バイナリーオプションの覚えておきたい用語集を初心者にわかりやすく解説

バイナリーオプション
【会員数600人突破】寝ながらスマホでポチるだけで資金2万円を1週間で400万円まで増やせる。 史上最強即金システムついに解禁!

バイナリーオプション用語集:詳しく解説します。

このページでは、バイナリーオプションで稼ぐ上で知っておくべき用語集をわかりやすく解説しています。

このページを最後までご覧になれば、バイナリーオプションで稼ぐ上で必要な用語について一通り理解することができるようになります。

バイナリーオプションをやっていると、知らない用語や専門用語があると思います。

バイナリーオプションで分からない用語がある時には、一度立ち止まって、用語集で意味を確認することで上達することができるようになります。

現在は専業でバイナリーオプションに取り組んでいる私ですが、バイナリーオプションの用語集を理解することで、バイナリーオプションを深く理解することができるようになりました。

もし、あなたもバイナリーオプションで分からない用語があれば、用語集で意味を確認するようにするとバイナリーオプションで勝てるようになると思います。

それでは、バイナリーオプションの用語集を解説します。

バイナリーオプションの用語集

バイナリーオプションでよく使われる用語の意味をわかりやすく解説します。

このページを読むことで、バイナリーオプションで勝つために必要な用語集を一通り理解することができるようになります。

チャート

為替相場の変動をグラフ化して分かりやすくしたものです。

バイナリーオプション取引では、チャートの値動きを分析して投資をおこなうのが基本ですね。

テクニカル分析

チャートの形を分析することを、「テクニカル分析」と言います。

チャートの変動を分析することで、バイナリーオプションの勝率を上げる分析手法の事です。

相場の分析手法には、①テクニカル分析と、②ファンダメンタル分析があります。

バイナリーオプションで使うのは、チャートの形を元に相場を予測する「テクニカル分析」ですね。

なぜなら、「ファンダメンタル分析」は、短期のトレードではほとんど役に立たないからです。

トレンド

トレンドとは、チャートの方向性の事ですね。

上昇方向に動いている相場を、上昇トレンド。

下降方向に動いている相場を、下降トレンド。

と呼びます。

バイナリーオプションの勝率はトレンドの方向性に左右されます。

トレンド方向に合わせて取引をすることで、勝率を上げることができますね。

レンジ

上昇トレンドでも下降トレンドでもない、ヨコヨコ相場のことを、レンジと呼びます。

上昇でも下降でもない、方向感のないレンジ相場では、トレンド相場とは違った動きをします。

ライントレード

ライントレードとは、為替チャート上の高値、安値、トレンドライン、ボックスレンジなど、チャート上に線(ライン)を引いて相場を分析するやり方です。

相場の動きは「ランダムウォーク」とも言われていますが、チャートは常にラインを意識した動きをしています。

レジスタンス(抵抗線)

一定のラインで抵抗する、基準となるラインを「レジスタンス(抵抗線)」と呼びます。

または、チャートを下支えするようなレジスタンスを「支持線」と呼ぶこともありますね。

高値や安値、トレンドラインに沿って為替が抵抗(レジスタンス)するため、相場を分析する上でよく使われる用語の一つですね。

ペイアウト倍率

掛け金に対していくら支払われるのか?が、ペイアウト倍率です。

ペイアウト倍率1.88倍なら、掛け金1万円に対して、1.88万円が払い戻されます。

ペイアウト倍率はバイナリーオプション業者によって異なります。

テクニカル指標

テクニカル分析で使う指標の事です。

テクニカル指標には大きく分けて下記の2つがあります。

  • ①トレンド系(順張り系指標)
  • ②オシレーター系(逆張り系指標)

それぞれ、トレンド系指標は「順張り系」。

オシレーター系指標は「逆張り系」の指標とも呼ばれています。

トレンド系テクニカル指標(順張り指標)

移動平均線(MA)、MACD、ボリンジャーバンド、DMI、一目均衡表、エンベローブ、パラボリック、など…。

以上のテクニカル指標は「トレンド系」に含まれます。

トレンド系指標では、相場の方向性(トレンド)を分析できる指標であるため、順張り系のエントリーで使われる指標です。

オシレーター系テクニカル指標(逆張り指標)

サイコロジカルライン、RCI、ROC、RSI、DMI、ストキャスティクス、など…。

以上のテクニカル指標は「オシレーター系」に含まれます。

オシレーター系指標は相場の買われすぎ/売られすぎの傾向を示す指標であり、逆張り系のエントリーで使われる指標ですね。

インディケーター(指標)

インディケーターを和訳すれば、「標識」「指針」という意味です。

つまり、簡単に言うと「指標」の事ですね。

テクニカル分析で使う「テクニカル指標」または、「経済指標」の事も含めて広い意味で「インディケーター」と呼びます。

経済指標

経済活動の結果を数値化してあらわしたものの事です。

雇用統計、GDP(国内総生産)、小売売上高、鉱工業生産、景況感指数、などがあります。

経済指標の発表時には大きな相場の変化(ボラティリティ)があるため、経済指標の発表時にはバイナリーオプションのエントリーは避ける事が多いです。

ボラティリティ

価格の変動幅の事を、「ボラティリティ」と呼びます。

金融の専門用語ですね。

「ボラティリティ」が大きい=「価格の変動幅」が大きい。

「ボラティリティ」が小さい=「価格の変動幅」が小さい。

と言う意味です。

ボラティリティを省略して、「ボラ」と呼ぶこともありますね。

MT4・MT5

MT4、またはMT5は、メタトレーダーというチャート分析ソフトの名前です。

MT4は、Meta Trader 4 の略。

MT5は、Meta Trader 5 の略です。

MetaQuotesSoftwareという会社が開発したソフトウェアで、チャート分析するために使われる一般的なソフトウェアですね。

MA

MAと言うと、専門用語っぽいですが、普通に「移動平均線」の事です。

「MA=Moving Average:移動平均」ですね。

ちなみに、

SMAは、単純(Simple)移動平均線。

EMAは、指数平滑(Exponential)移動平均線。

の事です。

MACD

MACDは代表的なトレンド系テクニカル指標ですね。

読み方は、「マックディー」または「エムエーシーディー」。

MACDは、日本語にすると「移動平均収束拡散手法」になります。

つまり、MA(移動平均線)のConvergence(収束)とDivergence(拡散)を元に、トレンド方向を見るための指標になりますね。

2本の異なる移動平均線(MA)を使ってトレンドを予測するテクニカル指標です。

コンバージェンス・ダイバージェンス

コンバージェンス(Convergence)は、収束。

ダイバージェンス(Divergence)は、拡散。

英語で言っているだけですね。

日本語で使う時と意味合いは同じです。

RSI(アールエスアイ)

RSIは代表的なオシレーター系(逆張り系)の指標ですね。

日本語にすると、「Relative Strength Index:相対力指数」となります。

過去の一定期間の相場における相対的な「値上がり幅」「値下がり幅」を数値化した指標です。

たとえば、過去の一定期間において「値上がりした日の合計が7割」「値下がりした日の合計が3割」だとすれば、「RSIは70」となります。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、標準偏差と正規分布の概念を利用しています。

ある一定の価格範囲に値動きが収まる確率を、「σ(シグマ)」を使ってあらわします。

±1σ、±2σ、±3σなど、一定の価格幅の中に、確率的にはどのぐらい収まるのか?を一目で見ることができるテクニカル指標です。

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、移動平均線をもとに計算した2本のラインにより売られすぎまたは買われすぎを判断するテクニカル指標です。

%Dと%Kという2本のラインがありますが、%Dは%Kの動きを平滑化したものです。

省略して、「ストキャス」と呼ぶこともあります。

BO・バイオプ

バイナリーオプションを略してBO、またはバイオプと呼びます。

マーチンゲール手法

負けるたびに掛け金を2倍に増やしていく手法です。

古くからバカラなどのギャンブルで、「必勝法」と言われて広く知られています。

ただし、現実的には必勝法ではないため注意が必要です。

ラダー

ラダーとは、価格幅のこと。

国内のバイナリーオプション業者では規制によりラダー取引を採用しています。

価格の上下に一定の価格幅(ラダー)があるため、ラダーを超えて①上に行くか?②下に行くか?

を予測することになります。

エリオット波動

エリオット波動とは、相場は 5つの上昇波と3つの下降波で1つの周期を形成するという考え方です。

画像のように上と下を交互に繰り返す特徴があります。

5つの上昇波を推進5波と呼び、3つの下降波を修正3波と呼びます。

バイナリーオプションの用語集:まとめ

バイナリーオプションの用語には、英語表記で分かりにくいモノがありますよね。

「インディケーター:指標」や、

「MA(Moving Average):移動平均」など、

日本語にして理解すれば、簡単にわかると思います。

テクニカル指標で言えば、RSI、RCI、MACDなど、英語の頭文字で表されています。

こちらも、しっかりと意味を理解して使うと、全然違ってきます。

バイナリーオプションで勝てる投資家を目指すのであれば、テクニカル指標についても一通り理解しておいた方が役に立ちます。

 

以上、バイナリーオプションで覚えておくべき用語集について解説させていただきました。

他にも、バイナリーオプションで勝つためのコツ・ポイントについては下記の記事で詳しく解説しております。

バイナリーオプションの勝率を上げる10のポイント

よろしければご参考にされてくださいね!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

Japanese all-rounder ただ今ショウ公式LINE@【ID:@398rvldx】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント!