バイナリーオプション初心者でも勝てる!おすすめの攻略法とは

バイナリーオプション
【会員数600人突破】寝ながらスマホでポチるだけで資金2万円を1週間で400万円まで増やせる。 史上最強即金システムついに解禁!

バイナリーオプションで初心者が勝つ方法

月50万円以上をバイナリーオプションで稼ぐノウハウ

このページで解説している内容

  • バイナリーオプションで初心者が勝つための方法・やり方
  • バイナリーオプションで初心者でも勝つためのコツ

上記の内容をくわしく解説します。

 

先日初心者でもバイナリーで勝つことができる趣旨のインスタをあげました。

View this post on Instagram

今裁量を教えている教え子さんですが、 まだバイナリーを始めて1ヶ月。 もぎたてフルーツのような初心者ですが、 裁量のコツをつかむことでスタートダッシュを切ることができました。 #バイナリーオプション #バイナリー #BO #バイナリーオプション #ニートトレーダー #ニートトレーダーユウ #自動売買 #AIトレード #裁量トレード #trade #インジケーター #ボリンジャーバンド #RSI #裁量トレード #自動売買システム #バイナリーオプション配信 #バイナリーオプション初心者 #ハイロー #ハイローオーストラリア #デモトレード

A post shared by ショウ (@zhenye.sanshang) on

 

バイナリーオプションで初心者が勝つための条件とは?

バイナリーオプションで初心者が勝つためには条件があります。

バイナリーオプションで勝つための理由をしっかり理解して対策すれば、初心者でもバイナリーオプションで勝てるようになります。

 

ちなみに、このページを書いている僕はバイナリーオプションで月7桁以上の利益を稼いでいます。

▼▼信頼性担保のため、僕のノウハウはすべて公開しています。▼▼

 

というわけで、「バイナリーオプションで初心者が勝つためのコツ・条件」について解説をおこないます。

 

Contents

バイナリーオプションで初心者が勝つための条件・勝つコツ

どうすれば勝てるようになる?

まずは、初心者がバイナリーオプション勝つための条件・コツ・対策を解説します。

初心者がバイナリーオプションで勝つための条件

  • 為替レートの値動きを理解する。
  • 勝てない時間帯に取引をおこなわない。
  • 時間帯ごとの値動きの違いを理解する。
  • 適切な資金管理をする。
  • 投資のメンタルを鍛える。

初心者がバイナリーオプションで勝つための条件は、上記のとおりです。

それぞれ、「勝つためのコツ・条件」をについてくわしく解説していきます。

 

為替レートの値動きを理解する。

バイナリーオプションで勝つには必須です。

バイナリーオプションで勝つには為替レートの値動きを理解することが必須です。

為替レートの値動きを理解する方法

  • ①まずは、値動きの基本的な仕組みを理解する。
  • ②チャートの方向性(トレンド)を理解する。
  • ③正しいエントリーのタイミングを理解する。

それぞれ、順番に解説します。

 

①まずは、値動きの基本的な仕組みを理解する。

最初から一番重要なポイントについて解説します。

バイナリ―オプション初心者が勝つための第一の条件は、値動きの基本的な仕組みがを理解することです。

ですから、値動きの基本的な仕組みを理解するために、まずは理解しておくべきなのが「ダウ理論」です。

※ダウ理論とは:

19世紀末に「チャールズ・ダウ」が提唱した相場理論で、「すべてのテクニカル分析の基礎」として現在でも多くの投資家から支持されている。ダウ理論を理解することで、あらゆる相場の値動きの基本理解することができます。

つまり、ダウ理論を理解することで、「為替レートの値動きの基本的な仕組み・法則性」を理解することができます。

 

というワケで、バイナリーオプションで勝てるようになるために、まずはダウ理論「6つの基本原則」について解説します。

 

「ダウ理論」の6つの基本原則

「ダウ理論」は、6つの基本原則から構成され、下記のとおりです。

「ダウ理論」6つの基本原則:

少し難しそうに見えるかもですが、それぞれの原則を、バイナリーオプションに当てはめて具体的に解説します。

※ダウ理論が理解できれば、バイナリーオプションの値動き理解できます。

 

原則①:価格はすべての事象を織り込む。

価格というのは、バイナリーオプションで言えば「為替レート」の事ですね。

すべての事象というのは、「投資家心理」「国家の財政・経済」「その他の為替レートに影響を与えるすべてのもの。」という意味です。

  • つまり、「現在の為替レートの価格は、世界中で起こっているすべての事象を反映した結果である。」という意味です。

このことから、逆説的に「為替レートの値動き」さえわかれば、「現在世界中で起こっているすべての事象の価格への影響を理解することができる。」

つまり、「テクニカル分析」の根拠となる原則です。

 

原則②:トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される。

つまり、図に表すと、こんな感じです。

長期では上昇トレンドを継続していても、中期では上昇トレンドと下降トレンドがあり、さらに、中期トレンドの中に短期トレンドがある。という意味です。

※ちなみに、トレンドとは「価格の方向性」をあらわし、下記の感じです。

トレンドとは?

  • 上昇トレンド:安値を切り上げ、高値も切り上げる相場。
  • 下降トレンド:安値を切り下げ、高値も切り下げる相場。

 

原則③:主要なトレンドは3つの段階から形成される。

ダウ理論の原則③は、下記のとおりです。

主要なトレンドは3つの段階から形成される。

  • ①先行期:一部の投資家が買い占めをする段階。ほとんどの小口の投資家はこの段階ではトレンドに気付かない。
  • ②追随期:明確な上昇トレンドが発生して、小口投資家もトレンドに追随して買いを入れる。
  • ③利食い期:①先行期で買い占めをしていた投資家が、利食いを始めて価格が急落する。②追随期で買いに入っていた投資家も売り抜けるため、さらに価格が下落する。

ダウ理論はすべての相場の基礎となる理論であり、バイナリーオプションの為替チャートにもこの値動きが当てはまります。

この、「①先行期」⇒「②追随期」⇒「③利食い期」への値動きは、「短期・中期・長期」、すべてのトレンドで発生します。

 

原則④:価格は相互に確認される必要がある。

簡単に言うと、「USD/JPY」と「EUR/AUD」などの価格は相互に影響を及ぼし合っている。という意味です。

それぞれの通貨ペアの「価格」は相互に影響を及ぼし合っているので、1つの価格に注目するのではなく、全体の値動きを捉える必要がある。という意味です。

トレーダーが何枚も画面を並べて多数のチャートを確認するのは、このためです。

 

原則⑤:トレンドは出来高でも確認されなければならない。

原則③で示したように、主要なトレンドは「①先行期⇒②追随期⇒③利食い期」の流れで出来高を伴って変動します。

そのため、主要なトレンドを確認するには値動きだけでなく「出来高」まで確認するようにしましょう。

 

原則⑥:トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する。

繰り返しになりますが、「トレンド」とは、下記のとおり。

  • 上昇トレンド:安値を切り上げ、高値も切り上げる相場
  • 下降トレンド:安値を切り下げ、高値も切り下げる相場

つまり、図に表すと、こんな感じです。

▼▼上昇トレンド▼▼

▼▼下降トレンド▼▼

これを、明確に否定した時。つまり、「安値を切り上げなかった時」または、「高値を切り下げなかった時」が「トレンドの終焉」となります。

▼▼上昇トレンドの終焉「安値の切り下げ」▼▼

▼▼下降トレンドの終焉「高値の切り上げ」▼▼

 

以上が、基本的な値動きのパターンです。

バイナリ―オプションで勝つためには、まずは上記のパターンを頭に叩き込んでみてください。「ダウ理論」を理解するだけでも勝率は格段に上がると思います。

 

②チャートの方向性(トレンド)を理解する。

つづいて、チャートの方向性(トレンド)について解説します。

「ダウ理論」は、相場の値動きを理解するための「基本」ですが、バイナリーオプションの「実践」においては「ダウ理論」のパターンには当てはまらない、イレギュラーな値動きをすることがあります。

すると、安値の切り下げ、高値の切り上げだけでは、トレンドを判断するのが難しくなります。

そこで、役に立つのが「移動平均線(MA)」です。

 

移動平均線(MA)の使い方

移動平均線(MA)は、過去のローソク足の平均値を計算してその推移をチャート上に示したもので、最も多くのトレーダーに使われているトレンド系指標です。

なぜなら、移動平均線(MA)を見れば、簡単に相場の方向性(トレンド)判断することができるからです。

※まれに、移動平均線での抵抗やサポートを見ている人がいるのですが、移動平均線のタッチは根拠としては非常に弱いので、移動平均線をエントリーの根拠とするのは危険です。

移動平均線は単純に相場の方向性(トレンド)をあらわすもの(トレンド系インジケーター)として使いましょう。

 

移動平均線の期間について

移動平均線の期間はどうすればいいか?と言えば、バイナリーオプションでエントリーする期間に応じて、短期・中期・長期の移動平均線(MA)を使い分ければOKです。

どの移動平均線を入れれば分からないという場合は、GMMA(Guppy Multi Moving Average:複合型移動平均線)というインジケーターを利用すれば、短期・中期の移動平均線を一度に12本表示することができます。

 

大事なのは、相場の方向性(トレンド)に従うことです。

ダウ理論の原則②にあるように、トレンドは短期・中期・長期があり、長期トレンドは中期トレンドを織り込み、中期トレンドは短期トレンドを織り込みます。

つまり、「短期で下落トレンドでも、中期では上昇トレンド。」「中期で下落トレンドでも、長期では上昇トレンド。」という状況が起こります。

 

③正しいエントリーのタイミングを理解する。

ダウ理論と移動平均線を使うだけでも相場の方向性を理解して勝率を上げることができますが、超短期の値動きを分析して「ピンポイント」でエントリーするには、オシレーター系指標(インジケーター)が重要となります。

※オシレーターというのは、「振り子」や「振れ幅」という意味で、オシレーター系指標は振り子のように揺れ動いて、相場の「買われすぎ」や「売られすぎ」を表示する指標です。
例えば、RSIです。

RSIというのはRelative Strength Index:相対力指数の事で、直近の一定期間において「下落」または「上昇」のどちらが強いのかを示す指標です。

使い方は一般的な30以下で売られすぎと判断して「買い」、70以上で買われすぎと判断して「売り」でOKです。

もちろん、オシレーター系指標単体で利用すると「ダマシ」も多いですが、このページで解説しているノウハウとセットで利用すれば、ダマシを避けられます。

 

ちなみに、オシレーター系指標は逆張り手法で使われることが多いですが、順張り手法でも利用できます。

※順張り手法なら、30以下で売られすぎの場合には買うことを避け、70以上で買われすぎの場合には売ることを避ける。という感じです。

 

抵抗線・支持線を引く

為替チャートを見ていると、ダウ理論・トレンド系指標・オシレーター系指標で観測した方向とは逆向きに、予想外の値動きをすることがあります。

こういった場合には、節目となる「抵抗線」「指示線」に価格がぶち当たっている可能性があります。

「抵抗線」や「支持線」というのは、例えば、直近の高値・安値や前日の高値・安値または価格の節目となるラインなど。

※多くの人が意識している価格水準(ライン)に近づくと、抵抗して反発することが多いです。

 

抵抗線・支持線を引こう

抵抗線・支持線をわかりやすく意識するために、チャート上にラインを引いてトレードを行うのが「ライントレード」です。

ラインを引くときに重要なのは、「多くのトレーダーが意識しているライン」に線を引くことです。

なぜなら、「多くの人が意識しているラインに近づくと、抵抗して反発することが多いから」です。

 

意識されているラインを見極める方法

意識されているラインを見極めるには、OANDAの提供している「オープンオーダー」を利用すると便利です。

オープンオーダーとは、「OANDAを利用している顧客の買い注文・売り注文のデータが可視化されて見えるようになっている。」という意味です。

▼▼こんな感じです。▼▼

その価格にどれだけの注文が並んでいるのか?が「オレンジ」と「ブルー」の線グラフでチャート上に表示されています。

つまり、「買い注文」または「売り注文」がたくさん並んでいるポイントが、「多くの投資家に意識されている価格。」ということになります。

 

オープンオーダーを利用するには?

オープンオーダーの利用方法は、下記のとおりです。

※OANDAのオープンオーダーは、OANDAのアカウントをお持ちであれば無料で利用することができます。

※ただし、無料利用の場合はオープンオーダーの更新が20分おきとなるため、本格的にオープンオーダーの機能を活用するにはUSDで50万通貨以上の取引が必要となります。

抵抗線・支持線にラインを引いて可視化しておくことで、逆張りでは「ラインでの反発狙い」、順張りでは「ライン付近でのエントリーを避ける」ことで、予期せぬパターンを避けることができます。

 

バイナリ―オプションで勝てない時間帯に取引をしない。

バイナリ―オプション初心者が勝つためのコツ・条件の一つとして「バイナリーオプションで勝てない時間帯に取引をしない。」というものがあります。

バイナリ―オプションで勝てない時間帯

バイナリーオプションで勝てない時間帯というのは、下記の2つです。

  • 経済指標の時間帯
  • 要人発言の時間帯

それぞれ、順番に解説をおこないます。

 

経済指標の時間帯

経済指標とは、各国の政府、中央省庁、中央銀行などが国家の経済状況を統計して数値化したものです。

(例:景気指数、政策金利、物価指数、貿易指数、など。)

経済指標の発表による為替レートへの影響は、発表される指標の重要性によって異なりますが、指標発表の前後30分~1時間程度相場の値動きが激しくなり、テクニカル分析とは異なる値動きとなります。

そのため、重要経済指標の発表の前後ではバイナリーオプションでは勝ちにくい時間帯となります。

 

経済指標発表の時間帯はあらかじめ決まっている。

経済指標の発表は、ほぼ毎日発表がありますが、指標の発表時刻はあらかじめ決まっているため、「Yahoo!ファイナンス」などの情報サイトで事前に確認しておけば、指標の時間を避けることができます。

 

要人発言の時間帯

要人発言とは、国政や国の経済に大きな影響力のある人物からの発言があると、発言内容によって為替レートが大きな影響を受けます。

(例:重要国の大統領、総理大臣、中央銀行総裁、財務大臣の発言など。)

ただし、要人発言に関しては経済指標のようにあらかじめ時間が定められておらず、突発的に発表されることもあるため、常にTwitterなどで最新の動向をチェックしておいた方がいいですね。

上記の時間帯を避ける事で、バイナリーオプションの勝率があがります。

 

時間帯ごとの値動きの違いを理解していない。

為替市場は基本的に24時間動き続けていますが、時差の関係で時間帯により市場参加者が入れ替わるため、それぞれの時間帯毎に値動きが異なります。

バイナリ―オプションで勝つためには、「世界3大市場」の時間帯ごとの値動きを理解しておくべきなので、解説します。

 

世界3大市場の時間帯とは?

世界3大市場の時間帯というのは、下記のとおりです。

  • 東京時間:朝の9:00~夕方の17:00まで
  • ロンドン時間:夕方の17:00~深夜1:00まで
  • ニューヨーク時間:夜の22:00~明け方6:00まで

上記の時間帯によって、値動きの特徴が異なります。

 

主な値動きの特徴

特徴として、東京時間は市場参加者が比較的少なく、値動きも穏やかで方向感のないレンジ相場になりやすい。つまり、逆張りエントリーに向いている相場です。

東京時間を過ぎて、ロンドン時間、ニューヨーク時間になるとアメリカ・ヨーロッパの金融機関が取引に参入して取引が活発になります。そのため、値動きも活発になり、トレンドが発生しやすい。

つまり、ロンドン時間以降は順張りエントリーに向いている相場です。

勝率アップのために、覚えておきましょう。

 

バイナリ―オプションで初心者が勝つためのコツ・条件:まとめ

まとめ

このページでは「バイナリーオプションで初心者が勝つためのコツ・条件」について詳しく解説をおこないました。

このページで解説した内容

このページで解説した内容は、下記のとおりです。

バイナリーオプションで初心者が勝つためには、このページで解説した内容を踏まえたうえで、値動きに翻弄されず冷静にエントリーをする必要があります。

バイナリーオプションはギャンブルではなく「仕事」として本気で取り組むなら、徐々に相場への理解も深まっていくと思います。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Japanese all-rounder ただ今ショウ公式LINE@【ID:@398rvldx】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント!