【必見】バイナリーオプション取引の仕組みを0から100まで解説【利益が儲かる理由】

バイナリーオプション
【会員数600人突破】寝ながらスマホでポチるだけで資金2万円を1週間で400万円まで増やせる。 史上最強即金システムついに解禁!

バイナリーオプション取引の仕組みとは?
【利益が儲かる理由】

どうもこんにちは。

バイナリーオプショントレーダーの「ショウ」です。

 

このページで解説している内容

 

このページで解説している内容は、下記のとおりです。

バイナリーオプションの初心者「バイナリーオプション取引の仕組みとは、どんな仕組みなんだろう?バイナリーオプション取引の基本的な仕組み・利益が儲かる理由が知りたい。」

こういった疑問にお答えします。

 

ショウ
ちなみに、このページを解説している僕は、バイナリーオプションのプロトレーダーですので、この記事の信頼性はあると思います。

 

それでは、解説をおこないます。

Contents

バイナリーオプション取引の仕組みとは?【利益が儲かる理由】

というワケで、このページでは【バイナリーオプション取引の基本の仕組み】から、【バイナリーオプション取引で儲かる理由】まで徹底的に解説していきます。

 

オプション取引の仕組みとは?

バイナリーオプション取引の仕組みを理解するには、まずは【オプション取引】について理解しておく必要があります。

 

【オプション取引】とは何か?というと、下記のとおりです。

【オプション取引とは?】

特定の原資産(株やFXなど)に対して、あらかじめ決めておいたルールに従って行使することができる”オプション権利”を取引する。

 

たとえば、株式取引では、原資産である”株式”を直接取引しているワケですが、【オプション取引】の場合には、”株価が〇〇円になった時に購入する権利”のように、特定の条件にもとづいて行使することができる【オプション権利】を取引しているのです。

 

バイナリーオプション取引の仕組みとは?

特定の条件にもとづいて行使することができる”オプション権利”を取引するのが【オプション取引】であることを解説しましたが、【バイナリーオプション取引】の仕組みとは?どんなものでしょうか。

 

その仕組みは、下記のとおりです。

【バイナリーオプション取引の仕組み】

バイナリー(2進数:2択)の条件から、”オプション権利”を購入できるタイプのオプション取引。

 

具体的には、株式やFXなどの原資産の価格変動に対して、”〇〇円になったら、2倍の払い戻しを受けることができる。”といった行使条件のついた【オプション権利】を取引するのが、バイナリーオプション取引の仕組みです。

 

よくあるバイナリーオプション取引の仕組み

よくあるバイナリーオプション取引の仕組みとして、下記のとおりです。

【よくあるバイナリーオプション取引の仕組み】

目標価格よりも「上か?」または「下か?」の2択で選択する。

【オプション権利の内容】

  • 予測が当たれば、2.0倍の払い戻しを受けられる。
  • 予測が外れれば、掛け金がゼロになる。

という条件の【オプション権利】を取引する仕組みですね。

 

バイナリーオプション取引の基本的な仕組み:取引の流れ

バイナリーオプション取引の基本的な仕組み:取引の流れとして、下記のとおりです。

【バイナリーオプション取引の基本的な仕組み】

  • ①相場の変動を予測して、投資をする。
  • ②予測があたれば、資金が増える。
  • ③予測が外れれば、資金を失う。

 

それぞれ、順番に解説します。

①相場の変動を予測して、投資をする。

バイナリーオプション取引とは、オプション取引という【投資】の一種であり、相場の変動を予測して、投資をおこないます。

 

実際のバイナリーオプションの取引画面は、下記の感じです。

【バイナリーオプション取引画面】

  • ①価格の値動きをあらわす「チャート」
  • ②オプションの購入画面

 

上記のとおり、バイナリーオプション取引では、USD/JPYなどの外国為替の値動きの変動が、「上に行くのか?」「下に行くのか?」を予測して、取引をおこないます。

 

②予測があたれば、資金が増える。

バイナリーオプション取引の仕組みを理解するには、実際に取引をしてみるのが一番わかりやすいと思います。

 

というワケで、実際にバイナリーオプションのデモ取引で、USD/JPYのオプション権利を購入してみると、こんな感じです。⇩

【実際にバイナリーオプションを購入】

  • 赤丸のポイントで、【HIGH】の方向に、¥5,000円分のオプション権利を購入してみました。

【取引の条件は、下記のとおりです。】

  • 通貨ペア:USD/JPY
  • 取引時間:30秒取引
  • 取引業者:ハイローオーストラリア

 

購入から30秒が経過し、【判定時刻】が来ると、下記のとおりです。

【バイナリーオプション取引結果】

  • 購入したオプション:HIGH、¥5,000円分
  • 払い戻し金額(ペイアウト):¥9,750円
  • 収支:+¥4,750円

 

というワケで、今回は【HIGH】に変動すると予測し、予測が当たりましたので、【+¥4,750円】の収益をゲットすることができました。

 

③予測が外れれば、資金を失う。

バイナリーオプション取引は、予測が当たれば資金が増えますが、予測が外れれば資金を失います。

 

というワケで、今度は【LOW】方向にエントリーしてみると、こんな感じです。

【実際にバイナリーオプションを購入】

  • 赤丸のポイントで、【LOW】の方向に、¥5,000円分のオプション権利を購入してみました。

【今回の取引条件は、下記のとおりです。】

  • 通貨ペア:USD/JPY
  • 取引時間:30秒取引
  • 取引業者:ハイローオーストラリア

 

購入から30秒が経過し、【判定時刻】が来ると、下記のとおりです。

【バイナリーオプション取引結果】

  • 購入したオプション:HIGH、¥5,000円分
  • 払い戻し金額(ペイアウト):¥0円
  • 収支:-¥5,000円

 

今回は【LOW】方向にエントリーし、予測が外れたので、投資金額の¥5,000円が¥0円になり、収支は-¥5,000円の赤字となりました。

 

というワケで、バイナリオプション取引の基本的な仕組みとは、下記のとおりです。

【バイナリーオプションの基本的な仕組み】

  • 予測が当たれば、資金が増える。
  • 予測が外れれば、資金がゼロになる。

 

バイナリーオプションの基本的な仕組みとは、
上記のとおりです。

 

バイナリーオプション取引の種類による違いとは?【仕組みを解説】

バイナリーオプション取引には、【5種類の取引方法】があり、それぞれ仕組みが違います。⇩

【バイナリーオプションは5種類ある】

  • ハイロー取引
  • ラダー取引
  • スプレッド取引
  • レンジ取引
  • タッチ取引

 

意外と知られていない事実ですが、知っておいたほうがおトクです。

というワケで、それぞれの仕組みを解説します。

 

バイナリーオプション:ハイロー取引の仕組み

バイナリーオプション:ハイロー取引の仕組みは、下記のとおりです。

【バイナリーオプション:ハイロー取引の仕組み】

  • 基準価格:現在価格が基準
  • 取引内容:HIGH or LOW
  • ペイアウト倍率:1.85倍 ~ 2.0倍

 

バイナリーオプション取引の中でも最も基本となるのが、この「ハイロー取引」ですね。

 

「ハイローオーストラリア」などの海外業者で一般的に採用されている方式です。

 

ハイロー取引の仕組みの特徴として、下記のとおりです。

【ハイロー取引の仕組み・特徴】

  • ”現在価格”が基準となる。
  • 上か?下か?の2択で選択する。

 

バイナリーオプション:ラダー取引の仕組み

バイナリーオプション:ラダー取引の仕組みとして、下記のとおりです。

【バイナリーオプション:ラダー取引の仕組み】

  • 基準価格:ラダーの価格が基準
  • 取引内容:HIGH or LOW
  • ペイアウト倍率:1.0倍 ~ 20.0倍 ていど

 

バイナリーオプションの国内業者で最も主流なのが、この「ラダー取引」です。

 

ハイロー取引とは違い、目標価格となる【ラダーの価格】を基準としている点に違いがあり、現在価格よりも離れた位置に目標価格を設定することにより、【ペイアウト倍率の幅が大きい】のが特徴です。⇩

 

【ラダー取引の仕組み・特徴】

  • ”ラダー価格”が基準となる。
  • ラダーは複数の価格から、選択できる。
  • 上か?下か?の2択で選択する。
  • ペイアウト倍率の幅が大きい。

 

バイナリーオプション:スプレッド取引の仕組み

バイナリーオプション:スプレッド取引の仕組みとして、下記のとおりです。

【バイナリーオプション:ハイロー取引の仕組み】

  • 基準価格:現在価格+スプレッド
  • 取引内容:HIGH or LOW
  • ペイアウト倍率:2.0倍 ~ 2.20倍

 

バイナリーオプション:スプレッド取引では、現在価格の上下にスプレッド(価格幅)が用意されており、その価格幅(スプレッド)を越えて、上に行くか?下に行くか?を予測する取引です。

 

価格幅がある分、ハイロー取引よりも予測が難しく、ペイアウト倍率もハイロー取引より少し高めに設定されているのが特徴です。⇩

 

【スプレッド取引の仕組み・特徴】

  • ”現在価格+スプレッド”の価格が基準となる。
  • 上か?下か?の2択で選択する。
  • ハイロー取引よりも、ペイアウト倍率が少し高い。

 

バイナリーオプション:レンジ取引の仕組み

バイナリーオプション:レンジ取引の仕組みとして、下記のとおりです。

【バイナリーオプション:レンジ取引の仕組み】

  • 基準価格:目標レンジ(一定の価格範囲)が基準
  • 取引内容:レンジイン or レンジアウト
  • ペイアウト倍率:1.0倍 ~ 10.0倍 ていど

 

国内のバイナリーオプション業者でも、特定の業者のみが採用しているのが、この「レンジ取取引」の仕組みです。

 

レンジ取引の特徴は、下記のとおりです。

【レンジ取引の仕組み・特徴】

  • ”目標レンジ(価格範囲)”が基準となる。
  • レンジに入るか?レンジから出るか?の2択で選択する。
  • 目標レンジは、複数の価格範囲から、選択できる。

 

バイナリーオプション:ワンタッチ取引の仕組み

バイナリーオプション:ワンタッチ取引の仕組みとして、下記のとおりです。

【バイナリーオプション:ワンタッチ取引の仕組み】

  • 基準価格:目標レートが基準
  • 取引内容:タッチ or ノータッチ
  • ペイアウト倍率:1.0倍 ~ 10.0倍 ていど

 

国内業者の中でも、一部の業者が採用しているのが、この「ワンタッチ取引」です。

 

ワンタッチ取引の仕組みの特徴は、下記のとおり。⇩

【ワンタッチ取引の仕組み・特徴】

  • ”目標レート”が基準となる。
  • タッチするか?タッチしないか?の2択で選択する。
  • 目標レートは、複数のレートから選択できる。

 

上記のとおり。
バイナリーオプション取引の種類は5種類あり、それぞれ取引の仕組みが違いますね。

 

バイナリーオプション取引の業者が儲かる仕組み

 

バイナリーオプション取引は、顧客と業者の【相対取引】であり、単純に言えば、下記の公式が成り立ちます。

業者の儲け = 顧客の損失

 

そして、バイナリーオプション取引で業者が儲かる仕組みは、下記のとおり。

【業者が儲かる仕組み】

  • ペイアウト倍率は、業者側に有利に設定されている。
  • 顧客が損失を出すほど、バイナリーオプション業者が儲かる。

 

ペイアウト倍率は、業者側に有利に設定されている。

バイナリーオプションを提供している業者が儲かる仕組みとして、【ペイアウト倍率が業者側に有利】という理由があります。

 

たとえば、【ペイアウト倍率1.88倍のハイロー取引】で¥5,000円でエントリーするなら、下記の感じです。

【取引条件】

  • ペイアウト倍率:1.88倍
  • ハイロー取引の勝率:50%
  • エントリー金額:¥5,000円

【取引に勝った場合】

  • +¥4,400円の利益

【取引に負けた場合】

  • -¥5,000円の損失

 

つまり、勝った時の利益+¥4,400円と、負けた時の損失-¥5,000円の差額である【¥600円が、業者の利益となる。】という仕組みですね。

 

というワケで、バイナリーオプションの業者が儲かる仕組みは、下記のとおり。⇩

【バイナリーオプションの業者が儲かる仕組み】

バイナリーオプションは相対取引なので、顧客が損失を出すほど、業者が儲かる。

 

バイナリーオプションで利益が儲かる仕組み

 

今度は逆に、僕たちトレーダーがバイナリーオプションで儲かる仕組みを解説していきます。

 

簡単にいえば、その仕組みは下記のとおりです。

【トレーダーの利益が儲かる仕組み】

  • MT4を利用し、価格変動を予測する。
  • テクニカル分析により、勝率アップする。
  • 勝率がアップすることで、トレーダーが儲かる。

 

テクニカル分析で勝率アップしている。

僕たちのようなバイナリーオプションのトレーダーは、業者から提供されているチャート画面だけでなく、【MT4(メタトレーダー)】と呼ばれるチャート分析ソフトを利用し、予測の精度を上げています。

 

たとえば、【ペイアウト倍率1.88倍のハイロー取引】で、”勝率60%”で¥5,000円でエントリーするなら、下記の感じです。

【取引条件】

  • ペイアウト倍率:1.88倍
  • ハイロー取引の勝率:“60%”
  • エントリー金額:¥5,000円

【10回取引した場合】

  • 10戦 6勝 4敗 (勝率:60%)
  • +¥3,000円の利益

【50回取引した場合】

  • 50戦 30勝 20敗 (勝率:60%)
  • +¥15,000円の利益

【100回取引した場合】

  • 100戦 60勝 40敗 (勝率:60%)
  • +¥30,000円の利益

 

というワケで、バイナリーオプションのトレーダーは、MT4によるチャート分析を利用することで、バイナリーオプション取引から利益を稼ぐことができる仕組みです。

 

ちなみに、【MT4の設定方法・テクニカル分析の手法】については、下記のページをご参照ください。⇩

【参考リンク】

 

バイナリーオプション国内業者と海外業者の仕組みの違い

バイナリーオプションは国内業者と海外業者では、取引の仕組みに違いがあり、下記のとおりです。

国内業者 海外業者
取引時間 2時間区切り 短期取引に対応
取引タイプ ラダー取引 ハイロー取引
取引回数 1日あたり12回まで 制限なし

 

国内業者は、日本国内のバイナリーオプション規制により、取引時間の区切りが2時間おきになっており、1日の取引回数も12回までに制限されています。

 

海外業者は、国内業者よりも取引の自由度が高く、30秒、1分、5分などの、短期間の取引に対応している。

 

という、仕組みの違いがあります。

 

バイナリーオプション取引とFXの仕組みの違い

バイナリーオプション取引とFXは、どちらも【外国為替】を原資産として取引する点では同じです。

 

その仕組みの違いは、下記のとおりです。

【バイナリーオプション】

  • 予測が当たれば、資金が増える。
  • 予測が外れれば、資金がゼロになる。
  • 価格の変動幅は関係なく、【0】か【1】かの取引。
  • 期限が区切られている。

【FX】

  • 価格の変動幅に応じて、資金が増減する。
  • 期限が区切られていない。

 

バイナリーオプションでは、【条件を満たすかどうか?】で払い戻しがあるのに対し、FXでは【価格の変動幅】に応じて、資金が増減します。

 

簡単にいうと、下記のとおりです。

【バイナリーオプション】

  • 当たるか?外れるか?を2択で考える。

【FX】

  • どこまで上がるか?(下がるか?)
  • どのタイミングで決済するか?
  • どのぐらいレバレッジを掛けるか?など、色々な要素を考える。

 

バイナリーオプション取引の仕組みは、FXよりもシンプルですね。

 

バイナリーオプション取引の仕組み:まとめ

このページでは、バイナリーオプション取引の仕組みについて、くわしく解説をおこないました。

 

バイナリーオプション取引は、【当たるか?】【外れるか?】を選ぶだけの、シンプルな”オプション取引”であり、

 

投資初心者でも、気軽に取引を始めることができます。

 

シンプルなのに、奥が深い。

このページでも解説してきた通り、バイナリーオプション取引の基本的な仕組みはとてもシンプルです。

 

仕組みは非常にシンプルですが、バイナリーオプション取引で利益をあげるトレーダーは、徹底的に相場の分析をしており、奥が深いですね。

 

実際にこのページを書いている僕自身が、バイナリーオプショントレーダーとして、利益を稼いでいる方法を解説しています。⇩

 

【参考リンク】

 

デモ取引の仕組みで、勝てるようになる。

また、バイナリーオプション取引の仕組みを学ぶには、実際にバイナリーオプションのデモ取引に挑戦してみるのが一番効率的です。

 

なぜなら、実際にバイナリーオプションの取引環境をリスクなしで体験することができるからです。

 

実際に、僕もバイナリーオプションを始めたばかりの初心者の頃は、デモトレードの仕組みを利用して勝てるようになるまで修行をしていました。

 

というワケで、バイナリーオプション取引の仕組みを理解するには、デモ取引で実際にトレードをしてみるのがいいですね。

 

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

Japanese all-rounder ただ今ショウ公式LINE@【ID:@398rvldx】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント!