バイナリーオプションとFXの違いを比較!どっちが難易度が低い?

バイナリーオプション
【会員数600人突破】寝ながらスマホでポチるだけで資金2万円を1週間で400万円まで増やせる。 史上最強即金システムついに解禁!

バイナリーオプションとFXの違いを徹底比較

このページでは、バイナリーオプションとFXを比較しつつ、その違いについてわかりやすく解説します。

もしあなたが「バイナリーオプションとFXの違いは何?どっちがいい?」という疑問があるなら、このページを最後までご覧ください。

 

このページで解決する疑問

バイナリーオプションとFXの違いが知りたい人「バイナリーオプションとFXでは何が違うんだろう?初心者が稼ぐにはどっちがおすすめですか?比較して知りたいです。」

こういった疑問にお答えします。

 

このページの信頼性

ちなみに、このページを書いている僕自身は現役のバイナリーオプション投資家であり、FXでも8年の取引経験がありますので、内容の信頼性はあるかと思います。

 

バイナリーオプションとFXの違いを徹底比較

バイナリ―オプションとFXの違い どっちがいいのか?

 バイナリーオプションとFXの違い

バイナリーオプションとFXでは何が違うの?どっちがいいの?」という疑問にお答えします。

 

まずは、バイナリーオプションとFX取引の違いを理解するために、下記の6つの内容を理解しておくのがいいですね。

 

バイナリーオプションとFXの違いは6つある

  • 1.バイナリーオプションは倍率が固定です
  • 2.FXはレバレッジ取引をおこなう
  • 3.FXにはスプレッドがある
  • 4.FXには金利(スワップポイント)がある
  • 5.FXには追証がある
  • 6.バイナリーオプションには取引終了時刻がある

それぞれ、順番に解説します。

 

1.バイナリーオプションは倍率が固定です

バイナリーオプションとFXの違いを比較すると「バイナリーオプションは倍率が固定です」という違いがあります。

 

バイナリーオプションは倍率が固定です

バイナリーオプションでは、エントリーをした時点で、

  • 予測が当たれば○○倍のペイアウト
  • 予測が外れれば、掛け金を失う

こういった感じの「シンプルな2択」になっているのが特徴です。

 

バイナリーオプションでは、基本的に

  • 「HIGH」なのか?
  • 「LOW」なのか?

というシンプルな取引であるのがFXとの一番の違いですね。

 

バイナリーオプションの場合には、あらかじめ用意された選択肢に対して、どっちに動くかを予測すればOKというシンプルな仕組みです。

FX取引の場合には、決められた選択肢はありませんので、それが違いです。

 

2.FXはレバレッジで取引をおこなう

バイナリーオプションとFXの違いを比較すると「FXはレバレッジで取引をおこなう」という違いがあります。

 

FXはレバレッジで取引をおこなう

バイナリーオプションとは違い、FXではレバレッジによる取引をおこないます。

レバレッジと言うのは、日本語でいえば「てこの原理のことです。

支点・力点・作用点。

この力をつかえば、ちいさな力でも、大きな荷物をうごかすことができますよね。

これが「レバレッジの力」です。

 

簡単にいうと、あなたがFXの口座に10万円を入金したとすれば、

その10万円を証拠金として25倍のレバレッジをかけると、250万円分のFX取引ができる。

 

これが、FX取引のレバレッジの力です。

 

とくに、FXの相場というのはそれほど大きく変動するものではありませんから、

レバレッジの力を使って、入金金額よりも大きな金額を動かしていく。というのが一番の違いです。

 

ちなみに、バイナリーオプションにレバレッジはありません。

 

3.FXにはスプレッドがある

バイナリーオプションとFXの違いを比較すると「FXにはスプレッドがある」という違いがあります。

 

FXにはスプレッドがある

スプレッドというのは、かんたんに言えば「買値と売値の差」の事です。

  • 買値:101.03円
  • 売値:101.02円

こういった感じであれば、買値と売値のスプレッドは0.01円という事になります。

 

FXでは「すぐに買って、すぐに売る」という取引をした場合にも、スプレッド分の損失が出ることになります。

 

バイナリーオプションであれば、そもそもスプレッドという概念がなく、シンプルに「予測が当たるか?」「予測が外れるか?」という2つの結果があるだけです。

 

4.FXには金利(スワップポイント)がある

バイナリーオプションとFXの違いを比較すると「FXには金利(スワップポイント)がある」という違いがあります。

 

FXには金利(スワップポイント)がある

FXには、インフレ通貨に対して金利がかけられており、たとえば「トルコリラ」などの不安定な通貨であれば、1Lotで20円くらいの金利(スワップポイント)が発生します。

 

通貨には、それぞれの国で設定している「政策金利」というモノが存在します。

出典:みんなのFX

 

FX取引では、1方の通貨を買い、1方の通貨を売ることになりますから、この通貨ごとの政策金利の差により金利(スワップポイント)が生まれることになります。

 

たとえば、トルコリラ/円の取引で発生する金利を例にすると…、

  • 買いポジションを立てる → 年間10%くらいの利益
  • 売りポジションを立てる → 年間10%くらいの損失

金利の高い通貨に対して買いポジションをとると、金利を受けとることができます。

逆に、金利の高い通貨に対して売りポジションをとれば、金利をマイナスされることになります。

 

バイナリーオプションとFXを比較すると、バイナリーオプションには金利(スワップ)はありませんので、大きな違いですね。

FXには金利(スワップポイント)を狙って取引をする人もいます。

 

5.FXには追証がある

バイナリーオプションとFXの違いを比較すると「FXには追証がある」という違いがあります。

 

FXには追証がある

追証(おいしょう)と言うのは、かんたんに言えば「追加の証拠金」の事ですね。

このページでも解説してきたとおり、FX取引ではレバレッジ(てこの原理)を利用して25倍~100倍といった資金をふくらませて取引をおこないます。

ですから、いきなり相場が大きく変動した場合に、口座にあるお金(証拠金)が足りなくなることがあります。

この時に、証券会社から請求されるのが「追加の証拠金:追証」になります。

 

つまり、相場に対してかなり大きなポジションを持っているときに、予想以上に大きく相場が変動すると、お金が足りなくなって追加で入金する必要がでてくる。これがFXの追証(おいしょう)です。

 

バイナリーオプション取引ではFX取引とは違い、そもそも証拠金という考え方ではありませんので、追証もありません。

 

6.バイナリーオプションには取引終了時刻がある

バイナリーオプションとFXの違いを比較すると「バイナリーオプションには取引終了時刻がある」という違いがあります。

 

バイナリーオプションには取引終了時刻がある

バイナリーオプションの基本的な取引のながれとして…、

  • ①予測して、エントリーする。
  • ②取引終了時刻があり、エントリーが締め切られる。
  • ③判定時刻があり、予測結果がわかる。

このように、あらかじめ決められた時刻に結果が判定されていきます。

 

もっと具体的に言えば、30秒、1分、5分、15分、1時間、2時間、4時間、24時間、といった感じで判定時刻が区切られており、その判定時刻に一定のラインよりも上に行くのか?それとも下に行くのか?を予測してエントリーをおこないます。

 

つまり、バイナリーオプションとFX取引の大きな違いとして…、

  • バイナリーオプションでは、あらかじめ決められた判定時刻で結果がわかります。
  • FXでは、判定時刻はなく、あなた自身のタイミングで決済取引をおこないます。

こういった違いがありますね。

 

バイナリーオプションでは、あらかじめ決められた決済時刻で結果が判定されます、

FX取引では、基本的に取引時刻に区切りはありませんので、無限にロールオーバーしてポジションを持ち続けることができます。

 

これがバイナリーオプションとFX取引の大きな違いですね。

 

バイナリ―オプションとFX取引 – どっちがいいのか?

バイナリーオプションの税金はバレる?対策方法を公開01

どっちがいいのか?

バイナリーオプションとFX取引の違いを比較したうえで、結局のところ「どっちがいいのか?」という疑問があるかと思います。

 

バイナリーオプションとFX取引の違い

  • ①リスク要因
  • ②使いやすさ
  • ③収益の倍率
  • ④必要となる資金

投資の初心者はよく「バイナリーオプションとFX取引どちらがいいのか?」という疑問を持ちます。

 

しかし、プロの投資家はバイナリーオプションとFX取引にはそれぞれに「メリット・デメリット」がある事を知っています。

 

バイナリ―オプションとFXどっちがいいのか?を判断するためには、それぞれの違いを理解しておきましょう。

 

 

①リスク要因の違い

もちろん、バイナリーオプション取引とFX取引の両方にリスクがあります。

 

しかし、両方の取引方法の違いを比較してみると、バイナリーオプションは取引を始めるまえに、どれだけの利益と損失が出るかがわかっているため、FX取引よりもリスクを調整しやすい傾向にあります。

 

このように、バイナリーオプション取引では取引を始めるまえに、リスクを正確に予測できるという大きなメリットがあります。

 

バイナリ―オプションでは、FX取引よりも簡単にあなたの取引リスクを管理することができます。

 

さらに、バイナリーオプション取引ではFX取引とは違い「レバレッジ」に依存しないため、より大きなレバレッジによる損失を避けることができる。

 

具体的いえば、FX取引では資金にレバレッジを掛けることでより大きな利益を得ることができますが、その反面おおきな損失をこうむるリスクがあります。

 

その結果、投資の初心者がFX取引で取引をスタートすると、バイナリーオプションよりも早く資金を失ってしまうリスクがあります。

 

さらに、バイナリーオプション取引であれば、取引の途中で「予測が外れた…。」と感じた場合には、途中で「転売」を利用することができます。

 

これにより、資金を全損することなく、一部を取り戻すことができます。(※ただし、すべてのバイナリーオプション業者が対応しているワケではありません。)

 

②使いやすさの違い

FX取引とは違い、バイナリーオプション取引は非常にシンプルな取引プラットフォームうが用意されています。

 

ですから、投資の初心者であっても、バイナリーオプションの仕組みを簡単に理解することができます。

 

バイナリ―オプションで取引をおこなうには、アカウントを解説してから、3~4つのステップを踏むだけで簡単に投資をスタートすることができます。

 

その一方で、FX取引で投資をはじめるためには、損失を制限したり、リスクを管理するために、あなた自身で損切りラインを設定したり、レバレッジを調整する手間がかかります。

 

バイナリ―オプション取引が非常にシンプルな理由は、取引の選択肢が「2択(バイナリー)」だからです。

 

注文の種類は「High(上がる)」か「Low(さがる)」かの2つだけ。それに比べて、FX取引はかなり複雑な選択に直面しています。

 

③収益倍率の違い

バイナリーオプション取引では、あなたが稼げる金額は、あなたの投資知識と経験、そして取引業者が提供しているペイアウト倍率によって決まります。

 

バイナリ―オプションで最も知名度の高いハイローオーストラリアであれば、ペイアウト倍率は1.88倍~2.20倍に固定されています。

 

国内業者のバイナリーオプション取引では、最大3倍~4倍になることもありまあす。

 

バイナリ―オプションで得られる収益倍率(ペイアウト率)は、あなたが取引をしている業者と取引内容によって変わってきます。

 

バイナリ―オプション取引のペイアウト倍率はあらかじめ決まっているため、あなたが取引をスタートした時点で、正確な収益予測を立てることができます。

 

これにより、バイナリーオプションの投資家は勝率によって適切に資金をコントロールし、取引ルールの有効性を検証することができます。

 

バイナリ―オプションの投資家は、1日に5回~10回の取引をおこなうことが多いですが、FX取引の投資家は1日に1~2回の取引をおこないます。

 

④必要となる資金の違い

バイナリ―オプション取引で利益を得るには、大きな資金を必要とせず、5万円~10万円から気軽に資金を増やしていくことができます。

 

その一方でFX取引では、特にレバレッジ倍率の低い取引業者では収益を稼ぐためより大きな資金を準備しておく必要があります。

 

FXではレバレッジ取引を利用することで、大きな利益を得ることができますが、その反面で資金を失うリスクが大きくなることも忘れないでください。

 

一気に大きな金額を稼ぐという誘惑に惑わされないようにしましょう。

 

 

こういった感じでして…、

 

バイナリ―オプション取引とFX取引には違いがあり、どちらも長所・短所があります。ですから、どちらの取引があなたに適しているかを判断するのは、あなた自身です。

 

どちらも同じく外国為替のレート変動を予測する投資であり、外国為替市場は世界的に信用されている巨大なマーケットです。

 

バイナリーオプション取引の特徴として…、

  • ペイアウト倍率が決まっている
  • 判定時刻が区切られている
  • 追証が発生しない

 

FX取引の特徴として…、

  • 決済タイミングが自由に決められる
  • レバレッジにより取引をおこなう
  • 金利(スワップポイント)がある
  • スプレッドが変動する

 

こういった感じでして…、

バイナリーオプション
→難しい事を考えずに、シンプルに取引をしたい人向け

FX取引
→細かい部分までこだわり、自分ですべてコントロールしたい人向け

 

どちらの取引を利用するかは、あなた自身で判断する必要があります。

 

バイナリ―オプションとFX取引の違い – 押さえておきたいポイント

バイナリ―オプションとFX取引の違い ポイント

ポイントを解説します

バイナリ―オプションとFX取引の6つの違いが理解できましたでしょうか??

 

ザックリと重要ポイントをまとめておきますので、まずは下記の内容を理解しておきましょう。

 

バイナリーオプション取引の特徴

  • 制限時間がある
  • 固定倍率で払い戻しされる
  • 短期間で大きく増やせる
  • 追証(おいしょう)が発生しない

バイナリ―オプションは、取引がシンプルで分かりやすいため、一般的に「初心者向けの取引方法」と言われています。

 

FX取引の特徴

  • 制限時間がない
  • スプレッドがある
  • 金利(スワップ)がある
  • レバレッジを掛けて取引する
  • 追証(おいしょう)がある

FX取引では、取引の内容全体を自分自身でコントロールする必要があるため、一般的に「中級~上級者向けの取引方法」と言われています。

 

バイナリ―オプションとFX取引で勝つには、メンタルが重要です

バイナリ―オプションとFX取引の違いはありますが、あなたが投資家として成功するために必要なのは、精神的な安定です。

 

バイナリ―オプション取引とFX取引に取り組む人は、どうしても取引内容に注目してしまいがちですが、実のところ、取引結果に惑わされない感情のコントロールが必要になります

 

あなた自身の取引内容に責任をもち、あなたの取引を管理するのはあなたの精神力次第です。

 

ほとんどの人は、直近の取引で大きな損失を出すとメンタルが崩れてしまい、正しい決定を下すことができなくなり、さらに大きな損失をこうむります。

 

短期間で大きな資金を失った時には、メンタルを安定させるためにしばらく取引を停止するのが最善になることがあります。

 

信頼できる情報源を探そう

バイナリ―オプション取引やFX取引をする際の情報源は慎重に選択する必要があります。

 

なぜなら、バイナリーオプション取引やFX取引を推奨しているおおくのWEBサイトでは、アフィリエイトリンクから口座開設をさせることが目的で情報を公開しているからです。

 

これらのアフィリエイト報酬を目的としたWEBサイトは、バイナリーオプションやFX取引のリスクを隠してメリットばかりを宣伝しています。

 

あなたはバイナリ―オプションとFX取引を始める前に、取引の仕組みとリスクの管理方法を十分に学んでおく必要があります。

 

 

バイナリーオプションでもFXでも基本の戦略は同じ

バイナリ―オプションでもFX取引でも、原資産である「外国為替」を分析して取引をおこなうという点では同じです。

 

とくに、外国為替の取引をおこなうバイナリーオプションとFX取引ではテクニカル分析」により相場の変動を予測してます。

 

テクニカル分析は、基本的に次の3つの考え方に基づいています。

  • ①すべての情報は、価格に織り込まれている。
  • ②トレンドが発生すると、それが継続する。
  • ③投資家は、おなじ行動パターンを繰り返す。

テクニカル分析では、過去の相場のパターンを分析することにより、未来の価格変動を予測しようと試みます。

 

ただし、バイナリーオプションとFX取引の相場は「重要経済指標」などのイベントで大きく変動するため、重要な経済データが公表される前後にはトレードを控えたほうがいいですね。

 

バイナリ―オプションとFX取引にはルールの違いがあり、それぞれテクニカル分析で勝てるポイントを探すのが基本の戦略です。

 

バイナリーオプションとFX取引の違い|まとめ

バイナリ―オプションとFX取引は、どちらも「外国為替」を原資産としている点で同じですが、取引形態におおきな違いがあります。

 

投資の初心者の場合には、その違いとメリット・デメリットを理解することは難しいことが多く、実際に取引をすることにより、その理解を深めていくことができます。

 

Japanese all-rounder ただ今ショウ公式LINE@【ID:@398rvldx】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント!