリーオプションのローソク足分析で攻略する1つ目のメリットは「一度勝ちパターンを覚えてしまえば、繰り返して使える」ことです。

バイナリーオプションでローソク足分析による攻略をしていると、相場のなかで勝てるパターンというのは一定間隔で定期的にあらわれることがわかると思います。

 

ローソク足分析のパターン数は多いですが、特定のパターンが決まっていますので慣れてしまえばすぐに「エントリーすべきポイント」を見分けられるようになるはずです。

陰線・陽線の読み方、上昇と下落を見分ける基本を覚えておくだけでも、非常に大きな違いがあります。

 

とくにローソク足分析が有効なバイナリーオプション業者の中でも、海外業者のハイロー.comなら、ペイアウト倍率が1.88倍~と変換率がたかく、大きな金額の引き出しにも対応しています。

≫いますぐハイロー.comに開設する。

※本当に1.88倍~2.20倍なので、僕も愛用しています。

線チャートではわからない細かい動きを分析できる。

バイナリー業者で提供されている一般的なチャートは「線チャート」と呼ばれるものです。

▼線チャートの例

バイナリーオプション取引画面

これは、ローソク足分析とは違い、その時点での価格の終値(おわりね)を線で結んでチャートにしたものです。

このような線チャートでは、大きなタイムスパンで相場をみたときに「相場の細かい値動き」までは理解することができません。

過去の為替チャートの動きを単純な線で表してしまうので、情報量が減ってしまい、チャート分析の精度も下がってしまう傾向にあります。

これに対して、バイナリーオプションのローソク足分析であれば、チャートの値動きに対する解像度があがり、より有利な状態でバイナリーオプションに挑むことができるメリットがあります。

 

※具体的には、バイナリーオプションで取引をはじめる際にはかならず「MT4」などの無料チャート分析ソフトを活用してください。

線チャートだけでは見ることができないチャート全体の流れ、一瞬の価格の変動まですべてを一見できるローソク足分析は、バイナリーオプションで勝つための必須ツールです。

上ヒゲ、下ヒゲ、チャートパターンで相場の強弱がわかるようになる。

バイナリーオプションでローソク足分析をおこなうことで、「上ヒゲ」または「下ヒゲ」の長さやチャートパターンにより相場の強弱のめやすを見分けることができる。

これが、バイナリーオプションでローソク足分析を利用するメリットの3つ目です。

✅ローソク足分析で相場の強弱がわかる
  • 上ヒゲが大きくついた後に下落したら、トレンド転換が近いかもしれない。
  • 下ヒゲが連続していれば、上昇の圧力が強い。
  • チャートパターンで分析すると、下落に転じる可能性が高い。

例えば、上記の感じですね。

ローソク足の値動きを頭の中でイメージして取引ができるようになれば、かなりエントリーポイントの精度がたかくなる。

ローソク足で相場の強弱をとらえ、
「買い」と「売り」のタイミングを合わせるようにしましょう。

他のインジケーターと組み合わせが使える

バイナリーオプションのローソク足分析の強みは、何と言っても「ほかのインジケーターとの組み合わせ」が有効なことです。

たとえば…、

✅有効なローソク足のインジケーターのパターン
  • ローソク足とトレンドラインの組み合わせ
  • ローソク足とボリンジャーバンド±2σの組み合わせ
  • ローソク足と移動平均線の組み合わせ

これらのほかにも、

ローソク足は「ほかのインジケーターと組み合わせる」ことで
積極的に勝率アップを狙うことができます。

 

バイナリーオプションのローソク足分析は、FXのチャートソフトを使おう。

無料チャート分析ソフト:MT4

たとえば、ハイロー.comなどの海外バイナリーオプション業者のチャートは「線チャート」であり、ローソク足分析に利用することができません。

 

ですから、バイナリーオプションでローソク足分析をおこなう際には、海外FX業者「XM(エックスエム)」といった業者の無料口座を開設してMT4を活用するといいですね。

 

たまに、バイナリーオプション業者の「線チャート」のみで取引をしている人がいますが、それは辞めてください。

バイナリーオプションで勝率アップを狙うなら、無料チャート分析ソフト「MT4」が必須となります。

 

※口座開設後も完全に無料で利用することができます。

 

バイナリーオプションのローソク足分析攻略法:まとめ

ローソク足は万能ツールです!

ローソク足は江戸時代から日本で利用されてきた相場分析ツールであり、相場のあらゆる場面で情報の解像度をたかめてくれる働きがあります。

バイナリーオプションで勝てる取引をするなら、ローソク足分析による攻略が必須ツールです。

さらに、バイナリーオプションのローソク足分析なら、
他のあらゆるインジケーターと組み合わせて利用できます。

勝率アップをめざすなら、このページの内容をくり返し理解してください。

 

このページで解説したローソク足分析手法を振り返ると…、

このページで解説したローソク足分析(まとめ)

強い上昇をあらわすローソク足

強い下落をあらわすローソク足

停滞(またはトレンド転換)

上昇のパターン

下落のパターン

上記の内容について解説をおこないました。

 

もともとは江戸時代の米相場で「本間宗久」が生み出した「ローソク足」の分析手法ですが、今では欧米の投資家でも相場の分析にはかならずと言っていいほど採用されています。

「ローソク足」という分析手法は、それほど広く相場の本質をあらわしているということです。

 

テクニカル分析でバイナリーオプションは上達可能です。

さいごに、バイナリーオプションの上達方法として「ローソク足分析」以外の方法をご紹介します。

僕のブログでは、ローソク足分析手法以外にも、バイナリーオプションで勝率を上げるための手法をくわしく解説しており、次のとおりです。

 おすすめ  バイナリーオプションに必勝法はあるのか?

バイナリーオプションで負けない方法とは?

 

上昇と下落、無秩序な値動きをくり返しているように見える為替チャートですが、ただしいテクニカル分析のノウハウがあれば確実に勝率アップを目指すことができます。

もしあなたがバイナリーオプションのプロトレーダーを目指すなら、ぜひ参考にされてみてください。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Japanese all-rounder ただ今ショウ公式LINE@【ID:@615zegas】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント!