バイナリーオプションは投資じゃなくギャンブル?違いをわかりやすく解説

バイナリーオプション
【会員数600人突破】寝ながらスマホでポチるだけで資金2万円を1週間で400万円まで増やせる。 史上最強即金システムついに解禁!

バイナリーオプション投資はギャンブルなのか?

どうもこんにちは。
バイナリーオプショントレーダー「ショウ」です。

バイナリーオプションの初心者「バイナリーオプション取引は、競馬や競輪などのギャンブル(賭博)とは何が違うの?むしろ、ギャンブルと同じなのでは??」

こういった疑問があると思います。

このページでは、バイナリーオプション投資はギャンブルなのか?その違いは何か?について、くわしく解説をおこないます。

ちなみに、

このページを書いている僕は、バイナリーオプション歴5年の専業トレーダーですので、記事の信頼性はあると思います。

バイナリーオプション投資はギャンブルなのか?

「バイナリーオプション取引は、競馬や競輪などのギャンブル(賭博)とは何が違うの?むしろ、ギャンブルと同じなのでは??」

こういった疑問があると思います。

このページでは、バイナリーオプション投資はギャンブルなのか?その違いは何か?について、くわしく解説をおこないます。

 

バイナリーオプション投資はギャンブルなのか?

「バイナリーオプション投資はギャンブルなのか??」という疑問があると思いますので、解説をおこないます。

結論から言ってしまえば、

バイナリーオプション投資はギャンブルではありません。

なぜなら、

ギャンブル(賭博・博打)というのは、2人、またはそれ以上の人間でおこなう賭博行為のことであり、一部の公営ギャンブル(例:パチンコ、宝くじ、競馬、競輪、オートレース)以外は法律で規制されています。

もっと簡単にいえば、お金や商品を賭けて勝負を争う遊戯のことを「ギャンブル」と呼んでいます。

ギャンブルが禁止されている理由

ギャンブルというのは、簡単に大きな金額が運要素で変動し、

  • トラブルに発展しやすい。
  • 人生を破滅に追い込む恐れがある。
  • 非生産的であり、経済を破綻させる恐れがある。
  • イカサマや恐喝・詐欺行為が起こりやすい

という特徴があるため、

ほとんどの国では法律により禁止、または制限されています。

バイナリーオプション投資はギャンブル?

バイナリーオプションは非常にシンプルな仕組みになっており、

為替レートの変動が、

  • 上に行くのか?
  • 下に行くのか

を2択で選択するだけの投資です。

ですから、「運が良ければ知識がなくても勝つことができる」ため、「これは、ギャンブルではないのか??」と疑問を持たれることが多いです。

しかし、バイナリーオプションとギャンブルには明確な違いがあり、その違いを解説します。

バイナリーオプション投資とギャンブルの違い

上述したとおり、バイナリーオプションは為替レートの変動を予測して、「上に行くのか?」「下に行くのか?」を選択するだけの、単純な投資です。

予測があたれば、資金が払い戻されます。

ですから、運が良ければ勝つことができてしまいます。

それって、ギャンブルなのでは??と思われるのも当然ですよね。

しかし、バイナリーオプション投資とギャンブルには明確な違いがあります。

バイナリーオプション投資は、投資家の技術により差が出る。

たとえば、

コインを投げて表か裏かを当てるゲームでは、完全にランダムで結果が決まるため、誰が予測しても確率は50%であり、運だけで勝負が決まります。

しかし、

バイナリーオプション投資では、

  • ラダーを設置する位置
  • エントリーするタイミング
  • 為替レートのテクニカル分析
  • ファンダメンタル要素の分析

といった要素がくわわることにより、プレイヤーの技術によって結果に差が出てくる。という事になります。

何も考えずに、

直感に頼って運だけで投資をしているなら、バイナリーオプション投資もギャンブルのように不確定な運ゲーになってしまいます。

しかし、

通貨の成長と衰退・チャートの変動を分析・予測して投資をおこなうのであれば、それは”投資行為”であり、ギャンブルとは明確に違いがあるのです。

バイナリーオプションはギャンブルではなく、投資です。

バイナリーオプション投資とギャンブルの違いを明確にすると、

ギャンブルとは、

「胴元がおり、偶然性のあることに対してお金を賭けること」

投資とは、

「企業や貨幣の成長・衰退を分析・予測して利ザヤを稼ぐこと」

どちらも、

①偶然性があり、②お金を賭ける

という部分では似ているかもしれませんが、

投資では分析・予測をすることで利ザヤを稼ぐことができる。

という部分に明確な違いがありますね。

バイナリーオプション投資はギャンブルではない理由

というワケで、「バイナリーオプションはギャンブルなのか?投資なのか?」を理解できましたでしょうか?

くり返しになりますが、

ギャンブルとは、

「偶然性のあることに対してお金を賭けること」

投資とは、

「分析・予測して利ザヤを稼ぐこと」

しっかりと分析・予測を立てて利ザヤを狙うのであれば、それは運任せの”ギャンブル”ではなく、”投資”なのですね。

バイナリーオプションは金融商品です。

ちなみに、

ギャンブルは刑法186条の「賭博罪(とばくざい)」により規制されており、ギャンブルとは「偶然の結果に対して金品を賭ける行為」のことです。

違反すると、

  • 単純賭博罪:50万円の罰金または科料
  • 常習賭博罪:3年以下の懲役
  • 賭博開帳図利罪:3年以上5年以下の懲役
  • 組織犯罪処罰法:5年以下の懲役

という、刑事罰(懲役刑)を食らうことになります。

対して、

バイナリーオプションは金融商品取引法第2条のデリバティブ取引に該当し、日本証券業協会のバイナリーオプション取引に関する規則によりルールが定められています。

ですから、

バイナリーオプションは法的にもれっきとした「金融商品」であり、ギャンブルではないことが証明されています。

バイナリーオプションのギャンブル性

バイナリーオプションのギャンブル性を、数字で理解しておきましょう。

よくあるギャンブル性の比較する指標として「ギャンブル指数(払い戻し率)」というものがあります。

たとえば、

ギャンブル指数50%の投資商品があれば、1万円を投資すると5000円が戻ってくる計算になります。

日本の公営ギャンブルのギャンブル率は、

  • パチンコ:85%
  • オートレース:75%
  • 競艇:75%
  • 競輪:75%
  • 競馬:75%
  • サッカーくじ:50%
  • 宝くじ:50%

特に、サッカーくじと宝くじのギャンブル率(払い戻し率)は非常に低く、1回の掛け金あたりの損失が非常におおきい博打であることがわかります。

対して、バイナリーオプションのギャンブル率は、

  • バイナリーオプション:約90%~95%

であり、1回あたりの払い戻し率が非常に高く、1回あたりの掛け金に対する損失が少ないゲームであることがわかります。

つまり、

宝くじやサッカーくじ(toto)を買うくらいなら、バイナリーオプションに投資をしたほうが還元率が高い。

というワケですね。

バイナリーオプションをギャンブルとして依存症になる人の特徴

バイナリーオプションをギャンブルとして依存症になる人の特徴として、

  • 相場を分析せず、運任せで取引をしている。
  • 勝てば射幸心をあおられ、負けるとムキになる。
  • 感情的に取引をおこなっている。
  • 資金の計画がなく、運が良ければ勝てると勘違いしている。

こういった特徴があります。

こういった考え方にもとづいてバイナリーオプションに取り組んでいる人は、絶対に長期的な利益を得ることはできません。

バイナリーオプション投資で利益をあげるためには、冷静になり、感情を殺して相場の変動を予測し、タイミングを見極めて投資する必要があります。

勝てた時に嬉しい、負けた時に悔しい

というのは、人間として自然な感情ですが、

そこにとらわれずに冷静に戦略的な取引ができなければ、偶然の結果に対して金品を賭けるギャンブルと同じになります。

 

もし真剣に、

バイナリーオプションを投資として取り組むのであれば、

  • MT4を利用したテクニカル分析
  • 重要経済指標などのファンダメンタル要因
  • 時間帯によるチャートパターンの分析

というチャートの分析の手法を駆使してください。

そうすることで、感情に流されず、分析に基づいた冷静な判断ができるようになります。

バイナリーオプション投資でギャンブル依存症になる人

ここまで解説してきたとおり、バイナリーオプションは「分析・予測をして利ザヤを稼ぐ」という”投資行為”であり、ギャンブルではありません。

しかし、

バイナリーオプションは運任せに取引をしても、運が良ければ勝てることもあり、ギャンブルのように取り組み依存する人がいます。

バイナリーオプションは相場の変動を予測・分析して利ザヤを稼ぐ投資行為ですから、運任せで取引しても絶対に勝ち続けることはできません。

ですから、

運任せに取引をするのは絶対に辞めてください。

予測・分析をせずに運任せで取引をしても、資金を失うだけです。

バイナリーオプション投資のギャンブル化を防ぐやり方

バイナリーオプション投資のギャンブル化を防ぐやり方を解説します。

バイナリーオプション投資のギャンブル化を防ぐには、

為替レートの変動を総合的に予測・分析し、
利ザヤを狙う。

これを徹底することです。

まるでギャンブルのようにバイナリーオプションに投資をして、資金を失っていく初心者がいるのですが、絶対に辞めてください。

バイナリーオプションは金融商品であり、投資ですから、正しいやり方で為替レートの変動を予測・分析して投資をおこなえば、あなたの資金を増やしていくための行為になりえる方法です。

ギャンブルでバイナリーオプションをやるなら、
資金を失います。

投資でバイナリーオプションをやるなら、
資金が増えていきます。

あなたは、どちらを選びますか??

どうせやるなら、資金を増やせるバイナリーオプション投資を選びましょう。

バイナリーオプション投資の相場分析と予測

バイナリーオプション投資は金融商品ですから、しっかりと相場を分析・予測して取引をおこなえば、資金を増やすことができます。

そのやり方を解説します。

バイナリーオプション投資の相場分析のやり方としては、

  • MT4を利用したテクニカル分析
  • 重要経済指標などのファンダメンタル要因
  • 時間帯によるチャートパターンの分析
  • 投資に対するリターンを管理する

などのやり方があります。

これらを組み合わせて相場の変動を予測・分析することで、バイナリーオプションをギャンブルではなく、投資として取り組むことができます。

MT4を利用したテクニカル分析

MT4というのは、スイスのMetaQuotes社が開発した、為替チャートの分析ソフトです。

無料でも利用することができ、プロでも愛用している高機能なチャート分析機能がついています。

「テクニカル分析は本当に意味があるの??」と疑問に思われるかもしれませんが、ほとんどランダムな値動きをする為替レートの変動を予測・分析して優位性を生みだすには、テクニカル分析は必須になります。

パソコンがあれば、MT4は無料でインストールすることができますし、無料のMT4のスマホアプリを利用することもできます。

ただし、

本気でバイナリーオプション投資に取り組むのであれば、画面が大きくて見やすいパソコン環境を用意しておいたほうがいいですね。

スマホの画面では表示できる範囲が狭く、判断ミスの原因となるからです。

バイナリーオプションは短い時間で大きな金額が動く”投資行為”ですから、投資環境の整備には念を入れておきましょう。

デュアルディスプレイの投資環境があると、さらに便利です。

テクニカル分析(インディケーター)の使い方については、こちらの記事が参考になると思います。

重要経済指標などのファンダメンタル要因

重要経済指標などのファンダメンタル要因とは何か?と言えば、

  • 金利に関する指標(政策金利)
  • 景気に関する指標(GDP,景況感調査,消費動向)
  • 雇用に関する指標(雇用統計)
  • 物価に関する指標(物価上昇率)
  • 貿易に関する指標(貿易赤字)

といった、

各国の政府等が発表する
経済状況を数値化した指標のこと。

のことですね。

これらの重要経済指標の発表時刻は、

Yahoo!ファイナンスの重要経済指標カレンダーなどで、一覧表で確認することができます。

重要なポイントは、

重要経済指標が発表されると、
為替レートが急激におおきく変動する。

という事実を理解しておく必要があります。

重要経済指標の発表時刻にバイナリーオプションの取引をするのは、ギャンブルをしているのとおなじことです。

重要経済指標の発表時に相場がどちらに変動するのかを予測することは、インサイダーでもなければ無理です。

ですから、

重要経済指標の発表時には、バイナリーオプションの取引は避けるようにしましょう。

時間帯によるチャートパターンの分析

為替レートの変動はほとんどランダムに動いているように見えるかもしれませんが、時間帯ごと、通貨ペアの種類ごとに一定のチャートパターン(値動きのクセ)があることがわかると思います。

結局のところ、為替レートの変動は投資家心理の集合体の結果をあらわしています。

ですから、通貨ペアごと、時間帯ごとの相場の値動きを観察して、チャートの変動パターン(値動きのクセ)を理解しておきましょう。

たとえば、

意識されている抵抗ラインを反発した後に、騙しのブレイクが入りやすい。

などのパターンを覚えておくことで、バイナリーオプションをギャンブルではなく、投資として取り組むことができます。

投資に対するリターンを管理する。

こちらの表をご覧になると、理解できると思います。

1回目:
1万円をBET
勝ち
+8,800円
総利益額:
8,800円
2回目:
1万円をBET
勝ち
+8,800円
総利益額:
17,600円
3回目:
1万円をBET
勝ち
+8,800円
総利益額:
26,400円
4回目:
1万円をBET
勝ち
+8,800円
総利益額:
35,200円
5回目:
4万円をBET
負け
-40,00円
総利益額:
-4,800円

結果:4勝1敗 勝率80%

総利益額:-4,800円

かなり悲惨な結果です。

1戦目~4戦目までは、順調に4連勝を続け、総利益額35,200円を積み上げました。

しかし、5戦目で調子にのり、一気に4万円をBETしてしまい、総利益額も-4800円に転落してしまった例です。

通常のバイナリーオプション取引であれば、

4勝1敗の勝率80%なら大きな利益を稼ぐことができる確率ですが、投資に対するリターンの管理を怠ると、このように悲惨な結果になります。

くれぐれも、ご注意ください。

 

上記のとおり、

バイナリーオプション投資をギャンブルにしないためには、4つのノウハウがありました。

  • MT4によるテクニカル分析
  • 重要経済指標などのファンダメンタル要因
  • 時間帯によるチャートパターンの分析
  • 投資に対するリターンの管理

これらを駆使して、相場の変動を予測・分析して利ザヤを狙うのであれば、バイナリーオプションは完全な”投資行為”であり、ギャンブルにはなり得ません。

バイナリーオプションはギャンブルではなく、投資です。

バイナリーオプション投資はギャンブルではありません。

その違いをまとめると、下記のとおり。

1.明確な違い

ギャンブルと投資には、明確な違いがあります。

・ギャンブル:偶然性の結果に対して、金品を賭けること
・投資:企業や貨幣の変動を分析・予測して利ザヤを稼ぐこと

バイナリーオプションは、通貨ペアごとの相場変動を予測・分析して利ザヤを稼ぐもの。

つまり、ギャンブルではなく”投資行為”にあたる。

2.法律上の違い

ギャンブルは刑法186条の「賭博罪(とばくざい)」にあたり、禁止されている行為です。

バイナリーオプションは、金商法2条の「店頭デリバティブ取引」であり、金融商取引にあたります。

つまり、バイナリーオプションは合法的な投資の一種であり、ギャンブルではありません。

3.ギャンブル依存症を避ける

バイナリーオプションを投資ととらえず、感情や直感だけで取引をしていると、ギャンブル依存症になることがあります。

バイナリーオプション投資で依存症を避けるには、

・相場の変動をテクニカル分析し、チャートパターンを予測・分析して利ザヤを稼ぐ。

そのために必要なのが、

チャート分析ソフトMT4による分析と、ファンダメンタル要素、チャートパターン分析です。

 

以上のとおり、

このページでは、バイナリーオプションがギャンブルではなく投資である理由について、くわしく解説をおこないました。

バイナリーオプションは法的にもギャンブル(賭博)ではなく、金融商品でありれっきとした”投資行為”であることがご理解いただけたと思います。

実際に、このページを書いている僕自身は、

専業のバイナリーオプショントレーダーとして生活を送っています。

バイナリーオプション投資で勝てるロジック、勝てる仕組みを理解し、正しいノウハウを実践できれば、バイナリーオプション投資のみで脱サラすることも可能です。

 

バイナリーオプションで脱サラするには、まずはデモトレードで勝てるようになるまで練習してみてください。

デモトレードなら一切の資金的リスクを負わずにバイナリーオプションを上達することができるからです。

 

さらに当サイトでは、

バイナリーオプションで勝つためのロジック、勝つための戦略について、バイナリーオプションの攻略記事を数多くご紹介しています。

ぜひ、取引の参考にしてみてください。

 

それでは、最後までご覧いただき
ありがとうございました!

 

Japanese all-rounder ただ今ショウ公式LINE@【ID:@398rvldx】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント!