バイナリーオプション版ダウ理論の使い方【くわしく解説します】

バイナリーオプション
【会員数600人突破】寝ながらスマホでポチるだけで資金2万円を1週間で400万円まで増やせる。 史上最強即金システムついに解禁!

バイナリーオプション版ダウ理論の使い方
【くわしく解説します】

どうもこんにちは。「ショウ」です。

このページでは、バイナリーオプションダウ理論の使い方について、くわしく解説をおこないます。

 このページで解説している内容

このページで解決する問題は、下記のとおり。

バイナリーオプションの初心者「バイナリーオプションのダウ理論とは何だろうか?その基本的な仕組み・使い方はどうやるのだろう?」

こういった疑問にお答えします。

 この記事の信頼性

この記事を書いている僕は、実際にバイナリーオプションのダウ理論を利用して取引をおこなっていますので、記事の信頼性はあるとおもいます。

このページで解説している内容は、下記のとおり。

バイナリーオプションのダウ理論とは?

ダウ理論とは、19世紀の終わりにチャールズ・ダウが提唱した相場理論のことです。ダウさんが提唱したから[ダウ理論]なんですね。

ちなみに、

アメリカの[ダウ工業平均株価]を提唱したのも、チャールズ・ダウであり、テクニカル分析の先駆者として認知されています。

すごい人です。

 

そんな、チャールズ・ダウが提唱した[ダウ理論]と言えば、

価格(全体)はすべての事象を織り込む

などの、[6つの基本原則]があり、現在のバイナリーオプション分析でも広く利用されています。

バイナリーオプションダウ理論:6つの基本原則

 

バイナリーオプションダウ理論の[6つの基本原則]は、下記のとおりです。

原則①:価格はすべての事象を織り込む
原則②:トレンドは短期・中期・長期の3つに分類できる
原則③:主要なトレンドは3つの段階から形成される
原則④:価格は相互に確認される必要がある
原則⑤:トレンドは出来高でも確認される必要がある
原則⑥:トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

ダウ理論が理解できれば、バイナリーオプションの勝率アップが目指せますので、サクッと理解しておきましょう。

それぞれ、順番に解説します。

原則①:価格はすべての事象を織り込む

「価格はすべての事象を織り込む」というのは、どういう意味かと言えば…、

・すでに発表済みの経済指標や金融政策
・自然発生的な出来事(地震などの災害)
・投資家の売買行動(利確や損切り)

現在の価格は、これらすべての事象をすでに織り込んでいるという考え方をあらわします。

 

この理論を簡単にいえば、

現時点での価格は、全ての利用可能なファンダメンタルズ情報を織り込んでいるため、ファンダメンタルズ分析による将来の価格予測はできない。

 

つまり、逆にいえば、

将来の価格を予測するには、現在の価格の値動きを分析すればよい。

という、テクニカル分析の根拠となっています。

 

ちなみに、

少し難しい言葉で説明をすると、経済学的には効率的市場仮説というものがあり、市場はすべての情報を織り込んでおり「効率的である」と仮定されています。

これが、バイナリーオプションダウ理論の原則①です。

原則②:トレンドは短期・中期・長期の3つに分類できる

バイナリーオプションダウ理論の原則②は「トレンドは短期・中期・長期の3つに分類できる」です。

【ダウ理論:3つのトレンド状況】

・①短期トレンド:3週間未満
・②中期トレンド:3週間~3ヵ月
・③長期トレンド:1年~数年間

当たり前のことのように思うかもしれませんが、為替レートには短期・中期・長期の3つのトレンドが混在しており、構成されます。

こちらの図のように、長期で見れば上昇トレンドが継続している場合でも、中期・短期でみれば下落トレンド(調整局面)が発生しながら、上昇を継続しています。

つまり、バイナリーオプションで取引をするには、取引の時間軸(短期・中期・長期)を見極めることが重要になります。

原則③:主要なトレンドは3つの段階から形成される

バイナリーオプションダウ理論の原則③は「主要なトレンドは3つの段階から形成される」です。

ダウ理論では、買い手(売り手)の意向により、上昇(下落)には3つの段階があるとされています。

【3つの段階から形成される】

1.先行期
2.追随期
3.利確期

1.先行期(第一段階)

価格幅(ボラティリティ)が少なく、価格が低い状態で、一部の先行した投資家が買い(底値買い)でゆるやかに上昇する局面です。

この段階では、今までの下落トレンドでまだまだ下落するかもしれないという時期に、買いでエントリーしますので、バイナリーオプションでは難しいです。

2.追随期(第二段階)

景気改善などのファンダメンタルズ的な買い要素が確認され、おおくの投資家が買いに入る時期です。

この時期にはおおくの一般トレーダーも買いに入り、上昇トレンドを形成します。ボラティリティ・ブレイクアウトが起こります。

3.利確期(第三段階)

トレンドの最終段階で価格が大きく上昇し、値動き(ボラティリティ)が激しくなります。

この時期は、1.先行期~2.追随期で買いに入ったトレーダーが利確に入る時期であり、その後にバブルがはじけた様な大きな下落が入ります。

 

このダウ理論が示すとおりに、1.の先行期でエントリーできればそれにこしたことはありませんが、先行期ではダマしも多くなりますので、バイナリーオプションでは2.の追随期が起こりそうなタイミングテクニカル分析でとらえてエントリーをおこないます。

原則④:価格は相互に確認される必要がある

バイナリーオプションダウ理論の原則④は「価格は相互に確認される必要がある」です。

たとえば、為替レートと通貨の金利(債権)のレートは相互に関連しており、「米ドルが上昇しているならば、米国債の金利も一緒に上昇している必要がある。」という意味です。

たとえば、下記のとおり。

・EURとユーロ国債の金利
・USD/JPYとEUR/JPY、EUR/USDの価格

これらの価格は相互に相対的に影響を及ぼしており、相関関係があります。

EURが相対的に売られているのであれば、EUR/JPYではEURが下がりますし、EUR/USDでもEURが下がります。そしてユーロ国債の金利も下がります。

つまり、バイナリーオプションの取引をする際には単一の指標のみを確認するのではなく、全体の流れを理解して取引をおこなうべきである。

という意味ですね。

USD/JPYを取引するなら、米国債金利と日本国債金利、ダウ工業平均と日経平均株価を確認しながら取引をすればOKです。

原則⑤:トレンドは出来高でも確認されなければならない

バイナリーオプションダウ理論の原則⑤は「トレンドは出来高でも確認されなければならない」です。

これは、バイナリーオプションのMT4分析で、「出来高(Volume)」のテクニカル指標を表示させればOKです。

くり返しになりますが、

原則③:主要なトレンドは3つの段階から形成される。

という法則があります。

ですから、MT4で「出来高(Vlume)」の指標を確認して取引をおこなうことで、バイナリーオプションの主要トレンドを捉えることに役立ちます。

参考:バイナリーオプションのMT4の使い方

こういった場合にも、無料で利用できるMT4はバイナリーオプションでは必須になりますね。今すぐ設定しておきましょう。

原則⑥:トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

バイナリーオプションダウ理論の原則⑥は「トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する」です。

トレンドというのは、下記のとおりです。

1.上昇トレンド:高値を切り上げ、安値を切り上げる。
2.下落トレンド:高値を切り下げ、安値を切り下げる。

バイナリーオプションのダウ理論 画像04 [明確な転換シグナル]とは、このトレンドの継続を否定するもので、下記のとおりです。

1.上昇トレンドの明確な転換シグナル

バイナリーオプションダウ理論における、上昇トレンドの明確な転換シグナルは、こちらのとおりです。

・上昇トレンドの明確な否定:直近の高値を切り下げ、さらに直近安値を切り下げる。

これが、上昇トレンドの明確な転換シグナルとなります。

2.下落トレンドの明確な転換シグナル

バイナリーオプションダウ理論における、下落トレンドの明確な転換シグナルは、こちらのとおりです。

・下落トレンドの明確な否定:直近の安値を切り上げ、さらに直近高値を切り上げる。

これが、下落トレンドの明確な転換シグナルとなります。

 

以上の6つが、バイナリーオプションのダウ理論です。

原則①:価格はすべての事象を織り込む
原則②:トレンドは短期・中期・長期の3つに分類できる
原則③:主要なトレンドは3つの段階から形成される
原則④:価格は相互に確認される必要がある
原則⑤:トレンドは出来高でも確認される必要がある
原則⑥:トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

バイナリーオプションで勝つためには、上記の6つの基本原則を理解しておくといいですね。

 

バイナリーオプションのダウ理論の使い方

上記で解説した「バイナリーオプションダウ理論の6つの基本原則」を理解したうえで、実際のバイナリーオプションのダウ理論の使い方を解説します。

1.MT4のテクニカル指標を利用する

バイナリーオプションダウ理論を利用するうえで、まずは一番重要になるのが「チャート分析ソフト:MT4」です。

MT4は、ロシアの「MetaQuotes社(メタクォーツ社)」が開発した、無料で利用できるチャート分析ソフトです。

無料で利用でき、高機能なチャート分析機能がついており、世界中のトレーダーに愛用されています。

MT4の設定方法はこちらのページで解説していますので、参考にしてみてください。

2.MT4でテクニカル指標を表示する。

バイナリーオプションダウ理論を利用するために、MT4上に下記のテクニカル指標を表示します。

・ZigZag
・ボリンジャーバンド
・出来高(Volume)

表示させると、下記のとおり。

このように設定することで、

・直近の高値と安値
・トレンドの発生タイミング
・出来高(Volume)の増減

これらの項目をいちどに理解することができます。

3.タイミングを見計らい、エントリーする。

具体的なエントリータイミングを例示すると、下記のとおり。

・直近高値をブレイクアウト
・ボラティリティ・ブレイクアウト

上記の2つを確認して、買いでエントリーしました。

ダウ理論による[上昇トレンドの継続]と、ボリンジャーバンドによる[ボラティリティ・ブレイクアウト]を組み合わせて、「順張りエントリー」となります。

ボリンジャーバンドによる分析手法については、こちらのページでくわしく解説していますので、参考にしてみてください。

 

くり返しになりますが、

バイナリーオプションのダウ理論では、

1.MT4のテクニカル指標を利用する
2.MT4でテクニカル指標を表示する
3.タイミングを見計らい、エントリーする

上記の手順に従えば、基本はOKです。

 

まずは、MT4のチャートを設定するところから、行動をスタートしてみてください。

 

補足:通貨価格と国債金利の連動性について

バイナリーオプションを取引する上で、各通貨ペアごとの国債金利を理解することは重要なポイントです。

たとえば、米国債はUSD(米国ドル)建てで発行されて、USD(米国ドル)で償還されます。

つまり、米国債の金利は間接的に米ドルの利子として働いているワケですね。

 

ですから、米国ドル(USD)建ての債券である米国債の金利が上昇すれば、米国ドル(USD)は相対的に買われてドル高になり、米国債の金利が下落すれば、ドル安となります。

バイナリーオプションで利用している通貨ペアのレートは、結局のところ各国の通貨の強さを相対的に示すものです。

これが理解できれば、

バイナリーオプションのダウ理論でも勝てるようになるはずです。

 

バイナリーオプションダウ理論:実際のエントリー例

バイナリーオプションダウ理論の実際のエントリー例をいくつか解説します。

表示させているテクニカル指標は、下記のとおりです。

・ZigZag
・ボリンジャーバンド
・出来高(Volume)

エントリー例①:下落トレンドの継続

バイナリーオプションダウ理論のエントリー例①は、「下落トレンドの継続」です。

USD/JPYのチャートで、直近の安値を切り下げてブレイクダウン(下落トレンドの継続)を示していることがわかると思います。

さらに、ボリンジャーバンド-2σのバンドウォークを確認して、下落方向に順張りエントリーをおこないました。

エントリー例②:上昇トレンドの発生

バイナリーオプションダウ理論のエントリー例①は、「上昇トレンドの発生」です。

USD/JPYのチャート上で、安値を切り上げた後に、高値をブレイクアウトして上昇するタイミングでエントリーしています。

さらに、ボリンジャーバンドの価格幅(ボラティリティ)の収束後の[ボラティリティ・ブレイクアウト]というタイミングを狙った順張りでのエントリーです。

エントリー例③:上昇トレンドの発生

エントリー例③は、「上昇トレンドの発生」です。

こちらも先ほどの例と同様に、

・直近の安値を切り上げたあとの高値ブレイク
・ボリバンの[ボラティリティ・ブレイクアウト]

上記の2つのポイントをおさえています。

 

バイナリーオプションでは、こういったタイミングで積極的に仕掛けていくと、利益が積み上げられますね。

実際に、

・ボラティリティ収束後のブレイクアウト
・ダウ理論によるトレンド形成

上記の2つのポイントをおさえると、一気にバイナリーオプションの勝率アップが狙えるはずです。

 

僕も実際に、このページで解説している手法を利用して、バイナリーオプションでトレードをおこなっていますので、信頼性はあると思います。

 

バイナリーオプションダウ理論:まとめ

このページでは、バイナリーオプションにおけるダウ理論の使い方について、くわしく解説をおこないました。

ダウ理論は19世紀の終わりに[チャールズ・ダウ]が提唱した、歴史の古いチャート理論ですが、チャート変動の本質をあらわしており、現在でも広く利用されています。

 

もちろん、ダウ理論をつかえばチャート変動への理解を深めることができますが、ダウ理論を単体で使うよりも、ボリンジャーバンドなどと組み合わせて利用することで真価を発揮します。

 

このページでは、具体的にボリンジャーバンドとダウ理論の組み合わせを解説しましたが、RSIや移動平均との組み合わせなど、テクニカル指標とダウ理論の相性はバツグンです。

ぜひ、あなたのバイナリーオプショントレードにも取り入れてみてください。

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Japanese all-rounder ただ今ショウ公式LINE@【ID:@398rvldx】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント!