バイナリーオプションペイアウト倍率とは?【国内・海外業者ごとに比較】

バイナリーオプション

バイナリーオプションペイアウト率とは?
ルールをわかりやすく解説

このページではシンプルに…、
バイナリーオプションのペイアウト率とは?
について、その仕組みをわかりやすく解説します。

 

このページで解決する疑問

バイナリーオプションの初心者『バイナリーオプションのペイアウト率・ルールはどういうしくみだろう?バイナリーオプションペイアウト率のルールと仕組み、業者ごとの違いが知りたい。』

こういった疑問にお答えします、

 

バイナリーオプションのペイアウト率とは何か?

まず第一に『バイナリーオプション』とは、”FX・株式・仮想通貨”とおなじように、お金をふやす「投資」の一種です。

たとえば、1万円を投資して、払い戻し金額が2万円なら『ペイアウト率は2倍』です。

 

『ペイアウト=払い戻し』のこと:

『ペイアウト(Payout)』とは、日本語に翻訳すれば「払い戻し」という意味になります。

つまり、わかりやすく日本語でいえば『ペイアウト率=払い戻し率』という意味です。

 

このページでは『バイナリーオプションのペイアウト率のルールと仕組み』について、わかるように解説をおこないます。

 

このページで解説する内容:

 

それぞれ、見ていきましょう。

 

このページの内容の信頼性

このページを書いている僕自身は、バイナリーオプション歴5年のプロ投資家であり、解説している内容の信頼性はあるかと思います。

⇩  ⇩  ⇩

※※もし、バイナリーオプションのペイアウト率について知りたいなら、このページを最後までご覧ください。

バイナリーオプション取引で勝つために『重要な内容』を解説しています。

目次から一覧を確認できます。
⇩  ⇩  ⇩

バイナリーオプションのペイアウト率とは何か?仕組みをわかりやすく

『バイナリーオプションのペイアウト率とは何か?』と言えば、このページの冒頭でも述べたとおり…、

 

バイナリーオプションの
ペイアウト率とは何か?:

掛け金に対する、払い戻し率(Payout):

『ペイアウト(Payout)』とは、日本語に翻訳すれば「払い戻し」という意味になります。

つまり、バイナリーオプションの掛け金「1万円」に対して、払い戻し金額が「2万円」なら、『ペイアウト倍率2倍』ということになります。

 

このように、バイナリーオプションのペイアウト率とは『払い戻し倍率(Payout)』のことです。

 

バイナリーオプションペイアウト倍率の仕組み

『バイナリーオプションペイアウト倍率の仕組み』をわかりやすく解説すれば、つぎのとおりです。

 

バイナリーオプション
ペイアウト倍率の仕組み:

バイナリーオプション投資とは、現在よりも価格が上がるか?下がるか?を予測する投資です。

 

ハイローバイナリーオプションとは?

たとえば「ハイローバイナリーオプション」では…、

  • →①現在よりも、価格があがれば、2倍の払い戻し
  • →②現在よりも、価格がさがれば、ゼロになる

このように、予測が当たれば『投資金額 × ペイアウト倍率』の払い戻しがあり、逆に、予測が外れると『投資陰額がゼロ』になります。

 

バイナリーオプションペイアウト金額の仕組み

具体的に『バイナリーオプションのペイアウト金額の仕組み』をわかりやすく解説すれば、つぎのとおりです。

 

バイナリーオプションの
ペイアウト金額の仕組み:

予測があたれば、投資金額が増える:

バイナリーオプションでは、為替・株式・商品・株式指数、などの値動きを予測します。

予測があたれば『投資金額 × ペイアウト倍率』の金額を払い戻しで受け取ることができます。

例)1万円を投資し、ペイアウト倍率2倍だと…、

1万円 × 2倍 = 2万円を払い戻される

予測が外れれば、投資金額を失う:

逆に、値動きの予測がはずれると、ペイアウト金額はゼロになり、あなたが投資した金額を失います。

例)1万円を投資し、予測が外れると…、

1万円 が 失われる

 

このように、バイナリーオプションでは予測が当たれば「投資金額 × ペイアウト率」が払い戻され、予測が外れれば投資金額を失うことになります。

これが、バイナリーオプションの基本的なルールです。

 

バイナリーオプションは
価格の値動きを予測する投資:

このように、バイナリーオプションでは…、

  • 1.予測が当たれば、資金が増える
  • 2.予測が外れれば、資金をうしなう

このように…、

バイナリーオプションは『2択(バイナリー)』の選択肢から値動きを予測をするオプション投資のことです。

※バイナリーオプションにも種類があります。

 

バイナリーオプションの種類と、ペイアウト率の違いを比較

2択の選択肢から、投資をする『バイナリーオプション』にもいくつかの種類があり、それぞれペイアウト率に違いがあります。

 

『バイナリーオプションの種類と、ペイアウト率の違いを比較』すれば、つぎのとおりです。

 

バイナリーオプションの種類と
ペイアウト率の違いを比較:

ハイロー取引:ペイアウト率1.85倍~2.20倍

『バイナリーオプションといえば、コレ!』と思われるほど、知名度のたかいバイナリーオプションの種類です。

ハイロー.com など、海外の有名なバイナリーオプション業者は、ほとんどが「ハイロー取引」を採用しています。

『ハイロー取引』では、あらかじめ決められた時間が経過したあとに『現在の価格よりも上か?下か?』を予測するバイナリーオプション取引です。

 

ハイロー取引のペイアウト倍率:

  • 予測が当たれば、投資金額が「1.85倍~2.20倍」になる

 

ラダー取引:ペイアウト率1.2倍~20.0倍

バイナリーオプションの『ラダー取引』は、国内のバイナリーオプション業者がおもに採用している取引の種類です。

『ラダー取引』では、決められた時刻になった時点で「選択したラダー価格」を超えるかどうか?

を予測する取引です。

 

ローリスク・ラダー取引:ペイアウト率1.2倍

ローリスク・ラダー取引では、現在価格の近くにラダーを設定することで、リスクが低くなる代わりにペイアウト倍率も低くなります。

ローリスク・ラダー取引のペイアウト倍率:

  • 予測が当たれば、投資金額が「~1.2倍」になる

 

ハイリスク・ラダー取引:ペイアウト倍率20.0倍

ハイリスク・ラダー取引では、現在価格より遠くにラダーを設定することで、リスクが高くなる代わりにペイアウト倍率も高くなります。

ハイリスク・ラダー取引のペイアウト倍率:

  • 予測が当たれば、投資金額が「~20.0倍」になる。

 

レンジ取引:ペイアウト倍率0.8倍~12.0倍

バイナリーオプションの『レンジ取引』は、特定の価格レンジ(価格幅)の中に「値段が入るか?入らないか?」を予測するバイナリーオプション取引です。

  • 値が入ることを「レンジ・イン」
  • 値が入らないことを「レンジ・アウト」

このように、目標レンジ(価格幅)を設定すると、ペイアウト率が変動するしくみです。

 

ローリスク・レンジ取引のペイアウト倍率:0.8倍

すでに、目標レンジ内に価格が収まっているような「ローリスク・レンジ取引」の場合には、

  • 予測があたれば、投資金額が「~0.8倍」になる。

 

ハイリスク・レンジ取引のペイアウト倍率:12.0倍

目標価格レンジが現在の価格から離れた位置にある「ハイリスク・レンジ取引」の場合には、

  • 予測があたれば、投資金額が「~12.0倍」になる。

 

タッチ取引:ペイアウト倍率1.0倍~10.0倍

バイナリーオプションの『タッチ取引』は、特定の目標レートに一度でも価格が「タッチするかどうか?」を予測するバイナリーオプション取引です。

  • 価格がタッチすることを「ワンタッチ」
  • 価格がタッチしないことを「ノータッチ」

このように、『目標レート』を選択する位置により、ペイアウト率が変動する仕組みです。

 

ローリスク・タッチ取引のペイアウト倍率:1.0倍

もうすぐ、目標レートに価格がタッチするような「ローリスク」のタッチ取引では、

  • 予測があたれば、投資金額が「1.0倍」になる。

 

ハイリスク・タッチ取引のペイアウト倍率:10.0倍

目標レートが現在価格から遠く離れているよ「ハイリスク」のタッチ取引では、

  • 予測があたれば、投資金額が「~10.0倍」になる。

 

このように…、

バイナリーオプション取引のペイアウト率は、取引の種類とリスクにより大きく違いがあります。

  • ハイロー取引:ペイアウト率1.85倍~2.20倍
  • ラダー取引:ペイアウト率1.2倍~20.0倍
  • レンジ取引:ペイアウト率0.8倍~12.0倍
  • タッチ取引:ペイアウト率1.0倍~10.0倍

おおむね、どの取引所でもこのようなペイアウト率の設定となっています。

高倍率になるほど、当たる確率も低くなる仕組みです。

 

バイナリーオプション取引のペイアウト率は、国内業者と海外業者で違いがある

バイナリーオプション取引のペイアウト率は、国内業者と海外業者でそれぞれ違いがあり、つぎのとおりです。

 

国内業者のペイアウト率(GMOなど):

バイナリーオプションの国内業者として有名なGMOクリック証券の「外為オプション(バイナリーオプション)」でのペイアウト率は、次のとおりです。

 

バイナリーオプション
国内業者のペイアウト率:

  • ラダー取引:ペイアウト率1.2倍~20.0倍
  • レンジ取引:ペイアウト率0.8倍~12.0倍
  • タッチ取引:ペイアウト率1.0倍~10.0倍

 

このように、バイナリーオプション国内業者では『ラダー取引・レンジ取引・タッチ取引』を中心に、0.8倍~20.0倍まで幅広いペイアウト率を取り扱っているのが特徴です。

 

関連:バイナリーオプションGMOクリック証券は勝てない?【評判・やり方】

 

海外業者のペイアウト率(ハイロー.comなど):

バイナリーオプションの海外業者として有名な「ハイロー.com」など、海外バイナリーオプション事業者のペイアウト率は、次のとおりです。

 

バイナリーオプション
海外業者のペイアウト率:

  • ハイロー取引:ペイアウト率1.85倍~2.20倍

 

このように「ハイロー.com」のようなバイナリーオプション海外業者は、おもに『ハイロー取引』『ハイロースプレッド取引』を提供しており、ペイアウト率は1.85倍~2.20倍とシンプルにわかりやすいのが特徴です。

 

国内と海外で規制上の違い:

ちなみに、バイナリーオプション取引は国内と海外で規制上のおおきな違いがあり…、

  • 国内バイナリーオプション:2時間区切りで締め切り
  • 海外バイナリーオプション:15秒、30秒、1分~1日まで

このように…、

国内バイナリーオプションは規制により「2時間区切り」の取引制限がされているのに対して、海外バイナリーオプションでは15秒、30秒といった「ターボ取引」に対応しているのが特徴です。

 

※※国内と海外の違い※※

ラダー取引で、2時間区切りの時間軸で取引をするならGMOなどの国内バイナリーオプション取引所。

シンプルなハイロー取引で、30秒取引、1分取引、5分取引をするなら、ハイロー.comなどの海外バイナリーオプション取引所。

短時間取引をするなら、海外取引所が便利です。

 

関連:バイナリーオプションの取引ルールを解説します。【国内・海外の違いとルール変更・ルール改正】

 

バイナリーオプションのペイアウト率:まとめ

このページで解説してきたとおり『バイナリーオプションのペイアウト率:まとめ』としては…、

 

バイナリーオプションの
ペイアウト率:まとめ

ペイアウト率とは何か?:

『ペイアウト(Payout) = 払い戻し』のこと。

バイナリーオプションのペイアウト率とは、バイナリー(2択)のオプション取引において、予測が当たったときに「払い戻される金額が、投資金額の何%か?」をあらわします。

バイナリーオプションは、2択の選択肢(バイナリー)から、投資先を選ぶことができる投資です。

 

バイナリーオプションのペイアウト率の違い:

バイナリーオプションでは、取引の種類ごとにペイアウト率に違いがあります。

  • ハイロー取引:ペイアウト率1.85倍~2.20倍
  • ラダー取引:ペイアウト率1.2倍~20.0倍
  • レンジ取引:ペイアウト率0.8倍~12.0倍
  • タッチ取引:ペイアウト率1.0倍~10.0倍

それぞれ、高倍率になるほど当たる確率も低くなるしくみです。

 

海外業者と国内業者の違い:

バイナリーオプションでは規制により、国内と海外では違いがあります。

  • 海外業者:30秒、1分、5分取引に対応で、『ハイロー取引』
  • 国内業者:2時間区切りの取引規制があり、『ラダー取引・レンジ取引・タッチ取引』

このように、バイナリーオプションのペイアウト倍率は、バイナリーオプション取引の種類ごとにある程度決まっており、国内業者と海外業者では大きな違いがあります。

 

このページを書いている僕自身は、海外バイナリーオプション取引所の「ハイロー.com」に投資をおこない、月100万以上の収益をあげることができています。

 

Japanese all-rounder ただ今ショウ公式LINE@【ID:@615zegas】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント!