バイナリーオプションの評判を解説【国内・海外業者やツールの違い】

バイナリーオプション
【会員数600人突破】寝ながらスマホでポチるだけで資金2万円を1週間で400万円まで増やせる。 史上最強即金システムついに解禁!

バイナリーオプションの評判を解説します。

 

どうもこんにちは、トレーダーのショウです。

先日このようなインスタをあげました。

View this post on Instagram

グループ会員の方が、バイナリー一本で食べていけるようになりました。 このかたは会社を辞めたばかりでしたが、 副業として裁量スキルを磨いていたのでそれが自糧となった形です。 トレードで食っていくために どうせ業者を使うならエントリーポイントがズレにくくて ちゃんと出金ができるところを使いたいものですよね。 #バイナリーオプション #バイナリー #BO #バイナリーオプション #ニートトレーダー #ニートトレーダーユウ #自動売買 #AIトレード #裁量トレード #trade #インジケーター #ボリンジャーバンド #RSI #裁量トレード #自動売買システム #バイナリーオプション配信 #バイナリーオプション初心者 #ハイロー #ハイローオーストラリア #デモトレード

A post shared by ショウ (@zhenye.sanshang) on

この投稿からもわかるように、これからバイナリーオプション一本で生計を立てるには安心できるバイナリーオプション業者を使いたいものですよね。

 

ということで、今回は有名どころのバイナリーオプション業者の評判を調べてみました。

このページで解説している内容

  • バイナリーオプション業者の評判
  • 安全なバイナリーオプション業者の選び方
  • あなたに合ったバイナリーオプション業者は?

上記について、解説をおこないます。

 

Contents

バイナリーオプション業者の評判

バイナリーオプションの評判は悪い?

バイナリーオプションと言えば、「なんだか危険なもの」「詐欺グループに騙された」「単なるギャンブル」など、インターネット上では悪い評判が広がっています。

確かに、「バイナリーオプション」は詐欺師の口実として利用されたり、実際に引き出しができない詐欺業者が現れたりして大きな社会問題となっていますね。

バイナリーオプションの詐欺被害による相談件数は、近年も増加傾向にあるようです。

バイナリーオプションの悪い評判の原因

バイナリーオプションの悪い評判の原因として、下記があります。

  • 「簡単に稼げる」という詐欺師の口実として利用されている。
  • 出金できない悪質業者がいる。
  • 資金管理ができなければ、大金を失う。

それぞれ、順番に解説します。

「簡単に稼げる」という詐欺師の口実として利用されている。

これは、SNSやブログ、Youtubeを利用した「情報詐欺師」による犯行なのですが、個人でも自由に情報を発信できるネットの拡散力を悪用して、「簡単に稼いでいます。」と宣伝してお金をだまし取る詐欺が蔓延しています。

バイナリーオプション詐欺師の手口

  • ①SNS・ブログ・SNSなどを利用して、「簡単に稼げる」と宣伝する。
  • ②「○○の手法を伝授します。」などと言い、セールスに誘導する。
  • ③高額なツール、サロン、コミュニティなどを販売する。
  • ④「稼げるツール」のはずが、まったく稼げない。

上記のとおり。

▼参考:バイナリーオプションの詐欺の手口をくわしく解説

 

出金をできない悪質業者がいる

信頼性の低い業者だと、稼いだ金額を出金できない。エントリーポイントずらし。高額な取引ツールを買わされる。口座開設でクレジットカード情報を抜かれる。

などなど…。

※特に海外の業者で口座開設する際には注意が必要です。

インフルエンサーが紹介報酬目当てで悪質業者を「優良業者」として紹介していたり、詐欺被害の根は深いですね…。

 

資金管理ができなければ、大金を失う。

バイナリーオプションは為替の値動きを予測する「投資」なので、資金管理ができなければ大きな損失を被ることになります。

バイナリーオプションを半町バクチとして捉えると、「ギャンブル」のようにあっと言う間に資金を失いかねません。

資金管理のできない「ギャンブラー気質」な人がバイナリーオプションに取り組むと、負けを取り戻そう。という心理から一瞬で資金を失うことになります。

「ギャンブル」で資金を失うのは、完全に自己責任なのですが、資金を失うとアンチ化するので、バイナリーオプションは稼げない。という悪い評判の原因となります。

上記のとおり。

バイナリーオプションには悪い評判が多いですね。

 

バイナリーオプションで稼げないから評判が悪い

評判が悪いのは、稼げないから。

バイナリーオプションの評判が悪いのは、結局稼げない人が多いからですね。

バイナリーオプションで稼げない原因

  • ①予測の難易度が高いから。
  • ②負けると資金がゼロになるから。

それぞれ、解説すると…、

①予測の難易度が高いから。

バイナリーオプションでは30秒~2時間程度の時間軸で、為替レートの動きを予測して投資をおこないます。

そもそも、為替レートの変動を予測することは非常に困難であり、為替の知識のない人がバイナリーオプションに取り組むと、ほとんど「ギャンブル」と同じになります。

「FX」では、自分の自由なタイミングでエントリーとエグジット(決済)ができますが、バイナリーオプションでは、決められた時間の中で値動きを予測する必要があります。

②負けると資金がゼロになるから。

バイナリーオプションは、勝てば掛け金が増えますが、負ければ資金がゼロになります。

FXであれば、予測が外れてもその時点で「損切り」をすればゼロになることはありませんが、バイナリーオプションは「ゼロ」か「100」かのゲームなので、大きな金額を取引すると一気に資金を失うリスクがあります。

 

評判は悪いですが、

僕はバイナリーオプションで稼いでいます。

▼参考:バイナリーオプションのおすすめ業者

 

というワケで、バイナリーオプションの国内業者・海外業者の評判を紹介します。

バイナリーオプション「ハイローオーストラリア」の評判(海外業者)

人気・知名度No.1の業者です。

「海外業者なんて、怪しいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、ハイローオーストラリアは名実ともにNo.1のバイナリーオプション業者です。

使いやすい取引画面、分かりやすい取引条件、利用者数の多さ、など、基本的にはネット上の評判も良く、実際に僕も利用していますが、しっかり出金もできる優良業者です。

※ちなみに、名前にもある通り「オーストラリア」の業者です。

評判が良く、利用者数もNo.1。

ハイロー取引で、ペイアウト倍率が1.88倍~2.0倍と高く、入出金も早い。(※銀行への出金手数料は無料で、正午までの出金手続きなら翌日に着金される。)

初回の入金時には¥5,000円のボーナスが付与され、入金額よりもボーナスが先に取引に利用され、勝てばそのまま引き出しが可能です。

クイックデモ取引が利用可能

ハイローオーストラリアのデモ取引なら口座の開設は不要で、ワンクリックですぐにデモ取引を開始することができます。完全に無料リアル口座と同じ環境の取引を体験することができます。

バイナリーオプション「ハイローオーストラリア」の悪い評判

悪い評判もあります。

ハイローオーストラリアは基本的に良い評判が多いですが、中には悪い評判もあります。

ハイローオーストラリアの悪い評判

  • 不正があると口座を凍結される。
  • 稼ぎすぎると「取引制限」を掛けられる。
  • レートが操作されている。
  • 約定価格が滑る。(スリッページ)
  • 金融庁の認可を受けていない。

それぞれ、解説します。

不正があると口座を凍結される。

不正があれば、凍結される。

凍結というのは、「取引ができない状態」の事で、下記の不正があると、ハイローオーストラリアの口座が凍結されてしまいます。

  • 他人名義のカードの使用
  • 有効期限切れのカードの使用
  • 停止中、盗難紛失届中のカードの使用

上記のような不正による利用が発覚すると、口座が凍結され、取引ができなくなることから、悪い評判として囁かれています。

稼ぎすぎると「取引制限」を掛けられる。

稼ぎすぎると、取引制限がかかる。

ハイローオーストラリアの悪い評判として、「取引制限」があります。

取引制限がかかる理由は明確には定められていないですが、「大金を稼ぎすぎる」「短期間で連続注文を出しすぎる」など、過激な連勝を続けることで取引制限となるケースが多いです。

ハイローオーストラリアの「取引制限」は、1回のロットが¥5,000円を上限に制限されてしまいます。

※ちなみに、取引制限を受けた場合でも、出金は可能です掛け金に制限がかかるだけですね。

レートが操作されている。(という噂)

これは、ネット上でよくある悪い評判なのですが、ユーザーにとって不利なレートに操作されている。MT4で表示されているレートとズレが生じている。など。

「判定レートを操作されている。」という悪い評判が絶えません。

レートの操作はされていません。

判定レートの操作については、公式の「よくある質問」で回答されていますので引用します。

判定レートはどのように決まるのですか?

判定レートは第三者のFXCMPro(外国為替)とFXCM UK(株価指数)の配信レートがそのまま採用されています。 従って、当社は判定レートの決定に関して一切関与していません。

上記のとおり。

判定レートの操作については、たんなる事実無根の悪い評判ですね。

約定価格が滑る。(スリッページ)

スリッページ

注文した価格と約定価格の滑り(ズレ)を、専門用語で「スリッページ」と呼びます。

これは、ハイローオーストラリアのサーバーを通して注文を処理しているために、若干の遅延が生じるので、仕方がない部分もあるのですが、スリッページが発生することでユーザーにとっては不利な条件になることもあります。

注文処理サーバーの遅延による滑り=「スリッページ」

滑りの影響を抑える「約定拒否」

このような、滑り(スリッページ)の影響を最小限にするために、ハイローオーストラリアでは「約定拒否」というシステムを導入しています。

これは、急激な価格レートの変動があった際に、注文の約定を否定することで、スリッページによるユーザーの不利益を減らすための機能です。

経済指標や、エントリーが集中している時間帯など、注文処理のサーバーに負荷がかかる時間帯などに、「約定拒否」が起こりやすいです。

日本の金融庁の認可を受けていない。

「ハイローオーストラリア」は、オーストラリアの業者であり、日本の金融庁の許認可を受けていません。※ただし、「ハイローオーストラリア」はオーストラリア金融当局の認可受けて営業しています。

 

バイナリーオプション「GMOクリック証券」の評判(国内業者)

知名度No.2。安心の国内業者

GMOクリック証券の提供している「外為オプション」は、安心の国内バイナリーオプションです。国内の業者なので、バイナリーオプションの国内規制に準拠しており、ラダー取引、取引期限2時間、ペイアウト倍率の変動制採用しています。

手数料ゼロ、良い評判が多い。

国内業者の安心感も相まって、GMOクリック証券のバイナリーオプションには比較的良い評判が多いですね。

取引手数料・口座維持手数料・出金手数料などの手数料が全て無料です。

ただし、国内のバイナリーオプション業者であるため、下記の取引規制を準拠しています。

国内業者の取引規制

①短時間取引の禁止:取引期間は2時間以上。

②ペイアウト倍率の変動制:予想価格に応じてペイアウト率が変動する。

③取引回数の制限:1日に12回まで。

※投機性の高さを抑制するために、国内業者は上記の自主規制に準拠します。

1,000円未満の少額取引ができる。

GMOクリック証券の「外為オプション」では、1枚50円~999円のオプション(ペイアウトを受ける権利)の枚数を決めて取引を行います。

1,000円未満の少額からオプション取引ができるため、無理のない金額からバイナリーオプション取引をおこなうことができます。

株価指数のオプション取引ができる。

GMOクリック証券のバイナリーオプションでは、為替のバイナリーオプション取引以外にも、「日経255」と「NYダウ(米国30)」のオプション取引が可能です。

ただし、外国為替のバイナリーオプションとは別口座となります。

バイナリーオプション「GMOクリック証券」の評判について

国内では最大手のバイナリーオプション業者「GMOクリック証券」ですが、ネット上でも評判自体が少なく、やはりバイナリーオプションと言えば「ハイローオーストラリア」一強であることが伺えます。

GMOクリック証券の評判では、バイナリーオプションの評判よりも「FX業者」として「高性能ツール」を提供していることに対する評判が多いです。

バイナリーオプション「FXプライムbyGMO」の評判(国内業者)

GMO傘下の国内バイナリー業者

こちらも、GMO傘下のバイナリーオプション業者「FXプライム」

国内業者ではGMOの2強です。どちらもGMO傘下のバイナリーオプション業者ですが、一番の違いは「判定時刻」にあります。

海外業者の「ハイローオーストラリア」とは違い、国内業者の「GMOクリック証券」と「FXプライムbyGMO」では、2時間おきの判定時刻採用しています。

GMO傘下2社の判定時刻の違い

GMOクリック証券:11:00,13:00,15:00~,翌5:00まで。(奇数時刻)

FXプライムbyGMO:10:00,12:00,14:00~,翌4:00まで。(偶数時刻)

上記のとおり。判定時刻に違いはありますが、基本的な取引ツールも取引条件もほとんど同じです。

知名度・利用者数としてはGMOクリック証券の「外為オプション」が有名ですが、FXプライムbyGMOの「選べる外為オプション」でも、正直言って違いはほとんどありません。

両者の違いは判定時刻と運営会社ぐらいですね。

ヒロセ通商(LION BO)のバイナリーオプションの評判(国内業者)

ヒロセ通商のバイナリーオプション

国内5番手くらいのバイナリーオプション取引業者「ヒロセ通商」の「LION BO」。

BOは、バイナリーオプションの略で、ライオンのイメージキャラクターが有名なFX業者「ヒロセ通商」のバイナリーオプションです。

取引環境については取り立てるほどの事もなく「普通」です。

ヒロセ通商(LION BO)のバイナリーオプションの特徴

ヒロセ通商(LION BO)のバイナリーオプションの特徴は、下記の2つです。

ヒロセ通商(LION BO)のバイナリーオプションの特徴

  • 取引時刻が、10:25,12:25,14:25~,翌4:25まで。(25分限)
  • 取引開始のためには「知識確認テスト」をクリアする必要がある。

上記のとおり。

国内バイナリーオプション業者は、他社との違いを意識しているのか、判定時刻を微妙に変えてきている感じですね。

ヒロセ通商の「LION BO」の特徴として、バイナリーオプションの「知識確認テスト」というのがあります。

バイナリーオプション「IG証券」の評判(国内業者)

取り扱い銘柄が22種で、国内最多です。

知る人ぞ知るバイナリーオプション業者「IG証券」は、日本で初めてバイナリーオプションを提供した会社で、業界最多の22銘柄を取り扱っている国内業者です。

IG証券のバイナリーオプションの特徴

  • 取り扱い銘柄の数が22銘柄と多い。

(例:日経255指数、ダウ工業平均指数、FTSE100(イギリス指数)、ドイツ30、フランス40、スペイン35、オーストラリア200、シンガポール優良株先物、香港指数、インド50、中国300先物、中国A50先物、NY原油先物、NY金先物、NY銀先物、など。)

  • ラダー、ワンタッチ、レンジの3種類の取引を提供している。

国内業者で株価指数や、金先物のバイナリーオプション取引を提供しているのは「IG証券」ならではの特徴ですね。

※ちなみに、IG証券を運営している「IGグループ」は、ロンドン証券取引所の「FTSE250」構成銘柄です。

6カ月以上取引がなければ、月500円(税抜)

口座に入金がなく、6カ月以上ポジションがない。かつ6カ月以上取引をしていない場合、月500円の口座管理手数料が発生します。

レートを確認するために口座を保有する場合にはご注意ください。

バイナリーオプションブレイクの評判(詐欺業者)

詐欺業者には注意しよう。

一見すると、そこまで怪しくないようにも見える「バイナリーオプションブレイク」ですが、詐欺とまでは言えないまでも出金条件が厳しく、信頼性の低い業者を利用するのは避けておいた方が賢明です。

バイナリーオプションブレイクの特徴

  • 出金条件が厳しすぎる。
  • 出金手数料が高い。
  • サイトが使いまわし。

上記のとおり。

出金条件が厳しすぎる。

「入金金額以上の取引」がなければ、出金できません。

さらにボーナス利用時は、ボーナス金額の30倍~40倍の取引をしなければ出金ができません…。

利用規約をよく読まなければ、いざ出金しようとしたら、「出金できない」という不親切さからも、バイナリーオプションブレイクの不審さがわかります。

出金手数料が高い。

20万円以下の出金時には一律35ドル(約¥3,500円)の出金手数料がかかります。

さらに、出金までには最短5営業日~9営業日かかります。

 

サイトが使いまわし。

バイナリーオプションブレイクのサイトは、FXバイナリーのサイトの使いまわしです。

サイトのクオリティも低いですが、他のサイトをそのまま使いまわしている適当感、杜撰(ずさん)すぎますね。

 

バイナリーオプションジャパンのサムライシステムの評判(詐欺業者)

怪しいシグナルツールです。

バイナリーオプションジャパンのサムライシステムというのは、シグナル通りにエントリーすれば85%~90%の確率で勝利できるという「怪しいシグナルツール」です。

Youtubeの動画を使って集客をおこなっているようですが、くれぐれも、購入してしまわぬようご注意ください。

バイナリーオプションジャパンのサムライシステムの詳細

  • 販売会社:リーベルコンサルティング合同会社
  • 販売責任者名:松本 和哉
  • 所在地:東京都武蔵野市中町3丁目27-28ソーシャルレジデンス吉祥寺C201
  • メールアドレス:support@binary-option-jpn.com
  • 価格:¥198,000円

住所も怪しい。

住所からして、普通の会社ではなくソーシャルオフィスで、電話での問い合わせ窓口もなく、問い合わせはメールとLINEのみ。

電話で問い合わせられると都合の悪い事でもあるのでしょうか…。

ツールの価格は¥198,000円。

19万8,000円と言う値段をふっかけているこのバイナリーオプションツール。支払い方法は「銀行振込」のみとなっています。

クレジットカード支払いを使わないのは、「詐欺」だとバレるとクレジットカード会社から支払いを差し止められて不都合があるからでしょう。

実際に、サムライシステムを利用して取引を行っても、全く勝てるようにはなりません。

Youtubeの動画はライブ映像ではないため、勝てた時の映像を放送しているだけですね。

▼参考:【逮捕】バイナリーオプション詐欺師の手口を紹介

忍システムという新システムを販売。

すでに、リーベルコンサルティング合同会社で「サムライシステム」の販売は終了し、会社名と販売責任者名を変更して、新システム「忍システム」販売を開始しているようです。

稼げない「サムライシステム」に引き続き、新システムとして「忍システム」を販売…。

ツールの悪い評判が広がったら「新システム」と銘打って似たようなツールを販売するのは、バイナリーオプション詐欺師の常套手段ですね。

まとめ

まとめ

バイナリーオプション業界全体の評判として、バイナリーオプションは「怪しいモノ」または「詐欺」というのが一般的な評判でした。

実際に「バイナリーオプション」を詐欺の口実として利用する、悪質な詐欺被害が絶えないので、「バイナリーオプションは、詐欺」というのは、あながち間違いではないのかもしれません。

バイナリーオプションは上か?下か?を予測する簡単な仕組みなので、詐欺師にとっては格好の題材となっているのでしょう…。

ただし、バイナリーオプションでもコツコツ仕組みを理解してインジケーターを使えるようになれば、確実に上達します。

▼参考:バイナリーオプションのインジケーターで高勝率を目指す。

もし、バイナリーオプションをするならおすすめの業者

このページで解説してきたバイナリーオプション業者の中でも、僕の一番のおすすめ業者は、やはり海外業者の「ハイローオーストラリア」です。

「ハイローオーストラリア」がおススメの理由

  • 国内業者のように「取引期限」がなく、自由なタイミングで取引できる。
  • 30秒取引、1分取引、15分取引~、短時間から利用ができる。
  • ペイアウト倍率が1.88倍と高倍率。
  • 国内でも利用者が最多なため、ネット上に情報が豊富。

上記の理由から、僕もバイナリーオプション業者は「ハイローオーストラリア」を利用しています。

ちなみに、国内業者なら「GMOクリック証券」が使いやすいのでおすすめです。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

Japanese all-rounder ただ今ショウ公式LINE@【ID:@398rvldx】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント!