ハイローオーストラリアの取引可能時間/時間帯ごとの特徴と攻略方法

ハイローオーストラリア
【会員数600人突破】寝ながらスマホでポチるだけで資金2万円を1週間で400万円まで増やせる。 史上最強即金システムついに解禁!

ハイローオーストラリアの取引時間
時間帯ごとの特徴と攻略方法

どうもこんにちは。
バイナリーオプショントレーダー「ショウ」です。

このページでは、下記の2点について解説します。

このページで解説している内容

  • ①ハイローオーストラリアの取引時間の詳しい情報
  • ②取引時間帯ごとの値動きの特徴と、攻略方法

それぞれ、順番に解説していきます。

 

ハイローオーストラリアの取引時間

ハイローオーストラリアの取引可能時間は、公式サイトにも記載されているとおり、下記のようになっています。

ハイローオーストラリアの取引時間

平日のAM7:00~翌朝AM6:00まで

※土日、オーストラリアの祝日は休み

ちなみに、ハイローオーストラリア平日のAM6:00~AM6:45までが、メンテナンス時間となります。

具体的には、オーストラリアの祝日をご覧ください。

ハイローオーストラリアの基本の取引時間は上記のとおりですが、取引の種類によって取引可能時間帯が違ってきますので、くわしく解説していきます。

 

ハイローオーストラリアの取引時間は、取引方法により違う。

ハイローオーストラリアの取引時間は、平日のAM7:00~翌AM6:00までとなっているが、細かく言えば、取引タイプにより取引可能時間帯は違いがありますね。

 

ハイローオーストラリア:ハイロー取引の取引可能時間

ハイローオーストラリア:ハイロー取引/ハイロースプレッド取引の、取引時間は下記のとおりです。

ハイロー取引/ハイロースプレッド取引

15 分判定(短期) AM8:00~翌朝AM6:00
15分判定(中期) AM8:05~翌朝AM5:50
15分判定(長期) AM8:10~翌朝AM5:55
1時間判定 AM8:00~翌朝AM6:00
1日判定(1営業日) AM7:00~翌朝AM6:00

※オーストラリアの祝日を除く。

取引時間がAM7:00からと言えど、AM7:00から取引できるのは、判定時間が1日の「1日取引(1営業日)」のみとなっています。

その他のほとんどは、AM8:00からの取引が可能となりますよ。

 

ハイローオーストラリア:ターボの取引時間

ハイローオーストラリア:ターボ取引/ターボスプレッド取引の、取引時間は下記のとおり。

ターボ取引/ターボスプレッド取引

平日のAM8:00~翌朝AM5:00まで

※オーストラリアの祝日を除く

ターボ取引/ターボスプレッド取引は、30秒,1分,3分,5分のそれぞれ、AM8:00~翌朝AM5:00までの取引時間帯となっています。

 

ハイローオーストラリア:窓口の営業時間

ハイローオーストラリアの窓口の営業時間は、取引可能時間とは違い、下記のとおりです。

ハイローオーストラリア:窓口の営業時間

平日のAM9:00~PM5:00まで

ユーザーサポートなどハイローオーストラリア窓口の営業時間は、取引可能時間帯とは違いますので、問い合わせの際にはご注意ください。

 

ハイローオーストラリア:取引時間外です

ハイローオーストラリアの取引時間外では、画面上に「取引時間外です。」と表示が出て、取引をすることができません。

ハイローオーストラリアの「取引時間外です。」と表示される理由は、下記のとおり。

取引時間外です。と表示される理由

  • ①土日で取引時間外だから
  • ②オーストラリアが祝日
  • ③取引時間外だから
  • ④年末年始だから

上記のとおり、よくある勘違いとして、『平日で取引しようとしたら、オーストラリアで祝日になっており休みだった。』というパターンがありますね。

ちなみに取引時間外には、ハイローオーストラリアのクイックデモ取引も利用することができません。

 

ハイローオーストラリア:年末年始の取引時間外

ハイローオーストラリアの年末年始の取引時間外は、下記のとおりです。

年末年始の取引時間外

  • 12月24日 AM2:00 ~ 12月27日 AM7:00
  • 12月31日 AM2:00 ~ 1月2日 AM3:00

年末年始の期間は、取引可能時間帯がいつもと違いますので、注意が必要ですね。

 

ハイローオーストラリアの祝日

ハイローオーストラリアでは、オーストラリアの祝日は取引時間外となります。

一般的なオーストラリアの祝日は、下記のとおりです。

ハイローオーストラリアの祝日

  • 1月1日 元旦(New Year’s Day)
  • 1月26日 オーストラリアの日(Australia Day)
  • 4月10日 グッドフライデー(Good Friday)
  • 4月12日 イースターサンデー(Easter Sunday)
  • 4月13日 イースターマンデー(Easter Monday)
  • 4月25日 アンザックデー(Anzac Day)
  • 12月25日 クリスマス(Christmas Day)
  • 12月26日 ボクシングデー(Boxing Day)

(※2020年版)

上記のとおり、オーストラリアの日や、イースター休暇など、日本には馴染みのない祝日もありますね。

ちなみに、日本の祝日でもハイローオーストラリアは普通に営業していますよ。

 

ハイローオーストラリア:取引時間による値動きの違い

ハイローオーストラリアの取引は、おもにUSD/JPY、EUR/USDなどの『為替レート』を予測する、バイナリーオプション取引です。

そして、『為替レート』を取引している市場参加者には、下記の2種類があります。

為替市場のおもな参加者

  • 投機筋:ヘッジファンド、投資信託、年金積立運用、個人投資家、など。
  • 実需筋:国際的な大企業や、輸出・輸入にかかわる貿易企業など。

ヘッジファンドなどの投機筋は、相場の変動から利益を得るために、為替レートの取引をおこなっています。

貿易企業などの実需筋は、ビジネスの決済に利用する通貨を調達するために、大金の外貨両替をおこないます。

これにより、実需筋のほうが、投機筋よりも相場にあたえる影響が大きくなります。

※相場への影響 投機筋:2割 / 実需筋:8割

ですから、ハイローオーストラリアで勝つためには取引時間帯が大事になってきますよ。

 

ハイローオーストラリア:おすすめの取引時間

ハイローオーストラリア取引するのにおすすめの時間帯を解説します。

ハイローオーストラリアは、為替レートの変動を予測して取引するバイナリーオプション取引ですので、為替レートを取引するヘッジファンドや貿易企業などの影響をおおきく受けますね。

ハイローオーストラリアの取引時間はAM7:00から翌朝AM6:00ですので、それぞれ順番に解説します。

おすすめの取引時間帯

取引時間:AM7:00~AM8:00

この時間帯はオセアニア市場のみがオープンしている時間帯であり、市場参加者が少ない。

取引は避けたほうがいい時間帯ですね。

取引時間:AM8:00~AM9:00

東京市場のオープンに向けて、市場がざわつき始める時間帯です。前日の米国株や為替のうごきを見た、トレンドフォロー型のうごきが多くなります。

取引時間:AM9:00~AM10:00

日本の株式市場がオープンし、取引の参加者が一気に増えて取引量がおおきくなります。

基本的に投機ではなく実需での動きとなりますので、テクニカルに関係なく売買がおおく、難易度は高めの時間帯です。

取引時間:AM10:00~AM11:30 おすすめ

この時間帯になると、値動きも落ち着いてきますので、ハイローオーストラリアを攻略できるおすすめの取引時間帯となります。

取引時間:AM11:30~PM2:00

この時間帯は市場の参加者が減り、値動きのすくなくなる時間帯です。トレンドが出にくく、材料がでたときには、イレギュラーに大きく動くことがあります。

取引時間:PM2:00~PM3:00

東京時間の終了にむけて、思惑でとりひきが動く時間帯になります。あえて狙うような時間帯ではない。

取引時間:PM3:00~PM4:00

ヨーロッパの市場が始まる前の時間帯ですが、ロシアや中東などの資金が動く値動きとなります。

極端なトレンドがでることも少なく、逆張りエントリーに適した時間帯ですね。

取引時間:PM4:00~PM5:00

この時間帯はヨーロッパの市場参加が増えてゆき、トレンド傾向がつよくなります。トレンドフォローの順張りエントリーに適した時間帯です。

取引時間:PM5:00~PM6:00

PM5:00~PM6:00の時間帯は、経済指標が多い時間帯であり、投機資金の思惑でうごく相場となります。

あまり積極的に狙う時間帯ではありませんね。

取引時間:PM6:00~PM9:00 おすすめ

この時間帯はロンドン市場が動いており、値動きが落ち着きやすく、順張り・逆張りどちらも狙いやすい相場となります。

ハイローオーストラリアの取引時間帯として、おすすめの時間となります。

取引時間:PM9:00~翌AM1:00

米国からの市場参加者がふえて、相場の流れが変化する時間帯です。これまでと違った値動きになるため、難易度が高い。

また、PM10:30に米国の経済指標がおおいので、積極的に狙う時間帯ではありませんね。

PM12:00頃までは、実需による値動きがおおきく、相場は安定しない取引時間帯となります。

取引時間:翌AM1:00~翌AM4:00

翌AM1:00~翌AM4:00までの時間帯は、ヨーロッパからの参加者が減り、相場が落ち着いてくる時間帯です。

とは言え、アメリカの昼時間ですから、要人発言などには気を付けたほうがいいですね。

どちらかと言えば、逆張りで勝ちやすい時間帯です。

というワケで、為替レートの値動きは時間帯ごとに違ってきます。ハイローオーストラリアでおすすめの取引時間帯は、下記の2つです。

おすすめの取引時間帯

  • ①AM10:00~AM11:30
  • ②PM6:00~PM9:00

この時間帯であれば、イレギュラーな値動きもすくなく、値動きが落ち着いていますので、ハイローオーストラリアでもおすすめの取引時間帯ですね。

 

ハイローオーストラリア:取引時間帯ごとの攻略法

ハイローオーストラリアの取引時間帯ごとの攻略法としては、下記のとおりです。

取引時間帯ごとの攻略法

①東京時間:9:00~17:00

クロス円の通貨ペアの取引が活発になる時間帯であり、値動きが夜にくらべて少ない。ライントレードによる逆張りエントリーが有効となる。

②ロンドン時間:16:00~24:00

ロンドン時間ではすべての通貨の値動きがおおきくなり、ラインブレイクが発生しやすい。値動きがおちつく18:00~21:00頃が狙い目となる。

③ニューヨーク時間:21:30~翌朝6:00

米国ドルを中心に値動きがさらに大きく、トレンド傾向のつよい相場となる。値動きが落ち着くAM1:00以降をねらい、トレンドフォーローの逆張りエントリーが有効となる。

東京時間、ロンドン時間、ニューヨーク時間、それぞれの値動きの特徴を覚えておくといいですね。

 

ハイローオーストラリア:取引時間の変更について

ハイローオーストラリアでは、ヨーロッパやアメリカでの夏時間にともない、取引時間が夏の間だけ変更になることがあります。

ただし、夏時間で取引時間が変更になるのは、下記のとおり。

夏時間による取引時間の変更

ヨーロッパの夏時間による取引時間の変更:
UK100 , FRA40 & GER30

アメリカの夏時間による取引時間の変更:
NAS100 , S&P500 & US30 , USOIL , UKOIL , ゴールド

ヨーロッパやアメリカの夏時間により取引時間が変更になるのは、株価指数のオプション取引や、コモディティ指数のオプション取引だけですね。

為替レートの取引をするなら、あまり関係なしです。

ハイローオーストラリアの取引時間の変更のお知らせは、マイページ内から確認することができますよ。

 

ハイローオーストラリア:取引時間外でも利用できるサービス

ハイローオーストラリアの取引時間外でも利用できるサービスは、下記のとおりです。

取引時間外でも利用できるもの

  • ①新規口座の開設
  • ②口座への入金
  • ③口座からの出金

ビットコイン入金やクレジットカード入金であれば、土日や祝日でも即時反映されます。

銀行口座からの入金であれば、土日や祝日は銀行がお休みなので、翌営業日での着金となりますが、入金指示は可能です。

※ただし、土日にハイローオーストラリアの大型メンテナンスが入る場合には、すべての機能が利用できなくなります。

ハイローオーストラリアの口座開設方法については、リンク先のページでくわしく解説しています。

 

ハイローオーストラリア:取引時間外にできること

ハイローオーストラリアの取引時間外にできる事として、下記のとおりです。

取引時間外にできること

  • ①取引結果のふり返り
  • ②勝率の集計
  • ③MT4によるチャート分析

ハイローオーストラリアが取引時間外でも、今週の取引のふり返りや、勝率の計算など、トレードの反省をすることができます。

また、チャート分析ソフトMT4を利用すれば、ハイローオーストラリアの取引時間外でも、チャート分析をすすめることができますね。

具体的には、バイナリーオプションのボリンジャーバンド攻略法のページで解説しています。

 

ハイローオーストラリアの取引時間:まとめ

このページで解説した内容は、下記のとおりです。

このページで解説した内容

  • ①ハイローオーストラリアの取引時間は、おおむねAM8:00~翌朝AM5:00まで。
  • ②土日とオーストラリアの祝日、年末年始はおやすみ。
  • ③取引時間ごとに、値動きに特徴がある。

こんなところですね。

ハイローオーストラリアの時間帯ごとの攻略方法については、少しむずかしい部分もあるかもしれませんが、重要なポイントですので、かならず理解しておきましょう。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。