バイナリーオプション移動平均線の設定方法と勝てる期間や数値の攻略法

バイナリーオプション

バイナリーオプション 移動平均線
1分足、5分足で勝てる方法

このページでは、バイナリ―オプション移動平均線とは何か?バイナリーオプションの移動平均線の基本から、その設定方法、勝てるやり方までわかりやすく解説します。

ちなみに、このページを執筆してる私自身はバイナリーオプション歴5年の専業トレーダーであり、平均勝率80%以上のオリジナル手法を確立しており、解説している内容の信頼性はあるかと思います。

 

※もし、バイナリ―オプションで移動平均線の使い方が知りたいなら、このページをご覧ください。

このページで解説する内容は、次のとおりです。

Contents

バイナリーオプションの移動平均線とは?

基礎:移動平均線とは何か?

移動平均線とは何か?と言えば、その名のとおり「一定期間の終値の平均値をつないだ線のこと」です。

たとえば、

  • 「5MA」なら、ローソク足5本分の終値の平均値をつないだ線
  • 「10MA」なら、ローソク足10本分の終値の平均値をつないだ線

という事になります。

▼移動平均線:5MA,10MA

バイナリーオプション 移動平均線とは
  • 5MA:緑の移動平均線
  • 10MA:青の移動平均線

たとえば、上記は無料のチャート分析サイト「TradingView」上に移動平均線「5MA」と「10MA」を表示してみました。

MAとはどういう意味か?

「MA」というのは、英語で「Moving Average:移動平均線」の頭文字をとったものです。つまり、「MA」とは「移動平均線」のことです。

バイナリーオプションの移動平均線の設定方法

バイナリーオプションで移動平均線を表示させる設定方法を解説します。

TradingViewのチャート機能を活用する

バイナリーオプションのチャート分析でおすすめなのが、無料で利用できる「TradingView」のチャート機能を活用することです。

TradingViewのチャート画面は、こんな感じになります。

▼TradingViewのチャート画面

TradingViewのチャート画面

TradingViewは基本無料で利用できるブラウザタイプのチャート分析ソフトであり、直感的で高機能なのでバイナリーオプションの分析ツールとして非常に優れています。

バイナリーオプションで移動平均線を活用する場合にも「TradingView」を活用していきましょう

バイナリーオプション取引画面では表示できない

ちなみに、バイナリ―オプションの公式サイト「ハイロー.com」では、シンプルな線タイプのチャート画面で表示されています。

▼バイナリーオプションの取引画面

バイナリーオプション取引画面

このように、バイナリ―オプション取引サイト「ハイロー.com」の画面上では「移動平均線(MA)」を表示することができないため、外部のチャート分析サイトの「TradingView」を活用していきます。

TradingView:移動平均線(MA)の表示方法

TradingView上で移動平均線(MA)を表示させる方法を解説します。

①まずは、TradingViewの公式サイトにアクセス

まずは、TradingViewの公式サイトにアクセスします。

表示させたい通貨ペアのTicker(ティッカー)を検索ボックスに入力し、選択してください。

ティッカーを選択

 

②フル機能チャートを表示する

①ではシンプル機能チャートが表示されているため、下記の赤丸アイコンを選択し、「フル機能チャート」を表示します。

30日トライアルの表示が出るため、「×」を押します。

30日トライアルの表示を消す

すると、高機能なTradingViewのチャートが表示されます。

③時間軸を設定する

取引するバイナリーオプションの期間に応じて、TradingViewのチャートの時間軸を変更します。

※無料版の利用では、「1分、3分、5分、15分~…1カ月」までの時間軸設定が利用できます。

④移動平均線(MA)を挿入する

移動平均線(MA)を挿入します。

まずは、TradingViewの上部にある「fx」のアイコンを選択します。

すると、インディケーター(関数)の一覧が表示されますので、その中から「MovingAverage(移動平均線)」を選択します。

すると、チャート上に「MovingAverage(移動平均線)」を挿入することができました。

▼移動平均線が挿入できた

⑤移動平均線の期間を指定する

このページで解説してきた通り、

  • 移動平均線「MA5」では「ローソク足5本分の終値の平均値」
  • 移動平均線「MA10 」では「ローソク足10本分の終値の平均値」

というように、それぞれ期間ごとに表示される移動平均線に違いがあります。

移動平均線の期間を変更するには、チャート上の左側「MA 9 close 0」と表示されている部分をダブルタップして選択します。

▼ダブルタップで選択する

期間の設定

すると、MA(移動平均線)の設定画面がでます。

こちらの「Length(期間)」の部分に数値を入力し「OK」を押すことで移動平均線の期間を指定できます。

 

バイナリーオプションの移動平均線の期間(数値)の設定について

バイナリーオプションで移動平均線を活用する際には、「MA5」や「MA10」などの期間(数値)の設定により、大きく異なる結果をひきおこすことになります。

バイナリーオプションで移動平均線を設定する際には、次の内容を頭に入れておくようにしてください。

【移動平均線の設定期間】

設定期間を短くするほど、短期的な値動きの流れに反応するようになる。逆に、設定期間を長くするほど、長期的な値動きの流れに反応するようになる。

ですから、バイナリ―オプションで移動平均線を活用する際には「10MA、50MA、200MA」といった期間の異なる移動平均線を複数表示して取引をおこないます。

複数の移動平均線を同時に表示して取引をおこなう

バイナリーオプションの移動平均線による取引では、これらの複数の期間の異なる移動平均線を同時にチャート上に表示させて取引をおこなうのが一般的です。

▼複数移動平均線の挿入

複数の移動平均線を同時に表示することにより、「ゴールデンクロス」「デッドクロス」といった売り買いのタイミングを計れるだけでなく、長期的な相場の流れを視覚的に一瞬で理解することができるようになります。

バイナリーオプションでも「移動平均線(MA)」は、非常に有効性の高いインディケーター(指標)です。

 

バイナリーオプション移動平均線の1分足、5分足で勝てる方法

バイナリーオプションの1分足、5分足と移動平均線を組み合わせて勝てる方法があります。

バイナリーオプション移動平均線1分足、5分足で勝てる方法として、次のとおりです。

【バイナリーオプション1分足、5分足で勝てる方法】

  • ①まずは、TradingViewでチャートを表示する
  • ②200MA、50MA、10MAを挿入する
  • ③レンジブレイクを確認する
  • ④10MAとタッチしたタイミングでエントリー

それぞれ、順番に解説をおこないます。

①まずは、TradingViewでチャートを表示する

まずはチャート分析サイト「TradingView」にアクセスし、取引する通貨ペアのチャートをフルサイズで表示します。

②200MA、50MA、10MAを挿入する

チャート上に移動平均線「200MA」「50MA」「10MA」をそれぞれ挿入します。

③レンジブレイクを確認します

レンジ(保ち合い)の相場を「ブレイク(上抜け、または下抜け)」したことを確認します。

さらに、ブレイクの方向が長期トレンド方向(200MA)と一致していることを確認してください。

④10MAとタッチしたタイミングでエントリー

バイナリーオプション移動平均線の1分足、5分足で勝てるエントリーポイントは「レンジブレイク後、10MAにタッチした”押し目”のタイミング」でエントリーをおこないます。

200MAの長期トレンド方向、および50MAの中期トレンド方向とおなじ方向にエントリーするのが鉄則です。

いわゆる「押し目買い」のエントリー方法です。

 

バイナリーオプション移動平均線のゴールデンクロス手法

バイナリーオプション移動平均線のゴールデンクロス手法は、「複数の期間(数値)の異なる移動平均線により、相場の転換を狙うエントリー手法です。

ゴールデンクロス手法では、移動平均線のタッチ(押し目)狙いとは異なり、15分取引、30分取引といったより長い時間軸の取引に有効なやり方です。

バイナリーオプション移動平均線のゴールデンクロス手法とは?

ゴールデンクロスと言うのは、「短期移動平均線が、長期移動平均線を下から上に突き抜けること」を言います。

▼ゴールデンクロス

短期移動平均線が、長期移動平均線を下から上に突き抜ける。

バイナリーオプション移動平均線のゴールデンクロス手法でのエントリー

ゴールデンクロスと言うのは、下落トレンドから→上昇トレンドへのトレンドの転換点となる場合が多いです。

ですから、そのトレンド転換に合わせて上方向にエントリーするのが「バイナリーオプション移動平均線のゴールデンクロス手法」です。

バイナリーオプション移動平均線のゴールデンクロス手法では、相場のトレンド転換でエントリーを狙うため、

15分、30分といった比較的長めの時間軸でねらう方が成功率が高くなります。

バイナリーオプションの移動平均線手法:デッドクロスの場合

バイナリーオプションのチャート上で移動平均線がクロスするパターンは2種類あり、次のとおりです。

▼移動平均線のクロスは2種類ある

  • ゴールデンクロス → 短期移動平均線が長期移動平均線を下から上に突き抜けること
  • デッドクロス → 短期移動平均線が長期移動平均線を上から下に突き抜けること

バイナリーオプションでも「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」はそれぞれ逆向きのトレンド転換として捉えられます。

「ゴールデンクロス」」は、上向きのトレンド転換。「デッドクロス」は、下向きのトレンド転換です。

ですから、バイナリ―オプションでエントリーする際にも「ゴールデンクロス」では上向きエントリー。「デッドクロス」では下向きエントリーです。

 

バイナリーオプション移動平均線の逆張りエントリーについて

バイナリーオプションの「逆張り」とは、相場のトレンド方向とは逆向きにエントリーをおこなうことです。

相場には基本的に「上昇トレンド」「下降トレンド」「レンジ」の3種類があります。

バイナリーオプション移動平均線の逆張りとは?

バイナリーオプション移動平均線の逆張りエントリーは、下記のように相場のトレンド方向と逆向きにエントリーする手法です。

▼バイナリーオプションの逆張り

バイナリーオプション移動平均線 逆張りエントリー

バイナリーオプション初心者では、相場のトレンドに逆らう逆張りエントリーを狙いがちですが、逆張りエントリーでは「明らかに勝率が落ちる」という傾向があります。

「トレンドは友達」という相場格言があるくらいで、バイナリ―オプションのでも常にトレンド方向を意識して、「順張り」のエントリーをすることで勝率アップにつながります。

トレンドに逆らう「逆張り」はやめておきましょう。

 

バイナリーオプション移動平均線の見方

バイナリーオプションの「ハイロー.com」で用意されている標準のチャートでは、移動平均線(MA)を表示することはできません。

ですから、バイナリ―オプションで移動平均線(MA)を利用する際には、かならずもう1つの端末を用意して「TradingView」の画面上で移動平均線を表示させましょう。

画面は2つ利用したほうが有利

バイナリーオプションで移動平均線を利用する場合、スマートフォンの1画面のみで取引をすると、画面の切り替えが煩雑になります。

バイナリーオプションの移動平均線手法では、下記の2つの画面が必要になります。

【バイナリーオプション移動平均線取引で必要な画面】

  • ①「ハイロー.com」の取引画面
  • ②「TradingView」のチャート画面

スマホの小さな画面でチャート分析をするのは難しく、画面の切り替えで操作ミスも起こりやすいため、バイナリ―オプションの移動平均線手法ではパソコンの画面を利用しましょう。

 

バイナリーオプションの移動平均手法:まとめ

というワケで、このページでは「バイナリーオプションの移動平均手法」について解説をおこないました。

このページを書いている僕自身は、実際にバイナリーオプションで移動平均線を活用して利益を継続しているやり方です。

解説した内容のまとめ

このページで解説した内容をざっくりまとめると、次のとおりです。

【解説した内容のまとめ】

  • ①移動平均線は、複数本を表示して活用する。
  • ②ゴールデンクロス、デッドクロスは中期で有効。
  • ②移動平均線手法でも、逆張りは避ける。

 

Japanese all-rounder ただ今ショウ公式LINE@【ID:@615zegas】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント!