バイナリーオプションで勝つための順張り逆張り1分・5分ロジックを検証

バイナリーオプション
【会員数600人突破】寝ながらスマホでポチるだけで資金2万円を1週間で400万円まで増やせる。 史上最強即金システムついに解禁!

バイナリ―オプションで勝てるロジック

バイナリ―オプションで「勝てるロジックを探すには、どうすればいいんだろう?」と思うことがありますよね。

バイナリ―オプションで勝つためには、バイナリーオプションで勝つための正しいロジックを身に付けることが必要になります。

というワケで、このページでは「バイナリーオプションで勝つためのロジック」について詳しく解説をおこないます。

もし、あなたがバイナリ―オプションで勝てるようになりたいのなら、このページを最後まで読んでみてくださいね。

Contents

バイナリ―オプションで勝つためのロジックとは?

 

ロジック=論理

バイナリ―オプションで勝つためのロジックを解説する前に、そもそも、「ロジック」とはどういう意味なのか?を考えてみましょう。

「ロジック」というのは、日本語で言えば「論理」です。

つまり、直感や感覚に頼るのではなく「論理的に考えてバイナリ―オプションで勝つための方法を考える。」という意味ですね。

バイナリ―オプションで勝つために「ロジック」が必要というのは、こういう意味です。

直感や感覚に頼らずに、バイナリーオプションで勝つためのロジックを理解して、ロジックを守って取引をすることで、バイナリーオプションで勝てるようになります。

ちなみに、この記事を書いている僕は、バイナリーオプションの正しいロジックを使い、勝率70%以上で勝ち続けています。

※信頼性担保のため、僕が使っているバイナリ―オプションのロジックはこのページですべて公開しています。⇩

それでは、バイナリーオプションで勝つためのロジックについて、くわしく解説をはじめますね。

 

バイナリーオプションで勝つためのロジック【解説動画】

動画解説はこちら

 

バイナリ―オプション順張りのロジック

このロジックは、バイナリーオプションのトレンドが継続している「トレンド相場」で有効な「順張りエントリー」のロジックです。

このロジックを使うことで、バイナリーオプションの相場が「トレンド相場」である時に、高い勝率で勝つことが出来るようになります。

バイナリ―オプション順張りのロジックとは?

バイナリ―オプション順張りロジックの基本は、「押し目買い」にあります。

例えば、上昇トレンドの相場というのは、下図のような感じです。

小さな波を作りながら、高値を切り上げて、安値を切り上げる。

一時的に下げることはあっても、全体としては上昇の方向に動いていく値動きをしていますよね。

これが、「上昇トレンド」です。

つまり、上昇トレンドの「押し目」を狙ってバイナリ―オプションでエントリーすれば、高い勝率で勝つことが出来るワケですね。

バイナリ―オプション順張りロジックの具体例

バイナリ―オプションの順張りロジックの具体例としては、「移動平均線」「ボリンジャーバンド」という設定があります。

  • 移動平均線:チャートの値動きの平均値をあらわすテクニカル指標
  • ボリンジャーバンド:確率論的に、チャートが収まる範囲を示すテクニカル指標

テクニカル指標には、「トレンド系」のテクニカル指標と「オシレーター系」のテクニカル指標がありますが、移動平均線・ボリンジャーバンドは共に「トレンド系」の代表的なテクニカル指標ですね。

⇩こちらのチャートは、実際の為替チャート「USD/JPY」で、ボリンジャーバンド:2σ、期間(14)を表示したものです。⇩

※赤丸の部分にご注目ください。

安値と高値を切り上げる「上昇トレンド」において、ボリンジャーバンドの-2σにチャートが触れた後に、高い確率で反発しているのがわかると思います。

これは、「下落トレンド」の場合もおなじで、下落トレンドの時には、ボリンジャーバンドの+2σに触れた後に、高い確率で反発して落ちる。という法則性があります。

このように、バイナリーオプション順張りでは、トレンド方向に従って「押し目」を狙うことで、高い確率で勝つことができるようになります。

バイナリ―オプション逆張りのロジック

バイナリ―オプションの逆張りロジックというのは、「バイナリーオプションで相場のトレンド方向とは逆向きにエントリーする。」というい事です。

バイナリ―オプションで逆張りを狙えるポイントは、大きく分けて下記の3つのパターンがあります。

  • ①レンジ相場でレンジの上限、または下限に来た時の反発
  • ②レンジを抜けて、大きく上抜けた時の戻りを狙う
  • ③買われすぎ、または売られすぎでの反発を狙う

それぞれ、順番に解説をおこないます。

①レンジ相場でレンジの上限、または下限に来た時の反発

バイナリ―オプションの逆張りロジックでは、方向感のない「レンジ相場」で、レンジの上限、または下限に来た時の反発を狙ってエントリーすることが出来ます。

例えば、下記のように方向感のない、レンジ傾向の相場であれば、レンジの上限と下限での反発を確認してエントリーすることができます。

※下記の図では、ボリンジャーバンド±2σ:期間(14)を表示してエントリータイミングを計っています。

②レンジを抜けて、大きく上抜けた時の戻りを狙う

バイナリ―オプションの逆張りロジックでは、「レンジを抜けて、大きく上抜けた後の戻り」を狙ってエントリーすることが出来ます。

例えば、下記の図のように、レンジを抜けて大きく上抜けた後には、必ず一時的に反発するような動きがあります。

レンジを抜けた直後であれば、反発するタイミングを見極めやすいので、バイナリーオプション逆張りでも高い勝率で勝てますよ。

とは言え、慣れるまではタイミングを見極めるのが難しいと思いますので、まずはNo.1取引業者のハイローオーストラリアのデモ取引で、反発のタイミングをつかむ練習をするといいですね。

レンジ抜け後の反発を狙うエントリーに慣れてくれば、勝率70%くらいで勝てるようになります。

ぜひ挑戦してみてください。

③買われすぎ、または売られすぎでの反発を狙う

バイナリ―オプションの逆張りロジックの3つめは、買われすぎ、または売られすぎでの反発を狙うやり方ですね。

「買われすぎ」または「売られすぎ」とはどういう意味かというと、長期的にトレンドが継続して、「相場が一方向にだけ傾きすぎている状態」のことを言います。

例えば、下図のようなチャートが、「買われすぎている為替チャート」です。

上図では、長期的に上昇トレンドが継続し、「買われすぎ」の状態になっていたため、最後には急激に売りが入って大きく下落の変動をしています。

このように、「買われすぎ」または「売られすぎ」のタイミングを狙って、逆張りでエントリーすることができます。

ただし、この手法はエントリーのタイミングを計るのが難しく、バイナリーオプション上級者向けの逆張りロジックとなります。

基本的には、バイナリーオプション逆張りのロジックでエントリーするには上記の3つのパターンを覚えておけばOKです。

あとは、デモトレードなどを活用して勝てるようになるまで練習を重ねるようにしましょう。

バイナリ―オプション1分足取引のロジック

バイナリ―オプション1分足の取引ロジックというのは、海外バイナリーオプション業者の「ハイローオーストラリア」など、1分間というごく短期間での取引に使われる手法のことですね。

バイナリ―オプションの1分足取引ロジックとしてよく利用されているのが、逆張りでの「RSI」を使った手法です。

バイナリ―オプション1分足取引ロジック:RSI

バイナリ―オプション1分足取引ロジックの「RSI」を使った手法は、単純に下記の感じで取引をおこないます。

  • ①RSIが70%以上なら、「買われすぎ」と判断して売り
  • ②RSIが30%以下なら、「売られすぎ」と判断して買い

実際に、こんな単純な取引ロジックで勝てるようになるのでしょうか?

実際の相場で確認してみましょう。

⇩RSI:期間(17)、USD/JPY:5分足⇩

上記のチャートで、RSIが70%を上回る、または30%を下回ったポイントは、下記の感じです。

  • ①RSI:30%を下回ったポイント
  • ②RSI:70%を上回ったポイント
  • ③RSI:70%を上回ったポイント

上記の3つのポイントでRSIを検証すると、①のポイントでは、確かにRSI30%以下になった後に反発しているように見えます。

しかし、②と③のポイントでは、RSIが70%を上回った後も上昇を続けていますよね。

RSIは単体ではダマシが多くて使いにくいです。

上記のように、バイナリーオプション1分足取引のロジックとして、RSI(相対力指数)を使った手法がよくつかわれていますが、RSIを単体で使うとダマシが多くて、かなり使いにくいです。

実際に僕もRSIを使って取引を検証したことがありますが、RSI単体ではほとんど優位性はありませんでした。

バイナリ―オプションの5分足取引ロジック

バイナリ―オプションの5分足取引で有効なロジックには、下記があります。

バイナリ―オプション5分足取引のロジック

  • トレンド転換
  • ダイバージェンス

それぞれ、順番に解説しますね。

トレンド転換のロジック

バイナリ―オプション5分足取引のロジック「トレンド転換」は、下記のような感じです。

  • 上昇トレンドから、下落トレンドへの転換を狙う
  • 下落トレンドから、上昇トレンドへの転換を狙う

例えば、上昇トレンドから下落トレンドへの転換であれば、支持線(サポートライン)で抵抗して、そのラインを抜けた後に大きく下落する動きをするパターンがあります。

具体的には、下記のような為替チャートになります。

上昇トレンドから下落トレンドに転換するときに、何度か支持線(サポートライン)で抵抗した後に、大きく下落していることがわかると思います。

バイナリ―オプションの5分足取引では、このような「トレンド転換」のポイントを狙うロジックを使うことができます。

ダイバージェンスのロジック

バイナリ―オプションの5分足取引のロジックでは、「ダイバージェンス」というテクニカル指標を使うことができます。

バイナリ―オプションの5分足取引で「ダイバージェンス」を見るには、テクニカル指標の”MACD”を使います。

例えば、USD/JPY:5分足のチャートにMACDを表示すると、このような感じになります。

このチャートを見ると、チャート上ではまだ上昇を継続しているのに、MACDが先行して下げてきているのがわかると思います。これが、バイナリーオプション5分足取引ロジックの「ダイバージェンス」です。

ダイバージェンスが現れると、必ず先行してMACDが動きます。

バイナリ―オプションでのエントリーは、ダイバージェンスを確認してから、MACDの動きに追従する感じでエントリーをおこなってください。

バイナリ―オプション自動売買のロジック

 

バイナリ―オプション自動売買のロジックというのは、バイナリーオプションの自動売買ソフトに組み込んで使うタイプのロジックです。

バイナリ―オプションには元々のソフト自体に取引ロジックが組み込まれているタイプと、そうでないタイプがあります。

後者の自動売買ソフトでは、自動売買をするための環境だけがソフトとして販売されており、実際に取引するためのロジックは自分で作成するか、業者のロジックを購入して利用することになります。

ただし、そもそもバイナリ―オプションでは自動売買ソフトの使用が規約により禁止されていますので、自動売買ソフトの使用が発覚すると、口座を凍結されてしまう恐れがあります。

バイナリ―オプションの自動売買ロジックでお金を稼いだとしても、海外業者のハイローオーストラリアでは口座が凍結されてしまうと資金が引き出せなくなる事例がありますので、バイナリーオプションで自動売買ロジックを利用するのは辞めておいた方がいいですね。

バイナリ―オプションで勝つための基本ロジックを無料公開

これから解説するのは、バイナリーオプションで勝つためには基本的に抑えておくべき重要なロジックです。

バイナリ―オプションで実践取引をする前に、必ずこの「基本となるロジック」を理解しておきましょう。

バイナリ―オプションの基本ロジック

  1. 取引手法:勝率60%以上の手法
  2. 取引時間帯:取引時間帯による違い
  3. 取引回数:取引回数よりも、勝率を優先しよう。
  4. 手法の選定:相場にマッチする手法を使おう。
  5. テクニカル分析:MT4/MT5による相場分析をしよう。

それぞれ、順番に解説をおこないます。

ロジック①:取引手法

バイナリ―オプションで勝つためのロジック①は、「取引手法」です。

バイナリ―オプションで勝つための取引手法には「逆張り」と「順張り」がありますが、いずれにせよ最低でも56%以上の勝率が無ければ、バイナリーオプションで利益を出すことは出来ないです。

⇒バイナリ―オプションで必要な勝率は何%?

何も考えずに直感で取引をおこなった場合で、バイナリーオプションの勝率は50%に収束します。

ですから、テクニカル指標(インジケーター)やローソク足分析を駆使して相場分析をおこなえば、確実に勝率56%以上の取引手法を作ることはできます。

※インジケーターの使い方とローソク足分析のやり方は、下記のページをご覧ください。

⇒バイナリ―オプションで使えるインジケーターの解説

⇒バイナリ―オプションのローソク足分析のやり方

ロジック②:取引時間帯

バイナリーオプションで勝つためのロジック②は、「取引時間帯」です。

バイナリ―オプションで取引している為替市場は、時間帯により下記のように呼ばれています。

為替市場の時間帯ごとの呼び方

  • オーストラリア時間:朝7:00~16:00
  • 東京時間:朝9:00~18:00
  • ロンドン時間:17:00~翌2:00
  • ニューヨーク時間:22:00~翌7:00

バイナリ―オプションで取引している為替レートの値動きは、上記の時間帯により市場参加者が変動するため、時間帯ごとに値動きの特徴が違ってきます。

  • オーストラリア時間・東京時間:取引の参加者が少なく、方向感のないレンジ傾向の相場になりやすいです。
  • ロンドン時間・ニューヨーク時間:金融の中心街から市場参加者が増え、取引が活発になり激しい値動きやトレンド相場が生まれやすくなります。

バイナリ―オプションで勝つためには、上記の基本ロジックを理解して取引をおこなうようにしましょう。

ロジック③:取引回数

バイナリ―オプションで勝つためのロジック③は、「取引回数」です。

実は、バイナリーオプションで勝つためには、1日に2~3回の取引回数でOKなんです。

バイナリ―オプションで負けている人でありがちなのが、「テクニカル指標を使わずに、直感で勝てそうなポイントでエントリーしてしまう。」というもの。

たとえば、取引回数を重視するAさんと、利益率を重視するBさんが居たとします。

簡単にシミュレーションで計算してみましょう。

1日に13回の取引チャンスがあり、Aさんは全ての取引にエントリーし、Bさんは、勝率60%以上の取引だけにエントリーした場合、下記のようになります。

勝率 Aさん Bさん
50%
55%
51% ×
60%
52%
53% ×
62%
48% ×
52%
55% ×
60% × ×
52%
50% ×
7勝6敗 2勝1敗

Aさんも、Bさんも、勝率の高いポイントを選んで取引していますが、重要視しているポイントが違います。

  • Aさんは、取引回数にこだわり、勝率53%、7勝6敗となりました。
  • Bさんは、勝率にこだわり、勝率60%、2勝1敗となりました。

どちらも毎回1万円でエントリー、ペイアウト倍率1.88倍として計算すると…、

  • Aさん:7×8,800円 - 6×10,000円 = +1,600円
  • Bさん:2×8,800円 - 1×10,000円 = +7,600円

Aさんは、13回も取引したのに、利益は+1,600円

Bさんは、3回しか取引していないのに、利益は+7,600円です。

つまり、バイナリーオプションで大事なのは、取引回数よりも「勝率」が重要。という事ですね。取引回数は少なくても、勝率にこだわれば大きな利益を得ることができます。

取引回数を重ねるよりも、勝率の高いポイントに絞り込んで取引をした方が利益が手に入る。というロジックですね。

ロジック④:手法の選定

バイナリ―オプションで勝つためのロジック④は、「手法の選定」です。

バイナリ―オプションの相場は、上昇または、下落の「トレンド相場」と、方向感のない「レンジ相場」に分かれています。

例えば、こちらは、高知工科大学の「バイナリ―オプションにおける時系列相場情報」の論文です。⇩

 

この論文では、バイナリーオプションの「トレンド相場」と「レンジ相場」でそれぞれ、順張り、逆張りのエントリーを行った結果を集計しています。

その結果、トレンド相場の順張りエントリーでは、バイナリーオプションの勝率58%~59%で勝てていることがわかります。

つまり、トレンド相場での「順張り手法」には、明確な優位性がある。という事です。

逆に、レンジ相場では、逆張りエントリーの方が優位性が高いですが、勝率としては、「トレンド相場の順張りエントリー」が最も勝率が高くなります。

というワケで、バイナリーオプションで勝つためのロジック④は、「手法の選定」でした。

ロジック⑤:テクニカル分析

バイナリ―オプションで勝つためのロジック⑤は、「テクニカル分析」です。

バイナリ―オプション取引業者が提供している取引プラットフォームは、非常にシンプルな作りになっており、相場をテクニカル分析するには向きません。

ですから、バイナリーオプション取引で「テクニカル分析」を行うためには、為替チャート分析ソフトの「MT4/MT5」を使います。

MT4/MT5は海外の業者が開発している為替チャート分析ソフトで、無料で利用する事ができ、非常に高機能なチャート分析ができます。

スマホからでも、アプリストアで「MetaTrader」または「MT4」と検索すれば、無料で「MT4」のアプリを利用する事ができます。

※Android,iPhone共に対応しています。

僕自身も、バイナリーオプションでのチャート分析にはMT4を活用しています。

MT5の方がMT4よりも新しいソフトなのですが、機能的にはMT4の方が充実しているので、バイナリーオプションのテクニカル分析をするには「MT4」を利用した方がいいですね。

バイナリ―オプション1分足の順張りロジック:実践編

上述したバイナリ―オプションで勝つためのロジックを抑えたうえで、実践でも使えるバイナリ―オプション1分足の順張りロジックを解説します。

このページの始めに、トレンド相場での「押し目買い」を解説しましたが、1分足のバイナリ―オプション取引では、「高値追い」という手法も有効です。

例えば、トレンド相場での「高値追い」とは、こんな感じです。

上昇トレンドの波で、高値を追いかけて、短期間取引で高い勝率が出るやり方です。

バイナリ―オプション1分足「高値追い」ロジックの具体例

上記の「高値追い」の順張りロジックの具体例としては、「移動平均線」「ボリンジャーバンド±2σ」という設定があります。

  • 移動平均線:トレンド方向を判断できる。
  • ボリンジャーバンド:エントリーのタイミングを計ることができる。

⇩こちらのチャートは、実際の為替チャート「USD/JPY」で、ボリンジャーバンド±2σ、期間(14)を表示したものです。

※矢印の部分にご注目ください。

具体的なエントリーの判断基準は、下記のとおりです。

  • トレンド判断:移動平均線が上向きなら、「上昇トレンド」と判断し「買い」でエントリーする。
  • エントリータイミング:ボリンジャーバンド+2σに価格がタッチした時点でエントリー

もし、下落トレンドが出ていれば、反転して「売り」でエントリーをすればOKです。

重要なポイントは、移動平均線の傾きを確認して「トレンド方向」を先に確認しておく。という事です。

なぜなら、上述したとおり、「順張りエントリーではトレンド方向と同じ方向にエントリーする。」というのが、単純に勝率アップに直結するからです。

有料販売されているバイナリ―オプションロジックについて

ネットでバイナリ―オプションのロジックを検索すると、ヤフオク!などの販売サイトで有料販売されているバイナリ―オプションロジックが沢山あります。

例えば、下記のような感じです。

⇩有料販売されているロジック⇩

価格帯は、数千円~数十万円まで、様々な価格帯でバイナリ―オプションの有料ロジックが販売しています。

  • 最低勝率90%の有料販売ロジック
  • 1分トレードでPC不要!平均勝率90%
  • 高評価多数!5分トレード、PC不要!

上記のような謳い文句で、様々な有料ロジックが販売されているんです。

 

しかし、このようなオークションサイトなどで販売されている優良ロジックは、勝率90%と言いながら、「実際には単にマーチンゲール手法でナンピンしているだけ。」など、詐欺まがいな悪質ロジックが多いです。

⇒バイナリ―オプションのマーチンゲール手法とは?

 

バイナリ―オプションでも「マーチンゲール手法」を使えば、数字上は高い勝率を出すことは可能かもしれませんが、それで利益が出なければ意味がありません。

便利なフリマアプリやオークションアプリで個人が自由に商品を販売できるようになった反面、このような詐欺まがいの商品を堂々と販売している個人のツール開発者も増えてきているので、ご注意ください。

⇒注意すべきバイナリ―オプション詐欺の事例

バイナリ―オプションで勝てるロジック:まとめ

まとめ

このページで解説した内容をまとめると、下記のとおりです。

①バイナリ―オプションの順張りロジック:押し目買い

バイナリ―オプションでもっとも基本となるロジックは、「トレンド相場」における「押し目買い」です。

上昇トレンドでは、高値を切り上げ、安値を切り上げて、ちいさな波を作りながら上昇していきますので、「押し目」を狙ってエントリーすることで高い勝率を上げる事ができます。

具体的には、「移動平均線」「ボリンジャーバンド」などの、テクニカル指標の組み合わせが有効です。

 

②バイナリーオプションの逆張りロジック

バイナリ―オプションの逆張りとは、「トレンド」と逆向きにエントリーする取引です。

トレンド方向に逆らってエントリーするため、順張りのエントリーよりも取引のタイミングがシビアになり、上級者向けです。

逆張りエントリーでは、明確なトレンド相場よりも、方向感のないレンジ相場で勝率が高くなります。

 

③バイナリーオプション自動売買のロジック

「フリマアプリ」や「ヤフオク!」など、ネット上では高勝率を謳うバイナリ―オプションの自動売買ロジックが販売されています。

しかし、そもそもバイナリ―オプション業者の規約で自動売買は禁止されており、高勝率を謳う自動売買ロジックでも、実際には詐欺まがいのモノばかり…。

バイナリ―オプションの自動売買ロジックを購入するのは辞めておいた方がいいですね。

 

④バイナリ―オプションで勝つための基本ロジック

バイナリ―オプションで勝つための基本ロジックとして、勝率60%以上の手法、取引時間帯の違い、取引回数と勝率の関係性、テクニカル分析、などがありました。

トレンドに逆らう「逆張り手法」よりも、トレンドと同じ方向にエントリーする「順張り手法」の方が勝率が高くなります。

また、取引回数を重視するよりも、少ない回数で高勝率を上げたほうが、効率的に利益を増やすことができることを解説しました。

バイナリ―オプションではテクニカル指標を使ったチャート分析で勝率アップをすることが出来ます。

「MT4」または「MT5」のテクニカル指標で為替チャートの分析をおこないましょう。

 

⑤バイナリ―オプション順張りロジック:高値追い

バイナリ―オプション順張りロジックの応用編として、「高値追い」の手法を解説しました。

トレンドに従う「順張り」の手法でも1分足の短期トレードで、上昇の波の高値を追いかけてエントリーすることで高い勝率をあげることができる手法です。

是非、挑戦してみてください。

 

⑥有料販売されているバイナリ―オプションロジックについて

ネット上で有料販売されているバイナリーオプションロジック、価格帯は数千円~数十万円まで様々ですが、実際に購入しても勝てるようにはなりませんので注意が必要です。

有料販売のバイナリ―オプションロジックを購入するくらいなら、無料のMT4でテクニカル分析をおこない、購入資金を投資元本に回した方がいいですね。

 

実際のトレードでバイナリ―オプションの勝率を上げるためには、このページで解説した内容のほかにも、下記の記事を参考にしてみてください。

※特に、おすすめの記事をピックアップしました。

⇒バイナリ―オプションのローソク足手法の使い方

⇒バイナリ―オプションのインジケーターで勝率80%を目指す方法

 

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

Japanese all-rounder ただ今ショウ公式LINE@【ID:@398rvldx】に登録した方に勝率80%叩き出せる極秘ノウハウをプレゼント!