バイナリーオプションの取引ルールを解説します。【国内・海外の違いとルール変更・ルール改正】

バイナリーオプション
【会員数600人突破】寝ながらスマホでポチるだけで資金2万円を1週間で400万円まで増やせる。 史上最強即金システムついに解禁!

バイナリーオプションの取引ルールを解説します。

【国内・海外の違いとルール変更・ルール改正】

どうもこんにちは。ショウです。

このページでは、バイナリーオプションの取引ルールについて、詳しく解説します。

国内のバイナリーオプション業者と海外のバイナリーオプション業者では、おなじ”バイナリーオプション”でも、取引のルールが違っていたりして、意外と分かりにくいですよね。

国内のバイナリーオプション業者と海外のバイナリーオプション業者の取引ルールの違いを理解せずに取引してしまうと、思わぬ所で失敗する可能性があります。

というワケで、このページでは「バイナリーオプションの取引ルール」「国内と海外の違い」について、くわしく解説をおこないます。

Contents

バイナリーオプションの取引ルールをくわしく解説します。【国内と海外のルールの違い、ルール変更とルール改正】

【概要】このページで解説している内容について

このページで解決する問題は、下記の通り。

バイナリーオプションを勉強している人「バイナリーオプションのルールには、国内と海外で違いがあるみたいだけど、具体的に何が違うんだろう?バイナリーオプションの取引ルールについて詳しく知りたい。」

こういった疑問にお答えします。

 本記事の内容は、下記のとおり。

  • バイナリーオプションの取引ルールをくわしく解説します。
  • バイナリーオプションの取引ルール:国内と海外の違いとは?

バイナリーオプション取引の基本的なルールから、国内と海外での取引ルールの違いまで徹底的に解説していきます。バイナリーオプションの取引ルールを理解するには、このページを読んでおけばOKです。

というワケで、バイナリーオプションの取引ルールについて、くわしく解説します!

バイナリーオプションの取引ルールとは?

 

バイナリーオプションの取引ルールとは?

バイナリーオプションの取引ルールは、簡単そうに見えて意外と奥が深いので、それぞれのバイナリーオプションのルールについて、くわしく解説しますね。

バイナリーオプションと言っても、意外と多くの取引ルールがあり、それぞれに特徴が異なっているんですよ。

それぞれの取引ルールの種類をまとめると、こんな感じです。⇩

バイナリーオプション取引の種類:取引ルール

ハイロー取引:”現在価格”よりも、上か?下か?を予測する。
ラダー取引:”目標価格”を超えて、上か?下か?を予測する。
スプレッド取引:”スプレッド(価格幅)”を超えて、上か?下か?を予測する。
レンジ取引:”レンジ(価格の範囲)”の、中に入るか?外に出るか?を予測する。
タッチ取引:”目標価格”に一度でも、タッチするか?タッチしないか?を予測する。

それぞれ、順番に解説します。

豆知識

ちなみに、外国為替取引:FXでは、外国為替のレートを取引していますが、バイナリーオプションは”オプション取引”なので、「予測が当たれば払い戻しがされる。」という”権利(チケット)”を取引しています。

基本となるバイナリーオプション:ハイロー取引のルール

まず、基本となるバイナリーオプションのルールで言えば、「上か?」「下か?」の2択で、為替レートの変動を予測する「ハイロー取引」があります。⇩

バイナリーオプション:ハイロー取引のルール

・基本ルール:現在の価格を基準にして、判定時刻に為替レートが「上か?」「下か?」を予測する。
ペイアウト倍率:1.85倍~2.0倍

バイナリーオプションの「ハイロー取引」は、バイナリーオプションの中でも最も基本となるルールで、”現在の価格”よりも「上に行くか?」「下に行くか?」を予測します。

”判定時刻”になったときに、あなたの予測が当たれば、投資金額が1.85倍~2.0倍になって払い戻されます。予測が外れれば、投資金額を失うことになります。

国内のバイナリーオプション:ラダー取引のルール

日本国内のバイナリーオプション業者で主流の取引ルールが「ラダー取引」です。

ラダーというのは”目標価格”の事です。

つまり、現在価格ではなく、”目標価格のレート”よりも、為替相場が「上に行くか?」「下に行くか?」を予測するのが、国内バイナリーオプションで主流の「ラダー取引」となります。⇩

バイナリーオプション:ラダー取引のルール

・基本ルール:目標レートの価格(ラダー)を基準にして、判定時刻に為替レートが目標価格(ラダー)よりも、「上か?」「下か?」を予測する。
ペイアウト倍率:1.0倍~10.0倍以上

ラダー取引では、ハイロー取引とは違い、目標価格レート(ラダー)を基準にして、価格が「上に行くか?」「下に行くか?」を予測するバイナリーオプション取引です。

目標レート(ラダー)の設定位置によって、取引の勝率が大きく変化するので、ペイアウト(払い戻し)倍率も最低1.0倍(利益ゼロ)~から、最大10.0倍以上の高倍率に設定されています。

⇒バイナリーオプション業者ごとのペイアウト倍率はこちら

基本的には、「為替レートが上か?下か?」を予測するのがバイナリーオプションの取引ルールですが、「目標とする価格」や「ペイアウト(払い戻し)倍率」は、業者によって大きく違いが出てきますね

バイナリーオプション:スプレッド取引のルール

バイナリーオプションの”スプレッド取引”は、基本となる「ハイロー取引」の価格の上下に一定の価格幅(スプレッド)を設けて、「スプレッドを超えて上に行くか?」「スプレッドを超えて下に行くか?」を予測する取引ルールです。⇩

バイナリーオプション:スプレッド取引のルール

・基本ルール:現在価格を基準にして、判定時刻に為替レートが価格幅(スプレッド)を超えて、「上に行くか?」「下に行くか?」を予測する取引です。※スプレッドを越えなければ、負け取引となります。
ペイアウト倍率:2.0倍~2.2倍

「上に行くか?」「下に行くか?」を予測する。という基本ルールはハイロー取引と同じですが、スプレッドがある分だけ勝率が低くなるため、ペイアウト(払い戻し)倍率は、2.0倍~2.2倍程度の高めに設定されています。

バイナリーオプション:レンジ取引のルール

”レンジ”というのは”一定の範囲”のことです。

つまり、バイナリーオプションのレンジ取引では、上下に一定の価格範囲(レンジ)を設けて、そのレンジよりも「外に出るか?(レンジアウト)」「内に入るか?(レンジイン)」を予測する取引ルールです。

バイナリーオプション:レンジ取引のルール

・基本ルール:上下に一定の価格範囲(レンジ)が設定されており、判定時刻に一定の範囲(レンジ)の「外に出るか?(レンジアウト)」「中に入るか?(レンジイン)」を予測する取引ルールです。
ペイアウト倍率:1.0倍~10.0倍以上

バイナリーオプションのレンジ取引は、一定の価格範囲(レンジ)の中に「価格が入るか?」「価格が出るか?」を予測する取引で、「上か?」「下か?」の方向性を予測するのではなく、価格がどの価格範囲に入るのか?を予測します。

バイナリーオプション:ワンタッチ取引のルール

バイナリーオプションの”ワンタッチ取引”のルールは、特定の目標価格レートに価格が「タッチするか?」「タッチしないか?」を2択で予測する取引ルールです。⇩

バイナリーオプション:ワンタッチ取引のルール

・基本ルール:特定の目標価格レートに時間内に1度でも「タッチするか?」「タッチしないか?」を予測するバイナリーオプションの取引ルールです。
ペイアウト倍率:1.0倍~10.0倍以上

バイナリーオプションのタッチ取引では、目標となる価格レートを自分で指定して取引できるため、予測の難しい価格レートに目標を設定すれば、ペイアウト(払い戻し)倍率も高倍率となります。逆に、勝率の高い価格レートに目標を設定すれば、ペイアウト倍率は低くなります。

バイナリーオプションの取引ルール:国内業者と海外業者の違い

 

取引ルール:国内と海外の違い

バイナリーオプションの取引ルールは、国内業者と海外業者では大きな違いがあります。

その違いについて、詳しく解説します。

国内業者のバイナリーオプションの取引ルール

国内業者のバイナリーオプションの取引ルールは、下記のとおりです。

国内業者のバイナリーオプションの取引ルール

ルール①:取引時間は2時間以上。
ルール②:取引回数は1日12回まで。
ルール③:ペイアウト倍率はリアルタイムに変動します。

国内で金融庁の認可を受けたバイナリーオプション業者であれば、上記の国内バイナリーオプションの取引ルールに従ってサービスを提供しています。

ルール①:取引時間は2時間以上。

たとえば、国内業者のバイナリーオプションであれば、取引時刻が、第1部 8:00~10:00、第2部 10:00~12:00、第3部 12:00~14:00、…、という感じで、2時間以上の時間で区切られています。

つまり、国内のバイナリーオプション業者では、30秒や1分といった短時間でのバイナリーオプション取引を行うことはできず、取り引きのチャンスも制限されてしまう傾向にあります。

ルール②:取引回数は1日12回まで。

国内のバイナリーオプション業者の取引ルールでは、取引回数は1日に12回までに制限されています。

とは言え、デモ取引であればいつでも練習できますので、本気で取り組むなら取引回数は12回あれば十分だと思いますl

ルール③:ペイアウト倍率はリアルタイムに変動します。

国内のバイナリーオプション業者の取引ルールでは、ペイアウト(払い戻し)倍率がリアルタイムに変動します。

ペイアウト(払い戻し)倍率が固定ではないので、利益計算が少しやりにくいデメリットがありますが、1回の取引で10倍以上の高倍率を狙えるのはいいですね。

海外業者のバイナリーオプションの取引ルール

海外業者のバイナリーオプションの取引ルールは、下記のとおりです。

海外業者のバイナリーオプションの取引ルール

ルール①:30秒、1分、5分、などの短時間取引ができる。
ルール②:取引回数の制限なし。
ルール③:ペイアウト倍率の固定制

海外のバイナリーオプション業者であれば、国内業者とは違い、取引ルールの自由度が高いですね。

ルール①:30秒、1分、5分、などの短時間取引ができる。

海外バイナリーオプションの取引ルールの大きなメリットとして、30秒取引、1分取引、5分取引などの短時間取引が自由に取引できる。という点があります。

ルール②:取引回数の制限なし。

海外バイナリーオプション業者の取引ルールでは、取引回数に制限はありません。

ルール③:ペイアウト倍率の固定制

海外バイナリーオプション業者であれば、ペイアウト倍率が固定されているので、取引の優位性を検証するのが楽です。

国内バイナリーオプションの取引ルール作りの経緯について

 

国内のバイナリーオプション取引では、日本の金融商取引法によって規制されています。

2013年以前までは、国内のバイナリーオプション業者でも、海外と同じように短期間での取引がメインだったのですが…、ギャンブル性の高い短期間での取引が問題視され、金融商取引法のルールによって規制されることになりました。

国内バイナリーオプションの取引ルール作りの経緯

2012年末:バイナリーオプション業者によるワーキンググループの設置
2013年:ワーキンググループによる自主規制の最終報告を提出
2013年7月3日:内閣府令による規制が導入される
2013年7月18日:金融先物取引業協会よりガイドラインが発表される
2013年8月1日:内閣府令により規制が実施される
2013年8月1日:現行ルールへのバイナリーオプション新規参入が不可能になる
2013年11月30日:現行ルールでのバイナリーオプションの完全停止

国内バイナリーオプションの取引ルール作りの経緯は、上記の流れで2012年末~2013年にかけてルール作りが行われました。

国内のバイナリーオプション業者では、ギャンブル性の高い取引を規制した代償として短時間での取引の自由度が低下したため、多くのバイナリーオプション投資家は、国内から海外のバイナリーオプション取引所へ流出することとなりました。

国内バイナリーオプションのルール改正・ルール変更について

上記のとおり、国内バイナリーオプション業者のルール改正・変更は2012年末~から2013年にかけて行われました。

それ以降から現在までは、国内バイナリーオプションでは大きなルール変更・ルール改正の動きはありません。

場合によっては今後、国内バイナリーオプションの取引ルールが見直される可能性もありますが、いまのところ現状の取引ルールに変更の予定はない。といった感じです。

国内バイナリーオプション業者と海外バイナリーオプション業者の取引ルール一覧

バイナリーオプション業者の取引ルール一覧:比較

国内バイナリーオプション業者の取引ルールを一覧で比較すると、下記のとおりです。

バイナリーオプション業者 国内/海外 提供取引ルール
ハイローオーストラリア 海外 ハイロー取引
スプレッド取引
GMOクリック証券 国内 ラダー取引
FXプライムbyGMO 国内 ラダー取引
FXTX:ゴールデン・ウェイ・ジャパン 国内 ラダー取引
レンジ取引
タッチ取引
みんなのオプション 国内 ラダー取引
レンジ取引
ヒロセ通商 国内 ラダー取引
IG証券 国内 ラダー取引
YJFX!:オプトレ! 国内 ラダー取引
レンジ取引

全体としてみると、国内では多くのバイナリーオプション業者がラダー取引のみを提供しており、提供しているサービスの内容も似ていますね。

海外・国内で人気のあるバイナリーオプション業者

ちなみに、海外と国内でそれぞれ人気のあるバイナリーオプション業者は、下記のとおりです。

海外のバイナリーオプション業者であれば「ハイローオーストラリア」
国内のバイナリーオプション業者であれば「GMOクリック証券:外為オプション」

バイナリーオプションで勝つための取引ルール

バイナリーオプションで勝つための取引ルール

バイナリーオプションの取引業者のルールだけでなく、バイナリーオプションで勝つための取引ルールについて解説します。

この記事の信頼性

ちなみに、この記事を書いている僕はバイナリーオプションの専業で、5年間の平均勝率70%を出していますので、記事の信頼性はあると思います。

 バイナリーオプションで勝つための取引ルール

・取引ルール①:テクニカル分析で為替チャートを分析する。
・取引ルール②:取引の優位性を検証する。
・取引ルール③:勝率の低いポイントでむやみにエントリーしない。

バイナリーオプションで勝つために必要な基本となる取引ルールは、上記の3つだけです。

上記の3点に気を付けて取引をするだけで、あなたもバイナリーオプションの勝率60%以上を目指せるレベルになるはずです。

それぞれの取引ルールについて、くわしく解説します。

取引ルール①:テクニカル分析で為替チャートを分析する。

MT4という為替チャート分析ソフトで、チャート分析をおこないましょう。

バイナリーオプションの勝率を上げるためには、テクニカル分析による為替チャートの分析が効果的です。

チャート分析をせずに自分の感覚で取引していると、「なんとなく」という理由で取引にエントリーしてしまいがちですが、テクニカル指標でチャート分析をすれば、エントリーの理由が明確になります。

ちなみに、為替チャート分析ソフトのMT4は、無料で利用することができます。

⇒バイナリーオプションのインディケーター(テクニカル指標)の種類と使い方

取引ルール②:取引の優位性を検証する。

バイナリーオプション取引で勝つためには、取引の優位性を検証することが必須ですね。

取引の優位性を検証するためには、MT4の”バックテスト機能”を利用すると便利です。

MT4のバックテストを利用すれば、過去の為替チャートに基づいてソフトウェアが自動的にエントリーポイントの優位性を示してくれますので、ぜひ活用してみてください。

取引ルール③:勝率の低いポイントでむやみにエントリーしない。

バイナリーオプションで勝つために優先すべきなのが、「取引回数」よりも「勝率」なんですよ。

「取引回数」を増やしても、「勝率」が低いポイントでエントリーしてしまうと、合計の利益が減るんです。

逆に、「取引回数」が少なくても「勝率」が高ければ、合計の利益は大きくなりますよ。

⇒バイナリーオプションで失敗しない方法を解説します。

 

バイナリーオプションの取引ルール:まとめ

まとめ

バイナリーオプションの取引ルール。

バイナリーオプションと言えば「ハイロー取引」が有名ですが、実はハイロー取引を提供しているバイナリーオプション取引所は海外のバイナリーオプション業者だけなんですよね。

国内のバイナリーオプション業者の取引ルールは、”目標価格”を設定する「ラダー取引」が主流です。

それ以外にも、スプレッド取引、レンジ取引、タッチ取引、など…。様々な取引ルールがある事がわかりました。

 

バイナリーオプション取引と言えば、海外バイナリーオプション業者の「ハイローオーストラリア」が一番有名ですが、国内業者の「ラダー取引」「レンジ取引」「タッチ取引」にも、一度挑戦してみるのがいいかもしれませんね。

 

Japanese all-rounder ただ今ショウ公式LINE@【ID:@398rvldx】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント!